FC2ブログ

このまま敦美と朝を迎える あぶない女72


第72章

時間は既に家に帰る時間を過ぎていた。この際、このまま敦美と朝を迎えるのが妥当だった。

依頼されているコラムの締め切りを1日伸ばして貰う必要があったが、勝手が利きそうな編集者なのが救いだった。

「それにしても、誰が彼を殺したんだろうね。敦美さんに、心当たりはないの?」

「そうね、私に飲ませた覚醒剤じゃないけれど、ああ云うものにも手を出していた可能性はあるのかも。アメリカと東南アジアが取引先の小さな商社だからね、何を輸入していたのか怪しいものよね。そうだとすると、色んな取引でトラブルを抱えている可能性は、沢山ありそうよ」

「旦那が、怪しい仕事に手を出していることは、結婚前から知っていたわけ?」

「私の父も、同じように怪しい取引はしていた人だもの、その父が見込んだ男だから、同じように怪しいに違いないと、結婚当初から思っていたわ」

「そうなのか、ゆくゆくは、事業を継がせようとでも思ったのかな?」

「いえ、それはないの。父は、小さな怪しげな会社なんかに、出資のような形で絡んでいるような人だったから、父の事業は、顔とお金が財産だったから、継ぐと云うことは出来なかったと思うわ。でも、門前の小僧のように、父のルートとかにも喰い込みながら、片山は、今の会社を大きくしていたみたい。だから、数年でナンバー2にのし上がったんだと思うの……」

「ふーん、単なる財産目当ての男とは違う側面があったわけってことか……」

「そう、私もはじめは、チンピラっぽい片山の態度から、そういう男かなって思っていたけど、そうでもないような気にもなっていたの、ただ、……」

「ただ、どうした?」

「そう、ただね。貴方に薬のこと指摘されてから、片山は2頭の獲物を追いかけるハンターなんだと思うようになったわけ」

「君の財産と、今の会社を自分のものにすると云う、その2つを?」

「そう、私の財産は、取った分だけの価値だけど、今の会社を大きくして、社長におさまれば、継続的に稼ぎ続けることが出来るわけでしょう。何だか、安定した土台と、現に稼働する手足、その2つを狙っていたんだろうなって感じだった……」

「なるほど、なかなか図々しい奴だったんだ……」

「頭、悪いのかと思って馬鹿にしていたけど、悪辣なくらい頭が良くて、それでいて狡かったのが、片山って男なんだと思う。だから、取引上のトラブルなんて、日常茶飯事だったんじゃないのかな?」

「具体的に、そういう事実があるわけか?」

「いえ、それは知らないわ。片山の偉いところは、家庭に、仕事を引き摺って帰ることはなかった点ね」

「ほう、それは凄いね。見上げた奴だ」

「違うのよ、見上げる価値なんかないのよ。トラブルがある間は、家に寄りつかなかった、ただそれだけよ」

「家に帰らずに、どこに帰っていたの?ホテルを転々としていたと云うのも納得しにくいけどね」

「女よ、3人くらいいる女の家にいたんだと思うわ」

「旦那に三人の愛人がいたってことか……」

「それで、その三人のことは、君の知っているわけ?」

「二人は身元調べも済んでいるわ、もう一人いるんだけど、その一人は、まだ判らないって感じね」

「そうなのか……」

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR