FC2ブログ

血縁から遠ざかりたい寿美の心情 あぶない女102


第102章

「そういえば、その後、片山事件と、貴女の家族の関係はどうなったの」

「今や、わが家族から、何人の逮捕者が出るのか、崩壊に近い打撃を受けると覚悟しているわ」

「そうなに関わっていたわけか……」

「相当にね。あの男の指示で、我が家は裏稼業していたわけだから、片山の犯罪が判ってしまえば、あとは芋づる式になるってわけよね」

「しかし、ボスの片山が殺されたからといって、必ず、寿美さん家族に、累が及ぶってのも考え過ぎじゃないのかな」

「まぁそうかもしれないけどね。我が家の家族は、片山の末端で生きていたらしいけど……。片山の方は、それが悪事の一部だったかもしれないから、とばっちりの波は、凄く大きいかもしれないから」

「つまり、もっと重大な犯罪が問題なわけなら、君の家族への影響はないってこともあり得るわけだよね」

「そういう希望的考えもあるけど、最悪な方を考えておくべきでしょう」

「まぁそうだね。でも、寿美さんの焼肉屋さんは無関係なわけだよね」

「えぇ、その点は大丈夫」

「お父さんも、大丈夫なんだろう」

「どうかな。多分、ここ数年は、関わっていないと思うけど、始めたのは父だったはずよ。まぁ兄さんたちが、自分達が、片山の指示でって言い張れば、軽微な罪で一件落着だと思うんだけどね……」

「だったら、頑張るように説得した方が良いんじゃないの」

「うん、取りあえず、やってはいるけどね、彼らは刑務所に入ることなんて、考えてもいないみたい。私の気持ちは複雑ね。正直、いっそ、わが家族は総ざらいして貰った方が良いのかも、そんな気持ちにもなるのよね」

「そうなのか……、まぁ覚醒剤の密売に関わっていたのは事実のようだからね、見過ごすと云う観測はあり得ないだろうな」

「家族一人一人は、それなりに愛してはいるわよ。でも、まとまった家族の塊りには、複雑な気持ちがあるからね、だから厄介なの……」

「それぞれに対しては愛情もあるけど、塊としては、迷惑なことも多いって感じかな」

「そうなのよね。彼らのいない生活なんて、一度も経験していないけど、何だか、凄く清々するんじゃないのか、とかね」

「それこそ、一時だけど、リセットが出来るかも」

「そう、血縁から逃れられるかもってね」

「血縁から逃れるか……」

「龍彦さんみたいな日本人には判らない問題だけどね」

「判らないってことはないよ。充分に想像できる範囲だよ」

「判るかしら?相当の圧力で私たちは生きてきたんだから……」

寿美家族が、北朝鮮国籍であることは知っていたので、彼らが、日本と云う国で生きていく上での障害は、想像以上のものだろうから、その血縁から遠ざかりたい寿美の心情は理解できた。

しかし、その阻害から身を守るようにして生きてきた家族を失うことも、抱えている厄介さ同様の厄介さが伴うような気がした。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR