FC2ブログ

女児のオムツ替えを男の保育士に あぶない女78


第78章

翌朝、敦美を残して、俺はホテルを出た。

久しぶりに、昼前から中央通りを歩いてみたが、和洋折衷の小奇麗だった街並みから、日本的なものが数多く消えて行っている印象があった。

あと10年もすれば、グローバルスタンダードな街並みになっているのかもと、喉に小骨が刺さった気分でタクシーに手を上げた。

「京王線千歳烏山駅の方に向かってもらえますか」

運転手は、丁寧な言葉で返事をしたが、直ぐに走りださずにカーナビの操作に熱心だった。

急いでいるわけではないのだが、幾分、待つ時間が苦痛だった。

「運転手さんは、タクシー乗り出して何年?」

「まだ、1カ月も経っていません」声音に、不快という感じはなかった。

「そうか、そりゃ道も判らないね」

「ええ、ほとんど分りません。東京に住んで10年になりますけど、電車かバスかチャリですから、車が走る道のことは、田舎出と同じですよ」運転手は話し好きのようだった。

「それまではどんな仕事をしていたの?」

「保育士してました」

「ほう、保育士?あの子供を扱う保育のことかな?」

「そうです、その保育士です」

「保育士の報酬はこれから上がりそうなのに、もったいなかったね」

「副園長の肩書もついたのに勿体ないって女房にも散々でした」

「そうか、結婚しているのか」

「ええ、女房も保育士です」

「給料が安いと言っても、共働きなら、まあまあの生活出来たんじゃないの?」

「まあ、給料面の問題じゃないんですよ」

「やめた理由が?」

「ええ、違うことで問題が起きて、厭になったからやめました」

「人間関係とかかな?」

「いや、子供を預けているお母さんたちの中に、女の子のおむつ替えとか、僕にはやって欲しくない。そういう問題が起きまして」

「赤ちゃんのオムツ替えかな?」

「ええ、女児のオムツ替えを男の保育士にさせないでくれってクレームがついたことから厭になっちゃって……」

「なるほどね。最近はネット上の児童ポルノ規制が世論にも上るから、急に児童の身体への警戒感が親の方に伝播したと云うことかな」

「そのようです。かといって、スタッフの人数も制限されていますから、扱うグループに、どうしても女児が入るんですよね。その度に、女性スタッフに頼むわけですから、結果的に疎まれてしまいますから……」

「なるほど、それでタクシーにね。稼ぎの差はなかったの?」

「まだ、給料日来ていないので分りません。多分、当面は収入減ですけど、ベテランの人は、僕の三倍は稼ぐようですから、腕次第の仕事のようです」

「そうかぁ、だったら頑張りようもありそうだから、これからが愉しみだね」

「僕は愉しみより、駄目を確認するようで、少し怖いですよ」

運転手は力なく笑った。俺は、どちらともつかない顔で、その言葉を飲み込むように携帯を取り出した。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR