FC2ブログ

召使になるのも悪くない あぶない女74


第74章

「君は、明日警察に行かなければならないし、僕は、家に帰って仕事を片づけなければならない。部屋を借りる件の電話もしなければならないんだよ」

「わかっているわ。でも、貴方の話がしたいの」

「俺の話っていってもね、特別、なんてことないからさ、話が長続きしないし、広がらないよ」

「いいのよ、私が拡げるから。で、貴方の収入って、幾らくらいなの?」

敦美が何を考えているのかハッキリしなかったが、俺を召使にしようと企んでいるような予感はあった。望んで、召使になる気はなかったが、相手が望むのであれば、条件次第では、召使になるのも悪くないと感じていた。

「そうだね。月にして、平均だけど70万くらいかな」

「お家の方に幾ら渡しているのかしら?」

「40くらいだね」

「30が、貴方のおこづかい?」

「小遣いは20くらいだよね。後は、いざと云う時の貯金かな?」

「あのさ、私の財産って、金融資産が十五憶くらいあるわけね、だから、その運営会社を作りたいと思っているの。その手伝いをして貰えないかしら?」

「俺がか?」

「ええ、貴方が」

「そう云う話なら、信託系の銀行とか、会計士や弁護士と相談するのが筋じゃないのかな?」

「最終的に、そういう人たちに頼むとしてもよ、その前段で、こちら側の意志が必要なわけでしょう。その仕事をして欲しいの。時には、出資や事業展開の話があっても構わないし……」

「なんだか、今のままの状況でも、無理すれば出来そうな話じゃないのかな。君が必要とするとき、相談になれば良いわけだろう」

「違うの。相談するためには、相談の内容を考えなければならないわけよね。それが、面倒というか、それが出来ないの。だから、貴方に、相談内容も、その答えも任せたい、そういうことなんだけど」

「そう、構わないけど、意思決定は君がしないと、どうにもならないんだけど」

「意思決定って?」

「沢山儲けたいか、儲けは少しで安定的にとか、そういう面を決めて貰わないと」

「ああ、そういうことね。半分安全に、半分冒険的に、そんな感じ、そういうことで良いんでしょう?」

「まあね。それだったら、今のままでも引き受けられるよ」

「それじゃ意味ないわよ。私の為に働いてくれている感じがしないもの」

「どういうこと?その運営の為に、事務所でも借りるつもり?」

「そこまでは考えていないけど、貴方が仕事の為に、私のところに顔を出してくれる。そういう感じで良いんだけど……」

「君の中井のマンションに顔を出す、そういうことかな?」

「そうなるわね、毎日じゃなくて構わないけどね」

「そう、でもなあ……、その程度でお金貰うのもね……」

俺は、敦美の依頼を無料で引き受けるつもりはなかった。ただ、依頼の内容は簡単なことで、報酬を貰うのも気が引けた。しかし、週に数回顔を出す義務を、無料で引き受けるのも苦痛だった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR