FC2ブログ

あぶない女 46


第46章

敦美はフェイクとも思えない表情を顔に浮かべていた。眉間に二本の縦じわが浮き上がり、心なしか歯を食いしばっていた。

俺は、そんな表情の敦美を確認した上で、迫り出した陰部の動きに神経を集中した。

涙を蓄えたような敦美の陰部は、今にも雫を会陰に向かって滴り落とす寸前だった。

しかし、その雫の原泉をあらためて凝視する俺の目は、雫のすべてが、尿道ではなく、膣口から湧き出ていることを確認した。

「ねぇ、私の潮吹きって、オシッコじゃないみたいなの。出るとこ見ていてね」

たしかに、アダルトビデオが得意とする“潮吹きシーン”は、大量の水やビールで膀胱をパンパンに満たしたうえで、膣の上部、つまり尿道を激しく刺激することで放尿を促すものだった。現に何人かの女体で試してみたが、アダルトビデオ同様に、見る限りは“潮吹き”のような現象が起きた。

しかし、当然のことだが、それはあくまで放尿であり、決して“潮吹き”ではなかった。多くのAV嬢が膣炎や尿道炎、膀胱炎の持ち主であることが、この事実を証明していた。

敦美が、見て欲しと云う“潮吹き”も、例によって“放尿”に過ぎないのだろうと思いながら、両脚を突っ張るように伸ばし、前つきの陰部を晒し、その指で、膣前庭を目一杯に押し開き、潮が吹く瞬間を待っていた。

「手伝わなくていいのか?」俺は、意図的に声を掛けた。

「イイの、見ているだけで。そのかわり、オ×ンコから出ているってシッカリ見ててよ」

敦美はそう呟くように話すと、潮吹きの兆しが来たのか、突然態勢を変えた。

Ⅿ字に開脚された敦美の陰部は、俺の視界を狭いものにした。

この角度では、敦美の股間は見えるが、尿道と膣口の区別をするのは、不可能に近かった。

「これじゃ見えないよ。悪いけど、俺の手で開いて良いかな?」

「いいよ!もうすぐ出るから、あなたの手で開いて見て!」

俺は許される範囲で、敦美のオ×ンコを押し開き、膣道を凝視した。

「出るよ!」敦美の切迫した声が聞こえた。

ピュッ!と、尿道からおしるしのような一滴が飛び出した。まさしく、その一滴は、オ×ンコから飛び出していた。

これがまさしく“潮吹き”と云うことか。俺は、はじめてお目にかかる、その一滴に感動した。

その遠慮がちな一滴は、間欠的に、二滴、三滴、そして、幼女のオシッコの様に、細い糸を引き、可愛らしく噴き出た。

「ああ、イイの~!嫌いになった?」

「いや、好きになったくらいだよ。思う存分しなよ」

俺は角度を変えた、明らかに膣口から、その細い筋状の放出液が出ていることを確認した。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR