FC2ブログ

下着をつけていない敦美のお尻 あぶない女116


第116章

危険の共有で興奮した二人は、隣室のカップルのことを忘れて、二度目の快感を味わい、身体を横たえていた。隣のカップルが、我々に刺激されて、営みを再開する様子はなかった。

「しかし、俺たちにとって不要なノートなわけだから、あったら、すぐにでも彼らにくれてやれば良い話なんだけどね」

「そうなのよ、そのノートさえ見つかれば、もう、彼らとの関係はなくなるわ」

「警察が家探ししたのだから、まず、君のマンションになかったのは確実だな。おそらく、会社の方も徹底的に調べたろうから、そこにもない……」

「そうなると、女のところと考えるのが一番よね」

「君は、その片山の愛人たちって、具体的に知っているわけ?」

「二人の女のことは知っているわ」

「愛人は、そのふたりだけなのかな?」

「三人はいるのよね。もう一人が誰なのか、私も知らないの」

「しかしさ、旦那は、そもそもは、君の財産狙いだったわけだろう。つまり、まだ君は、旦那に金を渡しているわけじゃないのだから、旦那は、どうして、そんなにまで金回りがいいのかな?」

「そんなこと、深くは考えていなかったわ。月々の生活費も貰っていたから、それ以上は、片山の財布のことなんて、考えなかったもの……」

「そうなんだろうけどね。冷静に考えたら、ずいぶん稼げる男になったものだと、感心しても良さそうだけど、まぁ敦美さんってのは、そういう人だからね」

俺は苦笑いをしながら、まだ下着をつけていない、敦美のお尻に手を回した。

「馬鹿って言うのかな、無関心っていうのか、他人にあまり興味が持てないの。興味があったのは、父親くらいのもので、あとの人の輪郭は、いつもぼやけていたわ」

「だからといって、君は、自分にも、それほど興味があるようには見えないんだけど、自分には興味があるの?」

「……どうなんだろう。これからどうしようとか、将来はどうなるのか、どうしたいとか、あまり考えないからね。その時々というか、精々これからの一年くらいは、どうなるのかな、そんな感じだよね……」

「まぁ、だとしても、君が思い出さない限り、ノートの所在をたしかめるす方法はなさそうだ。そして、その片山ノートは、ある一定の人間たちにとっては、殺人を犯しても入手したいものであったりする。ただ、我々にとっては、そんなノートは一文の価値すらない。きっと、麻薬の密売関係者にとって、何億もの価値がある、そういうことなんだろうな……」

「そうか、私たちにとって、二束三文の古ノートが、あの寿美さんの家族たちのような人たちからすると、何億円にもなるわけか……」

「まぁ、そのノートは、犯罪を犯す覚悟があれば、何億円もの価値がある、そういうことだね」

「そうか、少し真剣に思い出してみようかな。ふたりの愛人の身元は判っているんだから、確認する手はあるかも……」

「そうなのか、だったら思い出してみてよ。その片山ノートは我々にとって価値はないけど、それが見つからない間、我々には危険がつきまとう、そういう代物ってわけだからね。場合によっては、我々の安全の保証書になるノートだからね」

「頑張ってみるよ。まずは、ふたりの愛人から探ってみるよ。二人の関係から手繰っていけば、もう一人も、絞り込む自信あるんだよね」

つづく






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR