FC2ブログ

あんな棒に、私は翻弄されている あぶない女101


第101章

敦美の拉致監禁騒ぎが嘘のような日々が続いた。

中井のマンションへの引っ越しも無事済み、敦美と連れ立って、家具調度品を買い求める日々は、チョッとした新婚気分を味合わせてくれていた。

寿美との関係や、その他の女との関係も、それなりのローテションを確立させ、安定した日々が続いていた。

敦美の性欲は、片山という男の存在から逃れるような意味合いもあったのか、出会った頃の欲情したメスの姿は、嘘のように消えていた。

敦美は、週に数回帰宅する夫の世話を甲斐甲斐しくすることに、多くの歓びを配分していた。

当初の印象とは、まったく異なる敦美と云う女がいた。

俺は、当然、その事実を知っていたが、都合の良い変化なわけだから、特別、その変化を話題にすることはなかった。

無論、その流れをとめるような話題に踏み込む敦美でもなかった。

これで良い、俺はその環境に満足していた。

時には、添い寝するだけで、敦美の性欲は満足するのだから、俺にとっては、休息の時間になることもあった。

絶対的な勃起を求めてくるのは、意外にも寿美の方だった。

新大久保に週一回買い出しに出てくる日は、寿美にとって性欲を満足させる俺を求めてくる日でもあった。

出会った頃の寿美は、性欲を表に出すような女ではなかった。

どちらかと言えば、性欲よりも神秘のようなものを求めている印象だったが、あれが演技だと知るための時間は、それ程を要しなかった。

今も、俺に組み敷かれ、一週間前よりも感じが違うと口走る女が、そこにいた。

「すごく気持ちいいの。この間よりも、ずっと好いの……」

「どんどん好くなるみたいだね」

「そうなの、あんな棒に、私は翻弄されているのよね」

「まぁたしかに。あんな棒と言ってしまえば、あんなものだけどね。でも、あんな棒になるためには、それなりの訓練も必要だし、制御も必要なんだよね」

「どれ程の他流試合をしてきたのかしら。いえ、今でも訓練は実行中と云うことなのかしら」

「どうかな。その答えを、本気で求めているのかな」

「そうね、聞きたくないと思うかな……」

「そう願いたいね。君に会うまでにも、俺の人生はあったわけだから、パソコンゲームじゃないから、リセットってわけにはいかないからね」

「そうね、たしかにそうよね。私にも、貴方にも、出会う前の人生が、数珠つなぎになっているんですものね」

「そうなんだよ。生きているってことは、本気で生きようとすればするほどに、厄介ないろんなものを背負ってしまうから……」

「そうね。貴方は、女性関係を背負っているだろうし、私は、家族関係という、切るに切れない血の厄介を抱えている……」

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR