FC2ブログ

腰の髄からの快感に翻弄 あぶない女77


第77章

俺はオスともメスとも判別不能なオーガズムを味わい果て、腰の髄からの快感に翻弄された身体を横たえた。そして、敦美のなすがままに、股間の処理を任せ記憶を失っていった。

気がついたのは、珈琲の香りに誘われて、鼻孔が擽られた時だった。

「ハムサンドと珈琲が届いたわ、食べるでしょう?」

敦美が、こういうことに気がつく女だとは思っていなかったので、少し面食らったが、珈琲に異論を挟む気持ちはなかった。

「でも、なにも私が家出したその日に、アイツも殺される必要なんてあったのかしら、死んでまで嫌がらせしているみたい……」

敦美の日本語が変だと思ったが、敢えて指摘することはしなかった。

「単なる偶然だろうけど……、否、或いは、君がいないので起きた事件かもしれないけどね……」

「どういう意味?」

「いや、仮の話だけど、俺のような男だと、今夜は女房がいないから、何だったら部屋に来たら等と言っているかもしれないからね……」

「そうか……、でもあり得ないわよ。私、家出するなんて意志表示してないもの、いつ帰ってくるか分らないのに、おんな、呼ぶ?」

「なるほど、そりゃ危なくて呼べないな」俺はつい苦笑いを浮かべた。

「やはり、誰かが侵入して、アイツを殺したんだと思うな」

「彼の仕事は、人から恨まれるような仕事だったの?」

「どうだろう。私、アイツの仕事の内容、あまり知らないの。ただ、東南アジア中心の貿易の仕事だくらいしかね……」

「まぁ、普通そうだよな。そんなに詳しく、亭主の仕事内容知っている女房族がいるとも思えないからね」

「職場結婚でもない限りね」

「そう。しかし、よりによって見知らぬ第三者が、君のいない時に、君の家に侵入したと云うのも偶然過ぎるかな?」

「偶然ってこともあるでしょう?」

「まあ、ないこともないけど、君が留守だと判って起きた可能性が高いと思うけどね……」

「でも、夜中に誰かを呼びつけたとか、来たとか、そういうことは、一度もなかったわよ。あの日に限って、誰かが来たって、ありえないわ」

「だったら、彼が、誰かを呼びつけた可能性が高いよね。一般的に、夜中に呼びつけるとすれば、異性ってのが相場だけどね。ところで、どうやって、殺されたんだっけ?」

「毒殺らしいわ」

「そうか、毒殺なのか……。だったら、女の可能性が高いんじゃないのかな?」

「男だって、毒殺するでしょう?」

「まあ、それはそうだけど、毒殺なら、犯人が女の方がしっくりくるよね」

「刑事ドラマの見過ぎじゃないの?」

「まあ、そうとも言えるけど……」

二人は事件解明を目指すわけでもなく、戯れのように、事件の状況を根拠に寝物語をしながら、深い眠りについた。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR