FC2ブログ

敦美の中で果てたあと あぶない女69


第69章

敦美の中で果てたあと、俺は前後不覚に眠り込んでいた。敦美の身体から、勃起を抜いたのかどうかも判らずに、深い眠りに落ちていた。

携帯の音と、俺を揺さぶる敦美の腕の中で、俺は目覚めた。

携帯のデジタル時計が、午前1時を示していた。そして、電話の主が、寿美だと確認した。

出るべきかどうか、一瞬迷ったが、出ない方が不自然だと思い、素知らぬ顔で、眠そうな声で、身構えた。

“寝てたかしら?”

「あぁ、ウトウトしてたよ」

“さっきので、お疲れになったの?”

「まさか、あのくらいで、くたばるわけないよ。まぁそうは言っても、歳は歳だからね、もう無理は利かないよ。それで、何か急用でも?」

“そうね、急用と言えば急用ね。さっきの殺された男の話だけど、どうも、我が家に関係ありそうなのよ”

「殺されたって、あの片山とか言う男の話のこと?」

“そう、片山亮介の話よ”

敦美の身体が僅かに反応したが、大きな動きではなかった。

「でも、俺に関係ある話じゃないよね」

“貴方には関係ないわよ。でも、私には関係あるの。だから、聞いてほしいの”

「わかった。チョッと待って貰えるか。珈琲が飲みたいので、俺から掛けなおすよ」

“あまり待たせないでよ”

「あぁ、十分以内には電話するから。じゃあ、また後で」

俺は、携帯を閉じて、敦美の様子をたしかめた。

先ほどルームサービスで頼んでおいたコーヒーポットから、残りのコーヒーを注いだ。味は当然最悪だったが、気付け薬としては充分だった。

「ねえ、誰なの?」敦美が寝ぼけながら尋ねてきた。

「うん、知りあいなんだけど、旦那さんが殺された事情を知っている可能性がある情報なんだよ。或る新聞社の女社会部記者なんだけどさ、昔の俺の恋人でもある人なんだよ」

「もうそんな風に調べ出してくれてたの?」

「いや、偶然の一致に過ぎないけど、彼女、新宿界隈の麻薬情報を追いかけていたらしいのでね」

「そうなんだ。じゃあ、黙って聞いているわ。後で、話の内容なんか聞かせてね。私、お風呂に入ってくるけど構わないかしら?」

「あぁ、あとで、チャンとまとめて話すよ」

敦美が気を利かせたのか、本当に風呂に入りたかったのか、考える余裕はなかった。

いずれにしても、敦美が横で聞いていないことは救いだった。気が利くと云うよりも、敦美は勘が良いと言うべきなのだろう。

俺は、敦美がバスルームの扉を閉めるのを確認して、寿美の携帯を鳴らした。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR