FC2ブログ

子宮頚にめり込んでいる あぶない女105


第105章

寿美の表情から、快楽は読み取ることが出来なかった。むしろ、苦痛に耐えている表情が顔に現れていた。

しかし、俺の勃起に突き刺され、子宮頚にめり込んでいる亀頭部に伝えてくる歓喜の蠢きは、確実に女体の歓びをあらわすのだった。

そして寿美は、三回、四回と子宮頚だけでなく、膣道の襞の一つ一つにまで、歓びの動きを、俺に知らせた。

「今日も、今までで最高だったわ」

寿美は、俺の精液を膣内に閉じ込め、一滴たりとも漏らさないとでもいわんばかりに腿を閉じ、時折、ひきつけを起こすように身もだえた。

「あのさ、兄たちの断片的な話を継ぎ合わせてみて判ったんだけど、もしかすると、私たち家族にとって、貴方は、最大の敵になっているみたいなのよね」

寿美はこともなげに、だるさを抱えた声で話した。

「へぇ、そうなのか。でも、俺は、特別なにもしていないけどね」

「そう、私たち家族の、勝手な言いぐさに過ぎないんだけど、理由はどうであっても、敵だと思い込んでいることが重要なんじゃないのかな。私は、そう思うの」

「仮に、俺が、君の家族の敵だとしてだよ、どんな根拠で、その勘違いが起きたのかな」

「それは簡単よ。貴方が、敦美のお金を握っているからよ」

「金を握る」

「そうよ、敦美は貴方に、資産のほとんどを預けているわけでしょう。だからよ」

「まぁ預かってはいるけど、俺の金じゃなく、敦美さんの金だからね」

「でも、動かしているのは貴方よね」

「なるほど、君たちの家族は、彼女のお金を狙っている、そういうことか」

「狙っていると言うのかな、分け前が欲しいってことかもね」

「分け前?」

「そう、敦美が手にした、彼女のお父さんの財産を作るために、父や兄たちが、相当協力したのだからってのが、理屈みたい」

「そう。でも、敦美さんが手にした資産は、ほとんど、彼女のお父さんの財産だからね。そのお金に、寿美さんの家族の持ち分があるような話は通用しないでしょう」

「そうよね。法的な権利など存在しないわ。だから、兄たちも、単純に金をよこせとは言えないので、5億円くらいの運用を任せろ、そんな感じの要求を突きつけようとしているみたいなの」

「まぁ、その話を突き詰めると、それって、ただの恐喝だよね」

「そういうことね。でも、敦美は、それを断る材料に、貴方との契約を持ちだして、兄たちの要求を撥ね退けているみたいなの」

「なるほど、そういうことなのか。彼女から、そんな話は聞かされていないけど、まぁ精々気をつけるようにするしかないだろうね」

俺は、恐喝まがいの話を、いつまでも聞いている気にはなれなった。

ベッドから抜け出し、缶ビールのプルトップをあけた。

つづく






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR