FC2ブログ

先日の旅籠で あぶない女58


第58章

寿美は間髪を入れず応答した。さも、誰かの電話を待っていたのではないかと思うほど早かった。

まさか、俺からの電話が来ることを待っていたわけではないのだろうが、機嫌のいい声音だった。

先日の1万円を返したい旨を伝えると、あっさり、先日の旅籠で会いましょうと提案してきた。

寿美を誘う算段を色々想定していたが、あっさりと寿美によって打ち砕かれた。2戦2敗した気分で電話を切った。

どこか吸いとり紙のような寿美と云う女に怖れを感じたが、逃げ出す気はなかった。いずれの日にか、寿美を屈服させる情景を描いてみたが、具体的な映像は浮かんでこなかった。

寿美が魔性の女であるかどうか、今日たしかめられるとは思わなかったが、少なくとも、男女の関係にはなれそうな気がした。

何故と聞かれても、斯く斯く然々という理由はない。ただ、二度目の逢瀬を迎えて、男と女にならなかった事がないからと云う、経験則によるものだった。

敦美の身に何かが起きたことは気になったが、警察からの電話で動いた状況から推測する限り、敦美の身が危険にさらされている状況ではないのだと思っていた。

いま、敦美の為に出来ることは、彼女の携帯を持ち歩き、連絡を待つことくらいだった。そして、その通りにすることで、免罪符は得られた。

今日中に連絡が入るだろうが、寿美と情交中に鳴らないことを祈るのみだった。

案の定、寿美は風呂を浴び、涼しげな顔でビールグラスに口をつけていた。

目は妖艶だったが、敢えて合せないようにして、残ったグラスのビールを飲み干した。

「汗を流していらっしゃったら」

寿美は、浴衣とタオルセットを俺に手渡し、今日は布団の中で、俺の身体をたしかめるとでも言いたそうに促した。

「結構暑くなってきたね。少し歩くと汗ばんでくるからね」俺は素直に、手渡されたものを受け取ると、例の総ヒノキの浴室に向かった。

 つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR