FC2ブログ

開放感に包まれた敦美の肉体は あぶない女98


第98章

敦美は、店を出ると駐車場の方向に踵を返した。

敦美を拘束しているであろう奴らが、駐車場の奥の方で待機しているようだった。

敦美の様子を見る限り、監禁中に乱暴な扱いを受けていた様子はなかった。犯人たちが紳士的人間たちだったというよりは、敦美の知り合いであった可能性が高かった。

監禁した連中も、片山亮介の被害者であって、敦美自身、同情的であったのかもしれない。

同病相憐れむではないが、片山が持っていた手帳の類を、監禁者に渡すことくらい、敦美は、なんら痛痒のないことだったと推理できた。だから、渡してあげたいけど、警察が進入禁止の黄色いテープを張り巡らしている間は、渡したくても渡せないと、彼らに説明したのだろう。

おそらく、彼らが欲しがっているであろう手帳などは、真っ先に押収されている筈だから、それを渡せなどと云う犯人は、結構間抜けな連中だと想像できた。

もしかすると、犯人たちは、敦美と顔見知りである可能性が高く、拉致監禁はしたものの、その後の取り扱いまでは、考えていなかった可能性さえあった。

相当に間抜けと言えば間抜けだ。それだけに、敦美の方は余裕を持って、彼らの要求に対応したのだろう。狂言誘拐された女のような余裕が感じられた。

あの調子なら、三十分もすれば、いつもの能天気な敦美が戻ってきそうだった。

そうなると、開放感に包まれた敦美の肉体は、欲情した湯気を吐いて、Oホテルのセミスイートのベッドに持ち込まれるに違いなかった。

そういうことであれば、この際、腹ごしらえをしておく方が賢明だった。

俺はあまり考えることもなく、和風おろしハンバーグを注文した。

ハンバーグが届くのと同時に、敦美が戻ってきた。

「あっさり、解放だって」

「誰だか知らないけど、少し間抜けな犯人だね。旦那の手帳なんて、真っ先に押収される代物なのに……」

「それが、そうでもないらしいの。普段使っている手帳とは違うものらしいくて、簡単に人目につくところには仕舞っていない手帳だから、警察にだって簡単には見つけられない筈だって、彼らは言うのよ」

「そう。でも、相手は警察だよ、手抜かりはないと思うけどね」

「そうよね、私も、そう言ったの。そしたら、片山は殺された被害者なのだから、そんなに熱心に家宅捜索はしない筈だって言うのよ。被疑者の部屋なら、塵ひとつなくなるくらい徹底的らしいけど、被害者の部屋のものは、お座なりなものらしいの」

「そうか、旦那の方は被害者だったよね。そうだな、何からかにまで応酬するとなると、被害者のものを押収するには、欧州令状のようなものが必要になるかもね」

「そうらしいわ。彼らも、そんなことを言っていた。でもね、立ち入り禁止の規制線みたいなの張られているわけでしょう。私がノコノコ入って行って、部屋中家探し出来るわけがないって頑張ったの……」

「それで」

「その結果が、念書書いて、実印を押せって言い出したの」

「実印、持ち歩いているって言ったわけ」

「違うの、現実に実印持っていたのよ」

「えっ!あれって実印だったの」

「そうよ、これ実印よ」

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR