FC2ブログ

終着駅ー5

P1010573jj.jpg

ランキング押してくださいね!
すごく励みになります。

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking


第5章

 圭の唇が近づいてくる。おそるおそる、その唇が私の唇に触れた。想像以上に柔らかく優しい唇の感触が、私の女の部分に伝わった。弟であるにも関わらず、圭というオスの機能が、私の女を満足させてくれる予感で満たされた。姉であるとか、カウンセラーであるとか、そんなことはどうでも良い。この行為を私が愉しめれば、その歓びが圭に伝わり、圭も感染症にでも罹患したように同じ症状になる、とひとり合点していた。
 恐る恐るだが、ガラス細工にでも触れるように、圭の指先が首筋をなぞり、肩を飛び越えて胸にあてられた。圭の口から強く息が吐かれた。私も、大きく息を吐いた。二人とも、そのプロセスに至るまで、息をとめていたことを互いに理解した。この、同様な仕草は、ふたりが共通の認識の下で、これからの共同作業を行えると云う強い絆を感じさせた。
 圭は、ブラジャーの上から、中にある乳房に手をあてがった。動きをとめた圭の手の温もりが伝わってくる。あまりにも優しすぎる圭の手の動きは、私のすべてを掌だけで感じ取ろうとしているようだった。私は、高鳴っている心臓の鼓動を圭が察するのではないか心配だった。
 恥ずかしいと云う気持ちと、カウンセラーがカウンセリングすべき行為の中で、興奮しているのは、論外だと云う不安と、はやく生身の乳房に触れ、乳首を確認して、圭のオスが目覚めることを望んだ。
 このままだと、圭が積極的にブラジャーをはずす行為に出ないのでは、と不安になった。多分、はずす勇気は圭にはない。自分からブラジャーを脱ぎ去らないと、永遠に緊張の時間が流れそうだった。当然のことだが、圭にとってバリアになっていた私のブラジャーは、取り払われ、乳房があらわれた。
 息づく乳房を目の当りにして、圭がどのように振舞うか、私は固唾をのんで待ちかまえた。圭の指が伸びてくるだろうと思っていた私は、圭の動作に戸惑った。頬摺りをし、再会できた子犬を愛撫するような優しさに、私は意外性を感じ、バギナの奥から愛液が、ひと吹き流れ出すのを感じた。
 悪くない。圭の肌の感触が心地いい。男らしさは感じないが、柔らかい肌の中に隠された柔軟な筋肉と堅牢な骨格は、私を抱きすくめる資格のある理想的男の肉体だと思った。
 頬摺りに反応した乳首が立っていくのがわかった。圭は、自分の行為で姉の乳首が官能的に変化したことを知っているのだろうか。私は、乳首を噛まれたいと思った。しかし。圭は頬ずりだけで満足の溜息をついている。これでは駄目だ、もっとオスの興奮を示さないと。私は命じることにした。
 「乳首に触れて」
 「舌を這わせて、時々吸って」
 「そう、その調子、いいよ、圭、上手になってきてる」私はつぶやき、圭を褒めた。本心は、もっとガツガツした圭を見たかった。でも、その愉しみはあとに残してもよかった。
 「圭、ちょっと噛んで」
 「えっ、乳首を」
 「そう、乳首を。やさしく、でも強く噛んで」圭が、その言葉を理解するかどうか分からなかった。しかし、圭は私の願い通り、乳首に歯を立てた。
 「痛い!」
 「あっ、ゴメン」圭は驚いて、唇を遠ざけた。突然、私の前から快感が逃げていった。
 「ゴメン、痛くないの、もう一度噛んでみて」
 「じゃあ今度は、もう少しだけ優しく噛んでみるよ」圭の歯がゆい甘噛みが私を夢中にさせた。もう我慢の限界が来ていた。まだ、これからがカウンセルの仕事だと思いながら、バギナの入り口から愛液が会陰に向かって流れ出すのがわかった。このまま圭の勃起を突き刺して貰ったら、どれほど気持ちが良いか、想像するだけで大脳は快感だよ、とつぶやいた。
 しかし、あまりにも濡れすぎた膣口を、圭に知られることは、躊躇われた。圭の指が濡れすぎたバギナの入り口に近づく前に拭き取っておきたかった。しかし、この流れの中で“ティッシュ取って”と言うわけにもいかなかった。どうしよう。圭の動きから察するに、もうすぐバギナに向かって手が伸びるのは確実だった。もう、考えている余裕はない。私は体位を入れ替え、圭の上に回った。圭は一瞬驚いたようだったが、無言で私の動きに協力した。
 私は、圭の唇を唇でふさぎ、圭に無言でいるように知らせた。舌を絡ませ、粘着性の口づけは、接吻などと云う言葉の雰囲気には程遠かった。二人は息の続く限り、互いの唾液を混じり合わせ、唇が性器であるようなベーゼは、極度に圭を興奮させた面があるようだ。態勢を入れ替え、今にもバギナを征服したいと云う感じが伝わってきた。
 しかし、そんなことになれば、私が上になった意味がなくなる。この際、もうひとつ、圭をヘロヘロにしてしまいながら、パンティでバギナを拭うのが一番自然だと思った。
 私は唇を重ねたまま、腕を圭の下半身に伸ばした。
 圭のペニスはぼんやりとした勃起などと云う言葉が嘘のように熱り(いきり)立つていた。
つづく

コメントの投稿

非公開コメント

大人な官能小説ですね。大変気に入りました。お子ちゃまな官能モノが多いので新鮮です。
オマケかもしれませんが、かりんさん?であろう女体のフォトもイイ感じです。子供な目線だと、わからないのでしょうが、大人の目からみると、ぶるっと感じるヒップです。今後も、小説、ヒップ共々大人な男を愉しませてくださいませ。
プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR