FC2ブログ

君が殺される可能性がある あぶない女118


第118章

まだ、敦美の携帯は話し中だった。

「くそー」俺は、携帯をシートに投げだして、走りだした。

20分ほど走って、もう一度携帯を鳴らしたが、まだ話し中だった。

敦美の携帯にキャッチホーンを機能させる必要があると思ったが、今の今には役に立たない話だった。

家に着いてしまった。

もう一度だけの気分で、携帯を鳴らした。

ノホホンとした敦美の声が返ってきた。

「ずいぶん長い話中だったぞ」

“友達の中に、片山の第三の女の存在を知っているかどうか、訊ねていたの”

「それは、今夜はやめておいてくれ。詳しいことは、明日話すから、それまでは“片山ノート”探しはやめておいてくれ」

“どうして?“

「どうでもこうでも構わないけど、休止だよ。下手すると、君が殺される可能性があることに気づいたンだよ」俺は大切な顧客に対して乱暴に話した。

“どういう風に?“

「だから、明日説明するから、それまで、もう、電話も、それ以外の行動もしてはいけない。そういうことだよ」

“わかった……”敦美は不満そうだったが、俺の剣幕に、“片山ノート”探しの休止を受け入れた。

先ずは止まった。

しかし、不承不承納得した訳だから、早々に、その理由を説明しなければならなかった。

話の成り行きから、寿美も登場させざるを得ないかもしれなかった。

寿美と俺の関係を知った敦美はどう出るのだろう。

寿美は、敦美と俺の関係を知っている。そして、その関係を容認したうえでつき合っているのだが、寿美と俺の関係を知らない敦美が、どのような態度に出るかは未知数だった。

敦美に、寿美との関係を知られずに、物事を進めていくのがベストだが、敦美の行動を制御するには、説得力のある話が必要だった。

少なくとも、“片山ノート”を、敦美が直接探そうとする行為は、思いとどまらせる必要があった。

それでは、誰が“片山ノート”を探すのか、敦美は、そのように聞いてくるに違いなかった。

そう、俺は、その説得力ある手段を、敦美に提供しなければならないのだ。

片山のノートを探すことを、敦美も俺も諦めるべきだった。なぜなら、“片山ノート”を我々が手に入れたからといって、その利用方法がわからなかった。

仮に有効な利用方法が判っていても、それを利用することは、犯罪に直接結びつくことで、話にもならないのだ。

つづく






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR