FC2ブログ

敦美の坩堝は充分に濡れていた あぶない女111


第111章

敦美の坩堝は充分に濡れていた。

いつものように、子宮頚を突くような動きに感応した肉体が、俺の身体の下にあった。

しかし、軽いオーガズムに達して、何度か身体を牽くつかせたが、そのひくつきは軽度なものだった。

「どうしたのかな?それほど感じなくなってるの?」俺はストレートに聞いてみた。

「やっぱり分っちゃうよね、イキ切れてないのよね」

「何か原因があるのかな?」

「特別なにもないから困るの……」

「なるほどね、幾つか考えられるけど、一番可能性があるのが、旦那からのプレッシャーが、特殊な性欲を生みだしていた可能性だよね」

「そういうことってあるの?」

「確かなことは言えないけど、あるような気がするけどね。一定の緊張状態から開放されたい欲望が、性欲になって表れたってことはあるだろうね」

「そうか、そういえば、結婚する前は、あまり性欲の強い方じゃなかったかも?」

「たぶん、嫉妬妄想しない人だった」

「他人に興味が湧かない人間なのよ。もっとも自分への興味もたいしたことないけど……」

「現代病だね。いずれにしても、元に戻っただけだから、困るって程のものでもないよ」

俺は、敦美の性欲が少ないこと事態は好ましい現象であって、特に異議申し立てすることではなかった。

しかし、あからさまに、敦美の淡白さを喜ぶ態度を示すのも、ためらわれた。

「もう一つ考えられるのよ」

「どういうことかな?」

「あのさ、ここのマンション、防音が良くないみたいで、お隣さんのエッチがまる聞こえなの。それも影響しているのかもしれないのよ?」

「そんなに聞こえるの?」

「そうなの。どのような体位で、どのようなことをして、女の人がどんな声を出して、男の人が色々言って、二人で一緒とか馬鹿なこと言うのまで聞こえてくるんだから、こちらのも聞こえているってことだと思うとね、それも影響していると思うのね……」

「そうかぁ、一度聞いてみたいもんだね」俺は、冗談交じりに話した。

「今夜泊まってみてよ。金曜日は二回戦するはずだから、たっぷりと聞けるわ。ねっ、今夜はお泊りにしよう」珍しく敦美が甘えてきた。

つづく






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR