FC2ブログ

随分キナ臭い事件に あぶない女134


第134章

上野から電話が入った。

“もしもし、饗庭さん、ニュース聞きましたか。森永卓造の息子が殺されましたよ”

「あぁさっきのニュースで知ったよ……」

“あの事件、覚醒剤絡みらしいんですけど、何か知っていますか?”

「実は、近々渡そうと思っていたデータがあってさ、そのデータに森永俊祐って名前があるんだよ。つまり、殺された森永俊祐は、例の片山亮介の顧客だった可能性が濃いということなんだ」

“えっ!そうなんですか。そのデータって、饗庭さんの手元にあるってことですね”

「そういうことだ。明日にでも、“静”で会おうか」

“是非、しかし、こみ入ってきましたね”

「うん、気持ちが揺さぶられる事件だけどね、相当にあぶない事件かもしれないよ」

“そうですね、慎重に扱わないと、厄介な立場になりそうな事件ですね”

「そうなんだ。僕も、考えが纏まっていないんだよ。まとまる前に、君から電話がかかってきてしまった」

“いやぁ、それはスミマセンでした。だったら、明日までに、饗庭さんの考えを纏めておいてください。そして、”静“で、その結論を聞かせてください”

「そういう事にしよう。お互いに、命にかかわることだからね」

“想像以上に厄介、そういう感じですか?”

「厄介だね。次期総裁の目もある森永卓造の次男が殺された。しかも、薬物反応が出たわけだから、親父の政治生命だって怪しくなるからな」

“もしかすると、殺された森永俊祐以外にも、覚醒剤に汚染された政治家の息子や娘が絡んでいることも考えられますね”

「そうなんだね。しかし、内調とかが絡んでいる可能性がある場合、普通は、ああいうかたちで報道されないと思うんだが、そこが奇妙だ……」

“たしかに、警察に好きなように公表させたと云うことは……”

「そう、森永卓造の総裁の目を摘んでおこうとする勢力があると云うことだ」

“そうかぁ、随分キナ臭い事件になってきましたね”

「そういうことだ。追えば追うほど、危険が近づいてくるような事件だと思うよ。上野君も、よほど腹を据えないと、追わない方がいい事件かもしれないからね」

“饗庭さんは、どうなさる積りですか”

「俺の方は、もうルポを書くつもりはないから、君に情報を提供してオシマイだよ」俺は、心にもないことを言っている気もしたが、すらすらと出た嘘を、打ち消すつもりもなかった。

つづく






J党内に激震が走って あぶない女133


第133章

寿美と別れた俺は、久々に家のテーブルで食事をしていた。

日本人の食卓に、テレビがセットのようになったのは、何時からだったろうなどと考えながら、画面を見つめていた。

たしか、東京オリンピックだったか、それとも、今上天皇が皇太子の時のご成婚のパレード辺りからだったろうか、そんなことを考えていた。

その時、「殺害されたのは、森永俊祐さん38歳とみられ……」アナウンサーが無機質にニュースを伝えていた。

どこかで聞いた名前だと思ったが、俺が記憶している森永俊祐と云う男と、ニュースが伝える森永俊祐が同一人物だと気づくまでに、相当の間があった。

“おいおい、厄介なことになってきたぞ。片山ノートと関係がなければ、問題はないが、覚醒剤絡みの殺人となると、話は複雑な流れになっくる。片山の殺人事件と、森永俊祐の殺人事件に繋がりがあると、敦美や、寿美家族にも影響が及んでくるのではないか。ここは思案のしどころだ……”

「貴方、もうお食事は良いのかしら」女房の声で、我に返った。

「いや、もう少し食べるよ。悪いけど、水割り作ってくれ」俺は、平静を装って、テレビの前から動かなかった。

NHK9時のニュースの後から、テレビ朝日のニュースがある筈だったので、それを確認した上で、部屋に入りたかった。

10時のニュースで、殺された森永俊祐が、J党の閣僚経験者で、現在は党の政調会長の職にある森永卓造氏の次男であることが判った。

また、殺された森永俊祐の体内から、薬物反応があったことも、ニュースは伝えていた。

J党内に激震が走っているのは確実だった。官邸には、既に内調から森永俊祐に関する覚醒剤疑惑の情報は上がっていただろうから、報道の隠ぺいも可能だったはずなのに、公表した意味も、また疑惑を深いものにしていた。

これは上野にとって大スクープになる可能性が出てきたわけだ。次期総裁候補とまで目されていた森永卓造の次男の死は、大きく政界を揺さぶる可能性があるのだ。

俺は、水割り片手に部屋に入った。

永田町絡みの事件であることが判った時点から、俺の内部で化学反応が起きていた。

上野に情報を渡して、棚ぼたを待とうとした自分に腹を立てていた。

ルポライターの魂が、体内から突き上げてきた。この事件の情報を最も持っているのが、誰あろう、俺自身だという確信が、俺を揺さぶった。

調べてみたい、自分の手で……。

しかし、多くの情報を持っていると同時に、多くの危険も抱えていた。片山亮介の事件と、森永俊祐の事件は関連しているに違いないのだ。

そうなれば、敦美も寿美も、そして寿美の家族も当事者になるわけだ。誰あろう、現に“片山ノート”を持っている俺自身も当事者なのだ。

官邸、内調を相手にする事件だということの意味を、俺は十分認識する必要があった。衝動的に動いて良い筈のない問題ではなかった。

つづく






十数回のオーガズムを味わい あぶない女132


第132章

「森永俊祐って男がキーなわけ?」

寿美は、一時間ほどの行為の中で、少なくとも十数回のオーガズムを味わい、火照った身体を押しつけて、更なる欲情が湧き上がることを期待していた。

「ハッキリしたことは知らないけれど、その男は、渋谷の円山町付近に住んでいて、政治家の子供や芸能人関係者と繋がりがあるって、それだけの情報。大した意味はないだろうけど、一応知らせた方が良いと思ってね……」

「兄たちに聞けば、なにか判るのかもね……」

「そういえば、お兄さんは、無事に帰ってきたの?」

「そう、少なくとも今回はね……。でも、また呼ばれる可能性の方が高いみたいよ、覚悟している風だったから」

「逃げる気もないわけか……」

「逃げても意味ないと思うの。社交的性格だから、隠遁な生活するくらいなら、刑務所を選ぶような人だもの…」

「腹が座っているね。しかし、お兄さん達が欲しいのは、片山を殺した犯人探しじゃなく、彼のノートが欲しいんだから、あまり価値のある情報じゃないからね……」

「多分、殺した犯人になんか興味はない筈、欲しがっているのは、どこまでいっても顧客データが欲しいだけよ」

「だろうね。片山の顧客が、どのくらいいたのか知らないけど、森永って男の周りを手繰れば、相当の顧客は見つかるんじゃないかな」

「無理だと思う。片山の顧客は1000人近くいたらしいから、兄たちにしてみると、僅かな情報に過ぎないと思うの……」

「そんなに居たの?」

「そうらしいわよ」

「凄いバイヤーだったんだ」

「そう、相当のやり手だった。だから、殺されたのかもしれないんだけどね」

「敦美さんの話だと、彼女の財産目当ての男のような感じだったけど、かなり印象が違う男性のようだね」

「そうね、兄たちも彼に支配されている感じだったもの。きっと、相当の悪だと思うわ」

「敦美さんが結婚した頃と違う男性に変ったのかもしれないからね」

「たまに居るでしょう、経験を重ねるうちに腹が座ってくる人って」

「そうなんだろうね。女房の目とか、亭主の目ってのは、案外、節穴なことはあるだろうね」

「そう、灯台下暗しって言うもの……」

つづく






ヴァギナに陰茎を挿し込んだまま あぶない女131


第131章

“森永俊祐”という男は広告業界に身を置いていたわけで、芸能関係との繋がりもヒットした。

驚くことに、今では、芸能人の巣窟と噂される、渋谷円山町に居を構えていた。

おれは、この情報は、上野に進呈してやろうと思った。意味もなく、彼に、無駄な時間を費やさせるのは、この際、賢明ではなかった。

このヒントがあれば、上野は、俺がもっと重要な情報を隠し持っていると思っても、素直に協力するモチベーションに繋がる筈なのだ。

やり手の記者であれば、“森永俊祐”の身分照会から、何人かの有力者の子息令嬢や、適当に売れている芸能人が浮かび上がるに違いなかった。

そうなれば、リストの中で検索すべき人間の目星もつくだろうから、芋ずる式に、関係者の掘り起こしが可能だった。

そのリストは、警察からの情報を吸い上げる場合にも有効だし、汚れたエリート集団の覚醒剤汚染疑惑を、三週連続で特集記事にすることも可能なはずだ。

上野の件は、これで良い。上野のことだから、情報源である俺の存在は重要なわけだから、逐一、彼が得た情報も開示してくるだろうから、労せずして、“片山ノート”の解明が出来る。

問題は、この一連の捜査状況を、寿美家族の方に、どのような形で知らせるかということだ。

当然のことだが、寿美を通じて、彼らに情報を流してやるわけだが、寿美家族にとって、欲しいものが、家族の身の安全なのか、覚せい剤の販売ルートの情報が欲しいのか、その辺が曖昧だった。

寿美に会う必要があった。

寝る前にメールで、敦美には、今夜は仕事で、そちらには行けないと伝えた。

 敦美からも、了解の返信があった。

翌日の昼過ぎに、上野と、例のジャズバー静で合う約束をして、俺はベッドに横になった。

なかなか寝つけなかった。一瞬、まどろむのだが、また目が覚め、又まどろむ繰り返しだった。

そうこうしている内に、寿美にメールをするのを忘れていることに気づいた。

肝心の寿美を忘れるとはと思ったが、今回の“片山ノート”に関して、寿美の存在が、どの程度の位置づけになるのか考えてみると、それほど重要な地位に居るようには思えなかった。

しかし、まったく不要な存在でもない。彼女の家族が、血眼になって探していた“片山ノート”のデータを、実は俺が持っているのだから、彼女の家族にとっては、或る意味で、俺が最も狙うべきターゲット、そのものになっていた。

そんなことを考えながら、俺は寿美にメールを入れた。

数分もせずに、寿美からいつもの宿で、午後三時に、とメールが返ってきた。

いつのまにか、俺はまどろみから、本格的眠りに就いた。

夢を見ていた。寿美のヴァギナに陰茎を挿し込んだまま寝てしまい、寿美を酷く不機嫌にしてしまう夢だった。

つづく






大スクープは確実なネタだ あぶない女130


第130章

上野に、エクセルのデータを、そのまま渡す気はなかった。

備考欄の×、▽、○、◎の分類を削ったデータをプリントアウトして、紙データを渡すつもりだった。

無機質な静かな音を伴って、データは無事にプリントアウトされた。データ元のデスクトップアドレスなどがインプットされていないことを確認して、茶封筒に突っ込んだ。

これで、準備は整った。

後は、上野の腕を確認する作業を、じっと待つだけだった。

この紙データを、どのような方法で確認して、その中にある、需要な問題点を炙り出すかどうか、それは、上野の力量をたしかめる意味でも重要だった。

仮に、上野の能力に限界があるようであれば、次の人材を思いつけば良いわけだ。

しかし、あの浅井が見込んだ上野には、一定の能力があるから、あの週刊誌の記者でいられるわけなので、大いに期待しても問題はないと推測で来た。

さてどうするか、俺は考えていた。

パソコンの画面に浮きあがっているエクセルのデータを睨んでいても、なにも始まらなかった。

試しのつもりで、◎の印がついている人物名前を、目的意識もなく、googleで検索した。

5,6人叩いてみたが、人命占いのサイトか、地方の市会議員にヒットしたり、同窓会名簿にヒットするばかりで、興味深い検索には出遭わなかった。やはり、偽名が多いと云うことが確認できた。

携帯の番号の方が、有効性があるのは判っていたが、上野に紙データを渡すにしても、それが、どれほど重要なデータであるか、自分自身が確信を持っておきたかったのだが、そう簡単に思惑通りには、事は運ぶものではない。

それでも、執念深い俺の指は、次々とリスト上の名前を検索した。

100人近く打った時だった、与党の某有力議員の息子らしき人物が検索に引っかかった。

平成元年S大学経済学部卒。現在、D広告会社勤務。父親は与党**党の****氏。母は**株式会社の創業一族。趣味は、ゴルフ、サーフィン、スキーなどスポーツ全般。独身。

****氏といえば、与党の重鎮に数えられる人物だった。もし、この検索で出遭った人物と携帯番号に関連があれば、あきらかに、一大事である。

母方の企業にも重大な問題が起きるわけだし、父親共々、大事になるのは、確実だ。

週刊誌にとっては、大スクープになるのは確実な案件と言えた。これだけでも充分だったが、“森永俊祐”と云う人物を特定できないものか、様々な切り口で、検索をしてみた。

かなりの情報が、居ながらにして得られた。インターネットの機能に感心する以上に、ネットの危険性を感じながら、“森永俊祐”の情報を掻き集めた。

そして、かなりの可能性で、シャブに手を染める環境が、彼の周辺にあることを理解した。

おそらく“森永俊祐”は本名に違いない核心に近づいた。はじめから、本名を使ったわけではないだろうが、或る時点から、気心が知れる関係になった片山は、敢えて、彼の本名を書き込んだような気がした。

そのような罠のような書き込みは、意外に行われるもので、一種、犯罪者の免罪符になるのではという、下心から生まれることがあった。

つづく






プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR