FC2ブログ

過呼吸な息づかい あぶない女62


第62章

寿美のリンパマッサージは徹底していた。両脚のマッサージが終わると、腹部から上半身、脇、首筋と全身のマッサージに渡った。

寿美は話し続けていた。

俺は、その昔話を子守歌にしてまどろんでいた。いや、まどろみ以上の眠りに就いていたのかもしれなかった。

たしか、寿美と結婚を前提につき合っていた男が、突然、別れ話を持ちだした。

そして、結婚は政略結婚のようなものだから、寿美を捨てるわけではない、今まで通り関係を続けたいと、とんでもないことを言い出した。

寿美は、そんな都合の良い女になる気はないので、頬っぺた引っ叩いて別れてやった。

その辺までは聞いていたが、寿美がどう云う目的で、そんな昔ばなしを始めたのか、不思議に思いながら寝てしまったようだ。

特に、俺の意見が欲しくて話している雰囲気もなかったのだから、寿美自身が自分の考えを纏めるための会話ということだと思った。

リンパマッサージの行程が終わった。俺の出番なのだろうと上半身を起こすと、寿美に押し戻された。

漸くと言うべきか、寿美の指がペニスを摘まみ上げた。意志を失っている肉片は心許ない姿で寿美の指の中にあった。

勃起した時に、その肉片は、命の息吹でも吹きこまれたように力みかえる。持ち主である自分の意志とは別人格で、凶悪な姿で動き回る。

身勝手な言い方をしていると聞こえるだろうが、まさしく、勃起した時の股間の肉片は、別なる生き物で、且つ別なる人格さえ備えているように感じるものだった。

俺と云う人格が、相手が疲労困憊しているのだから、そろそろ休息を取るべきだと思っているのに、その硬直して怒りに満ちた勃起は、俺の意志を無視して、女陰に向かって突き進んでいく。

そして女は、自分の快感を超えた、苦痛に満ちた奇妙な快感の世界でのたうち回り、我を忘れる。

そのような快感を強制しているのは、俺ではなかった。勃起の限界超え、痛みを伴う麻痺症状に至った海綿体と亀頭部は、狂気に包まれていた。

女が嬌声を発する余裕を失い、過呼吸な息づかいになっても、容赦する動きを見せない異様さを見せる。

これは、どう考えても、俺の考えているセックスではなかった。俺の考えているセックスを乗り越え、俺のペニスを乗っ取った意志ある生き物の仕業に相違なかった。

怒張という言葉があるが、その通りなのだろう。ペニスの勃起が、怒張に変った時、ペニスは、その持ち主の肉体から遊離して、別なる生き物として行動している。

そんなことを考えながら、俺のペニスは勃起に向かって動きだした。

「ああ変ってきたわ。この瞬間が、わたし好きなの……」

寿美は探究者のように、俺のペニスの変化を見つめていた。見事だと思ったのは、勃起の変化に躊躇いが生じないように、間歇的な刺激を亀頭部周辺に与えていた。

そのリズムは、単調なものではなく、複雑な旋律とリズムを刻み、一時の緩みもなく、完璧な勃起状態のペニスを作り上げていた。

口にこそ出さなかったが、寿美のペニスへの愛撫は、フェラチオをするといった単純で乱暴なものではなく、金糸銀糸を織り交ぜながら、優雅な西陣織を完成させていく職人のような技に思えた。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR