FC2ブログ

ともだち以上、こいびと未満 あぶない女71


第71章

「電話、終わったの?」敦美が、のぼせた顔でバスルームから出てきた。

「あぁ、すまなかったね、気遣わせて」

「いいのよ、髪、洗いたかったから」

「明日も警察に呼ばれているの?」

「そう、午後だけど、二時に来てほしいって」

「そうか……。まぁ、アリバイがないことは気にする必要ないと思うよ。殆どの人間は、一人でいることが多いものだから、そうそうアリバイなんてないのが、普通だからさ」

「そうよね。私なんか、普段だったら、いつも一人で家にいたから、アリバイ証明なんて、全然出来ないもの。昨日は、貴方が一時くらいから六時くらいまで一緒だったから、その時間のアリバイはあるけど、普段だったら、午前九時から、午後の十二時くらいまで、一人だもの……」

「全部、本当のことを言えば良いんだよ。いや、薬のことは言わない方が良いかな。少なくとも、覚せい剤らしきものを飲まされた、そう云う話はネグっても良いと思うけどね……」

「私も、何となく、言わなくても良い話だと思ったから、言わなかったわ。ただ、夫の態度が、財産目当てに感じられたから、後先構わず逃げ出した。ただ偶然にも、逃げ出した日か、その翌日に、夫が誰かに殺された、そういうこと。そういう感じで話しておいたけど、それで良いよね」

「良いんじゃないかな。どういう理由で、財産目当てだと感じたか聞かれたかな?」

「聞かれなかった。でも、大雑把だけど、父の遺した遺産は、不動産を除いて、十億近くあると云う話はしておいたけど……」

「そう言えば、資産のある女房と、しがないサラリーマンと云う夫婦の間で、そういう雰囲気があったかもしれないと云うことは、大体想像するよ。それで良いんじゃないのかな」

「昨日のアリバイの中で、貴方の話をしてしまったけど、拙かったかしら?」

「構わないよ。ただ、愛人が出来たので、夫が鬱陶しくなった、そういう考えをする奴もいるかもしれないな……」

「そうか。でも、貴方と私って、どんな関係なのか、まだ何も決めてないよね。」

「そうだね、愛人同士ってだけかな。いや、まだ数回の関係だし、愛人にも至っていないか。そうだね、何なんだろう、君と僕の関係は?」

「良く言うけど、ともだち以上、こいびと未満。そういうことじゃないの?」

「あぁ、そんな言葉が一時、流行ったけど、まさに、それだね。それでいったら」

「そうね、そうするわ」

「ところで、中井の方のマンション、どうする?」

「もう時間ないから、決めて貰えないかしら。特別、希望なんてないんだから。それにしても、あの部屋って、いつまで借りてなきゃならないのかしら?」

「今までの部屋、つまり殺人のあった部屋ね」

「そう、今は、警察の規制ロープで囲まれているらしいので、入ることも出来ないのよ」

「そうか、そう云う場合、どうなるのかな?」

「まさか、規制している間の家賃、警察が払ってくれる、そんなことないよね」

「ないだろうな」

たしかに、大家に引き渡すにしても、ひと悶着ありそうな話だ。損害賠償などと云う話が出ないとも限らなかった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR