FC2ブログ

あぶない女 51


第51章

二度目の勃起は疲れを忘れたように縦横に動いた。敦美に潮吹きによるオーガズム以上のオーガズムを与えたい一心で、俺は、敦美の中に居座った。

しかし、そのすべてが俺の思い込みだった。

屹立状態のペニスに、あらゆる努力を命じたが、敦美に潮吹きの時に見せた恍惚の顔をさせることは出来なかった。

達成感のない行為に疲れ果て、俺は身体も心もベッドの上に投げ捨てた。

「怒ったの?」

「まさか。単に疲れたから、今日は、もう良いかな、そういう感じ……」

「私のこと嫌にならないでね」

「大丈夫だよ。でも、君が考えるほど俺は若くないから、こっちの方はお手柔らかにね」

「そうなの。一回目だって良かったし、二回目のアレなんて鉄棒みたいになってたわ」

「それとこれとは違うんだよね。良く判らないけど、アレは勝手に勃ってしまうシロモノだからさ。俺の体力と無関係な動きをするんだよね」

「へえ、困った生き物ね」

「そう、若い頃は、自己制御出来たんだけどね、俺くらいの歳になると、持ち主の言うことを聞かなくなる。必要な時に勃たなかったり、不必要な時に勃ッたりするからね」

「でも、今日は元気だったわ。今日って、不必要な日じゃないよね」

「今日は必要な日に、ちゃんと勃ったね。二度目は強制的だったけどさ」

「私ってさ、あの時の表情を上手く表現できないの。だから、気持ちが良いのに、気持ちが良くないみたいに誤解されて、何度か失恋したことがあるの。随分、セックス沢山したけど、自己表現が下手なのよね……」

俺は、敦美の話を聞きながら、初めて会った時の、敦美の嬌態はなかった事になるのかと訝った。

いや、あの時の自分は幻影であり、敦美の中では、あずかり知らぬ事として消化されているのだろう。敢えて聞き質すことでもなかった。

敦美は執拗に泊まって欲しいと懇願されたが、仕事の邪魔をするような女は嫌いだし、つき合いを続けることは難しくなる、と多少不機嫌を装って話すと、仕事は大切よねと、同調することで、自分の要求ははじめからなかったような顔つきになっていた。

最後には、俺が何度か電話を入れることで、手打ちになった。まあ、家出してきた敦美としては、絶大な保護者を求めているのだから、その要求にくらい応じてやるのが人の縁だった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR