FC2ブログ

ぬるりと吸いこんだ あぶない女75


第75章

「貴方は、私の資産の運用さえしてくれているのなら、顔出している時に、貴方の仕事をして貰っても構わないわ。私を抱くのも自由だし、書き物をするのも自由。それなら問題ないでしょう?」

「それは悪くないけど、それで報酬が発生するのもね……」

「良いのよ。チャンと依頼した事やってくれていれば。私の父にも、貴方のような人がついていたの。父が社長で、その人が常務だったわ」

「なるほど、お父さんも、その常務に資金の運用任せていたのか……」

「大きな運用の変更とか、相場が荒れている時とか、その都度、報告や相談はしていたようだけどね」

「そうか、それで君が良いのなら引き受けても構わないよ。極力社長のご要望に応えるよ」

「それで決まりね。貴方の報酬は月百万でどうかしら?」

「百万か……。十五億だと、1%の利回りだと、年間1千5百万にしかならないからね、年収1千2百万は暴利だよ。高すぎるね」

「いま、利回りって1%程度にしか回らないの?」

「日本国債基準で考えての話だけどさ。安全を考慮するとそうなる。米国債なら2%だけど、為替差損とかのリスクがあるから、精々1.5%だろうな」

「だったら、どのくらいが妥当なの?

「月額50万。それと業績給が良いんじゃないのかな?」

「それで良いの?」

「ああ、それで良いよ。細かいことは契約書を作った時に説明するよ」

「それって、貴方にとって、メリットあるの?」

「かなりあるよ。致命的な程ではないけどね」

「貴方が、私の召使になる程ではないわけね?」

「そうだね、弟分になったくらいかな」

「そう、それで良いなら、そういう契約にしよう」

俺としては、敦美の資産十五億円運用には自信があった。勿論、大儲けはする積りはないが、年間2%程度の利回りなら可能だと思っていた。敦美の保有する不動産の収入も企業化することで、節税が大幅に出来るので、利益率に貢献するのは見えていた。

そのような話をしようとしたのだが、敦美は、俺のペニスが勃起しないかどうか、確認作業に没頭していた。

敦美の努力が実を結び、ペニスが勃起した。

勃起を確認した敦美は、有無を言わさず、俺の身体に跨ると、勃起をヴァギナに誘導し、ぬるりと吸いこんだ。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR