FC2ブログ

火種が残った身体を重ねて あぶない女115


第115章

“研報社の上野です。いま話しても良いですか”

研報社の上野?一瞬、誰だろうと思ったが、先日、ジャズバー静であった上野だと気づいた。

“実はですね、殺された片山って男は、新宿中心に青山六本木界隈の覚醒剤関連の元締めだったようなんですね。主に、北朝鮮ルートに強かったのですが、東京都内では、三本の指にはいる販売網の中心人物だったようです。”

「まさか、元締めと言っても、入りの方なのか、出の方なのか」

“販売の方ですね。膨大な顧客データを保有していたらしく、その所在探しで、警視庁も本格的な捜査に乗り出しているようです。政財界芸能界の顧客データですからね、公安や麻薬取締班と殺人事件捜査班が入り乱れた乱戦になっている模様ですよ”

「入りは、北朝鮮ルートということか……」

“そのようですが、そちらの捜査は、後回し、そんな感じの警察の動きです」

「そうか、上野さん、俺の方に、入りのルートに心当りがあるからさ、その辺の情報を提供出来るかもしれない。まあ、少しばかり整理整頓した上で話すけどね……」

“それは有り難いですね。ただ、北朝鮮ルートとなると、かなりヤバそうですけどね”

「うん、そうだね。その辺は、深追いは禁物だけど、週刊誌ならではの書きっぷりは出来るだろうから……」

数日中に、“ジャズバー静”で会う約束をして電話は切れた。

「今の電話、片山の話なの?」

「あぁ、昔の仲間たちが、片山氏の商売に深く興味を持っているらしくてね……」

「それが、どうして貴方に関係してくるの?」

「蛇の道はヘビってことかな」

「でも、もうそういうルポとかの仕事はやめたんでしょう?」

「やめたよ。ただ、昔のよしみというのか、君が監禁されていた時に、彼らから情報を貰った都合で、俺が何となく何となく片山殺害事件に関わっているように思われている、そんなところかな……」

「それって危なくないの?」

「そりゃ大丈夫だよ。俺が知っているのは、殺された片山という人の奥さんというだけだからさ」

「それって、大丈夫のうちに入らないんじゃないの。だって、私は、その片山が持っていた筈のノートが原因で監禁されたのよ。だとしたら、知らないうちに、関係者の一人になってしまっているのかも……」

「大丈夫だよ。彼らは情報を大切にするからね、君を監禁した連中と情報交換することはありえないからさ」

「そうなのか、だったら良いんだけど、あの家族は凄く危険なんだから、私は怖いわ……」

「でも、君は、監禁されている時も、解放されてからも、その家族という人達を、それほど怖れているようには思えなかったけどな……」

「それはたしかに、昔の友達だからね、怖いという感情はなかったわ。でもね、片山が、麻薬の密売で重要な地位を占めていて、彼らにとって重大な情報を隠したまま死んだとなると、最期には、必死になって情報を取りにくるはずなのよ……」

「その情報が、片山ノートってことになるのかな?」

「そうだと思うわ。ただ、押収されたパソコンに情報はなかったし、片山ノートもなかったわ。片山が、どこかに隠してあるのだと思うけど、自宅ではないのはたしかね。」

「その事実を、その家族は知らない。だから、君が危険だし、君と関わる、俺も危険、そういうことかな?」

「そう……」

敦美が、まだ火種が残った身体を重ねてきた。

つづく






滑りに満ちたヴァギナの中 あぶない女114


第114章

俺は乱暴に敦美のワンピースの裾をまくり上げ、パンティーを剥ぎ取った。フワッと女の匂いが鼻腔をくすぐった。

“あっいいよ。その調子で頑張って。もっと奥の方でジッとしてて。動かなくていいの、あっあっ、そうそう、すごくいいよ”これも隣の女の声だ。

敦美の滑りに満ちたヴァギナの中に、俺は手荒く二本の指を挿しいれた。敦美の滑りは、膣奥にまで充満していた。愛撫を重ねるうちに、手の平は、敦美の愛液で満たされ、その行き場を失っていた。

俺は緊急避難な気分で、敦美の身体から剥ぎ取ったパンティーで平を拭い、あらためて、膣内の愛撫に向かった。

一度指を抜き去った敦美のオマンコは、精気を取り戻し、いや、逆に息吹を吹きこまれたように、緊張と弛緩を繰り返していた。

この感覚を、俺はペニスで味わいたいと思った。

手早くジーンズを脱ぎ去り、敦美の様子を見ることもなく、勃起を突き刺した。

「あっ!」敦美が大きな声を上げた。当然、お隣さんに聞こえるほどの声だった。

“いい、いい、いい。アツシ好きよ、もっと強く突いて突いて……”

俺も、隣の女に命じられるままに、一気に敦美の膣奥に達した亀頭を、子宮頚に向けて突いた。

「あっ、あっ、あっ。凄い凄い、乱暴で凄い」敦美は隣の声を忘れたわけではないだろうが、無視するような声で答えた。

“イクよ、イクよ。一緒だよ、アツシ!”

“イクぞ、イクぞ、まみ、まみ”

あきらかに肉の当たる音が聞こえてきた。その肉の音がしている間、こちらも肉の音を立てても構わないように思えた。

あまり好きな体位ではなかったが、敦美を四つん這いにさせて、後ろから激しく腰を打ちつけた。腰を打ち続けるためには、勃起が充分な硬度を維持していなければ、直ぐに抜けてしまう。

抜けては興ざめだ。しかし、厚みのある敦美の尻の肉は弾力があり、手ごわかった。

しかし、今夜は、他人のセックスの声をおかずにしている所為か緩みがなかった。

鈍く肉の当たる音が、薄い壁を通じて、奏であった。

男どもは、その状況を察知して、隣よりも先に果てては、男の沽券にかかわると競争と興奮が入り交じった。

女たちも負けてはいなかった。

いい、いいとか。もっと、もっととか。サイコー、サイコーなどと、口から出まかせな単語を捲し立て、時折悲鳴のように甲高い声を隣室に聞こえるように発していた。

敦美はセックスに堪能したのか、ただ疲れたのか、気怠くベッドに横たわったままだった。隣室の女も、同じような姿勢でうっぷしているのかもしれなかった。敦美や隣室の女たちが、芯から性愛に満足したかどうかは、本人たちでもよく理解はしていないような気がした。

その時、携帯が鳴った。敦美と俺、隣室の女と男の性の競演が終わるのを待つように、その電話は鳴った。

つづく






だめ、未だだよ、動いちゃだめ あぶない女113


第113章

待ちわびた声が聞こえてきた。

確かに、襖一枚と勘違いするような鮮明な女の声が聞こえてきた。

“ハッハッ、ハッハ”若い女が、男の動きに合いの手を入れるような感じの息づかいをしていた。

その声の主である女が快感を受けとめた上の声かどうかは判らない。

女の声に合わせて、ベッドが軋んでいるような音と、おそらく、男が発しているであろう鼻息のようなノイズが重なるように聞こえていた。

少なくとも女は若かった。声の感じは、25歳前後に思えたが、特に野太い中年女の声でない限り、聞き耳を立てる価値はあった。いや、中年の声であっても、聞き耳を立てる価値はあるかもしれないような気がした。

生活感たっぷりの中年女の声には哀愁が漂っているとも言えた。日常の苦悩を一瞬忘れる時間は、若い女よりも切実かもしれないのだった。

おそらく、中年になっても、快感に浸れる女の場合、その性感は爛熟期を迎えた達人の領域の性を愉しんでいる可能性の方が高かった。

そんなことを考えながら、俺の指は、敦美の股間に伸びていった。特別に誘うつもりはなかったが、敦美の太腿の間のぬくもりを感じていたい欲望があった。

我々が声を潜める必要はないのだが、気がつくと無言になっていた。その分、敦美の内腿に伸ばした指は、その行き場に戸惑っていた。

コミカルに内腿を擦る行為は場違いだった。俺の指は、進むか退くか、どちらかの選択を迫られている状態に陥っていた。

隣から聞こえてくる女の声音が幾分が変わってきた。

“だめ、未だだよ、動いちゃだめ、じっとしてて”

隣の女が、男の動きに注文をつけていた。

「ねぇ、触って」この声は敦美が発していた。

進むべし、と敦美が、俺の迷いにアドバイスを与えた。

俺の指が敦美の湿り気のある布に指が伸び、布の隙間から、敦美のヴァギナに向けて指を這わせた。

一瞬で、敦美のそこが滑った粘液に包まれているのが分った。このようなシチュエーションは久しく遠ざかっていた感覚だった。何時のことだろう、高校時代、同級生の女の子と乳繰り合った時代の映像が浮かんだ。

あの時の、女の子の名前は何だったろう。良子だったか、洋子だったか、恵理子だったか、もう遠い昔の記憶だった。

“出ちゃったの”落胆した女の声が聞こえた。

「あぁ燃えてきたよ。久々に、オチンチンが欲しいって、オ×ンコが叫んでいるみたい」これは敦美の声だ。

“未だなのね、少し休もうか。大丈夫なの、休んでからの方が持つんじゃないの”これは隣の女の声だ。

つづく






敦美は、寿美の関係に気づいて あぶない女112


第112章

それから一時間ほどして、お隣さんは揃って帰宅した。

敦美の情報によると、帰宅後一時間は風呂タイムなので、始まるのは、それからだというので、しばらくは読みかけの本をめくった。

「私ってさ、考えてみると、そんなにエッチが好きだったわけじゃなかったみたいなのね。会った頃の私が言っても噓っぽいけど、本当なの」

「そういうことはあるだろうね。何かの重圧から逃れる手段が必要だった。その手段が手っ取り早くセックスだった。或いは接触欲とか、そういうもので重圧から逃れようと行動した、そういうこともあるよ。だから、いまの状態を気にする必要なんて不要だよ。俺自身、今のような関係で、特別不満はないからさ」

「でもさ、イカナクなった女なんてつまんないかと思うんだよね。そんなことしていると、誰かに取られそうで不安になるの、大丈夫?」

「大丈夫だよ。もうそんな歳じゃないからね。考え方によると、体力温存の時間だと思えば、有難い時間なのかも……」

「その体力温存が気になるよ。他の誰かに使う体力だったら、ムカつくもの、やっぱり嫌よ。ね、私以外にも、つきあっている人いるの?」

敦美は、寿美と俺の関係に気づいていなかった。このことは、良いことなのか都合の悪いことなのか、曖昧だった。

寿美の申し入れを、資産運用に組み込むためには、寿美個人を表沙汰に、ことを進めるのは微妙だった。

おそらく、今の敦美の心境からすると、自動的に疑惑を抱くに違いなかった。敦美との関係の始まりの経緯から考えると、敦美に対して貞淑であっる必要はないはずだった。

しかし、気がつくと、俺は、敦美にたいして貞淑な愛人であることが当然の様になっていた。

なぜなのか、よく判らなかったが、仕事上、敦美がオーナー的立場になったせいかもしれなかった。

考えてみると、敦美から依頼されただけの資産運用なのだから、止めてもいいわけだが、やめると、敦美との関係も寿美との関係も切れてしまう様子が見えていた。

無論、そういう流れを受け入れることに異存はなかったが、二人の女を同時に裏切る、そんなに感じになるのは、気が重かった。

「ねぇねぇ、なに考えてるの?」

「いや、早く始まらないかと思ってさ」

心の定まりがないなままに、敦美と同じ時間を共有するのは苦痛だった。早く始まれよ、心の中で罵った。

つづく






敦美の坩堝は充分に濡れていた あぶない女111


第111章

敦美の坩堝は充分に濡れていた。

いつものように、子宮頚を突くような動きに感応した肉体が、俺の身体の下にあった。

しかし、軽いオーガズムに達して、何度か身体を牽くつかせたが、そのひくつきは軽度なものだった。

「どうしたのかな?それほど感じなくなってるの?」俺はストレートに聞いてみた。

「やっぱり分っちゃうよね、イキ切れてないのよね」

「何か原因があるのかな?」

「特別なにもないから困るの……」

「なるほどね、幾つか考えられるけど、一番可能性があるのが、旦那からのプレッシャーが、特殊な性欲を生みだしていた可能性だよね」

「そういうことってあるの?」

「確かなことは言えないけど、あるような気がするけどね。一定の緊張状態から開放されたい欲望が、性欲になって表れたってことはあるだろうね」

「そうか、そういえば、結婚する前は、あまり性欲の強い方じゃなかったかも?」

「たぶん、嫉妬妄想しない人だった」

「他人に興味が湧かない人間なのよ。もっとも自分への興味もたいしたことないけど……」

「現代病だね。いずれにしても、元に戻っただけだから、困るって程のものでもないよ」

俺は、敦美の性欲が少ないこと事態は好ましい現象であって、特に異議申し立てすることではなかった。

しかし、あからさまに、敦美の淡白さを喜ぶ態度を示すのも、ためらわれた。

「もう一つ考えられるのよ」

「どういうことかな?」

「あのさ、ここのマンション、防音が良くないみたいで、お隣さんのエッチがまる聞こえなの。それも影響しているのかもしれないのよ?」

「そんなに聞こえるの?」

「そうなの。どのような体位で、どのようなことをして、女の人がどんな声を出して、男の人が色々言って、二人で一緒とか馬鹿なこと言うのまで聞こえてくるんだから、こちらのも聞こえているってことだと思うとね、それも影響していると思うのね……」

「そうかぁ、一度聞いてみたいもんだね」俺は、冗談交じりに話した。

「今夜泊まってみてよ。金曜日は二回戦するはずだから、たっぷりと聞けるわ。ねっ、今夜はお泊りにしよう」珍しく敦美が甘えてきた。

つづく






プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR