FC2ブログ

浅めの膣道が引き締まり あぶない女65


第65章

俺は怒張に最終決戦総攻撃を命じた。

寿美の浅めの膣道が引き締まり、攻撃を容易にさせない防御的収縮が加えられたが、突き進んだ。

子宮頚に押しつける亀頭の先端は、何物かに噛まれ続けた。

痛みがあったが、それは気の所為に違いないと思った。

女の子宮頚に噛まれて負傷した亀頭などありえないだろうが、それは名誉の負傷に違いなかった。

男の勲章か、俺は馬鹿な気分になりながら、痛みと快感の中で果てた。

寿美も充分に快感を得たらしく、横たわり、軽い寝息をたて始めた。

俺は、まだ弛緩していない勃起の先端に手を当て、出血の有無をたしかめた。少なくとも出血はまぬがれていた。

時間は六時を回ったばかりだった。仮に二度目を求められても、何とか応じられるギリギリの時間だったが、寿美の寝息を見る限り、その心配はなさそうだった。

欲望的には、あの噛みついてきた何物かの正体を知りたいところだったが、それは後々機会があれば程度にとどめ置くものだと自覚していた。

その時携帯が鳴った。

俺はその音は敦美の携帯から発していることを知っていた。

携帯を取り上げ通話にすると耳を当てた。

当然、敦美の携帯なのだから、不用意に俺の声で応答するわけにはいかなかった。

“私、敦美よ、龍彦さんだよね”

「あぁ俺だよ、どうした、解放されたのか」

“一応ね、明日も事情聴取に応じるようにって言われたの、どうしよう?”

「そうか、まあ、応じた方が利巧だろうね、君が殺したわけじゃないのだから」

“わたし、部屋に戻るけど、来てくれるのよね”

「ああ、大丈夫だよ。時間は九時を回るだろうけど、必ず行くよ」

敦美との電話は終わった。

「どうしたの、随分切迫した話の内容みたいね?」寿美が寝ながら聞いてきた。

「聞こえてたか。そう、良く判らないけど、知り合いがトラブルに巻き込まれてね」

「殺されたとか、そんな話だったわよね」

「あぁ、奥さんが家出をした数日後に、ご亭主が殺されてしまったんだよ」

「もしかして、今日殺されたってニュースで話していた殺人事件のことかしら?」

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR