FC2ブログ

全裸になって あぶない女60


第60章

寿美が先に宿に到着していた。

「お風呂お先したわ、あなたもお入りになったら」寿美はスリムな肉体を宿の浴衣につつんで、既にビールを一本空けて二本目の栓を開けているところだった。

「かなりご機嫌だけど、何か良いことでもあったのかな」

寿美が身体を許す気で酔っているのか、酔いつぶれて肉体関係を阻もうとしているのか、俺には判断がつかなかった。

しかし、先日からの関係性において、ふたりの間には寿美がイニシアチブを握っていたので、俺の意志はどうでも良いのだろうと、腹を決めていた。

案外経験してみると、女の側に主導権を握らせた関係も悪くはないと思った。

俺が今日ここに来たのは、寿美に先日の1万円を返すことであって、肉体関係が成就することを目的にしていないと云う言い訳は、充分に俺の気持ちを和らげた。

俺は檜の湯船につかりながら、しかし、と思った。あまりの長湯をすると、待ちくたびれて女が帰ってしまうとか、酔いつぶれてしまうのではと、身体を洗うのも早々に浴室を出た。

「あら早いのね。チャンと身体は洗ったの」

言葉とは裏腹に、寿美は、そんなことはどうでも良いけれど、と云うニアンスを漂わせていた。

寿美はよどみなく、新しいグラスにビールを注いだ。俺は黙って一気にグラスを飲み干し、自ら二杯目をグラスに注いだ。

「今日は時間があるから、しっかり飲めるわ。お店のある日は、落ち着かないものね」

「今日、お店は休みってことかな」

「えぇ、お店はやっているけど、私はお休み宣言してきたの」

「たまには、休まないと身体も心も持たないからね」

「そうでもないのよ。年中無休で働いていると、休みって、どのように過ごしたらいいのか判らなくて、逆に疲れてしまうのよ。だから、滅多に休むことはないの」
 
「まさか、俺の為に休みを取ったなんて言わないでよ」

「あら、どうして。男冥利だとは思わないわけ」

「いや、それほど自惚れは強くないからね。中の下くらいのランクの男だと自認しているからさ、糠喜びはしないんだよ」

「あら、可愛くないわね。有頂天にして、落っことす面白味がなくなるわよ」

「そうか、寿美さんは、そうやって男を甚振ることを愉しみにしてきたのか」

「そういうことはないわね。私、雰囲気のわりに男経験は少ないのよ」

「そういうものかもね。あまりにも良い女だし、雰囲気も周りを威圧しているからね」

「あら、私、威圧的なの」

「そうだね、普通の男ならビビる女かな」

「貴方はビビらないの」

「どうかな、目的意識が乏しいし、奇妙な二人の関係のイニシアチブを、貴女にお渡しした気分だからかな」

「そうなのね。だったら良いわ、私が貴方の身体を甚振る関係で良いわけね」

「あぁ、そういう関係も悪くないと気づいたからね」

「そう、だったら早速だけど、裸になって、ここに寝て貰えるかしら」

話の成り行きから、断れなくなった俺は、全裸になって天井に目をやった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR