FC2ブログ

家族を裏切ることになるよ あぶない女108


第108章

寿美から解放された俺は、まどろんでいた。

おそらく、寿美もまどろんでいた筈だが、指を絡ませた態勢が崩れていなかったことを考えると、まどろんではいなかったのかもしれなかった。

「ねぇ、龍彦さん、私と組まない」

寿美は、呟くような声で、唐突なことを言い出した。

「組む?何を組むわけ?」

「私の家族と対峙するためにかしら」

「君の家族と対峙する…。それって、目的からすると、敦美さんの財産を狙う、そういうことになるのかな」

「財産を狙うというほど大袈裟じゃないわよ。それじゃぁ、泥棒になるでしょう」

「そうなるね」

「だから、そういうんじゃなく、敦美の資産の安全を確保しつつ、貴方と私が組んで、私の家族らの悪巧みを阻止する。そんな感じのパートナーかしら……」

「それほど具体的案はまだない、そういう感じかな」

「そうよ。だって考えるのは貴方だもの」

「そうか、寿美さんが、家族が敦美さんの財産を狙う計画を事前に知らせてくれれば、専守防衛は出来るだろうね」

「そうすれば、私は家族の犯罪を未然に防ぐことも出来るかなって……」

「たしかに、方向性は間違っていないけど、貴女は、家族を裏切ることになるよ」

「裏切り、そうかしら。彼らは経済的な思惑は外れるけど、犯罪者にならないんだから、裏切ではないと思うけど……」

「たしかに、理屈上の正義は成り立つけど、家族の人たちからは、裏切られたと思われる危険は残るでしょう。その時、寿美さんの身に何が起きるか、そこが心配だよね」

「彼らが、私をどうかするってことね」

「そう」

「それなら、大丈夫だと思うわ。だって、彼らは、計画が失敗すればするほど、私の存在が大きくなるもの。良く考えてみるけど、そうなるはずよ」

「そうだよね。寿美さんの稼ぎに頼って、ご家族が生きている状態ならね」

「そう、そういう意味では腹立たしいけど、身の安全は確保できているわ」

「たしかな安全保障だね」

「そうか、日米の安全保障みたいなものかも……」

「そうなるね。アメリカの軍産複合体の重要な顧客になることで、少なくとも脅威の国扱いはされないのと似ているな」

こうして、寿美と俺は敦美の資産運用に関するパートナー契約が成立した。無論、中身は相当に曖昧なものだから、敵か味方をハッキリさせる約束にも似ていた。

つづく






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR