FC2ブログ

あぶない女 47


第47章

敦美の裸身は、ホテル自慢の二面採光のベッドの上で、正真正銘の“潮吹き”の瞬間を待っていた。

もう、敦美の口から言葉は失われていた。そして、ひたすら、潮が吹きだす瞬間を待ちうけていた。

一瞬、敦美の腰が浮いた。

次の瞬間、敦美の開かれた股間から、水がほとばしった。部屋の採光と、敦美のほとばしる水が、光の中で絡みあった。

綺麗だ、俺は観察を忘れ、水と光の戯れを眺めていたが、観察を命じられていたことを思い出した。

股間を覗き、大陰唇を指で開いて見ても、そのほとばしりが、膣口から出ていると確信は持てなかった

俺は、逆もまた真などと呟きながら、比較的観察が容易な状態になっている尿道口に目を向けた。

尿道口から、その水が噴出していなければ、まさに、その水は膣口から放出されている筈だった。

少なくとも、尿道口から、水が噴出しているようには見えなかった。

 敦美の股間は、おびただしい噴出してくる水で濡れているから、尿道口も濡れ光、輝いていた。しかし、俺が目撃する限り、そこから噴出している印象はなかった。

つまり、そこから噴出していないのであれば、噴出口は膣口に限定される。

なぜ、膣口から、これほどの量の水が噴出するのか信じられなかったが、真実だった。

俺は、俄かに信じられない中で、深く考えもなく、その水を手で受けとめ、口で味わった。

何の味もしなかった。

尿であるなら、どんなに水っぽい尿であっても、塩分の味がする筈だったが、敦美の吹きだす液体は、まさに、無味無臭だった。

膣口から噴き出していた液体の勢いがなくなり、敦美の肉体が弛緩していった。

オーガズムに達したのと同様な惚けた表情の敦美は美しかった。映画のワンカットを演じている女優のようだった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR