FC2ブログ

あぶない女 45


第45章

「イク、イク、イクからね!」

敦美は外れてしまった俺の指の存在などすっかり忘れて、憑き物に呪われたように、己のオ×ンコに熱中した。

激しいオーガズムに至ることが目的なのだろうが、どこか神がかって、神聖な行事の一環にも思えた。

敦美の両の指が大陰唇を押しひろげ、尿道口と膣口を際立たせた。そのメリハリの効いた女の部分は、充分な照明と窓からの採光に、そのすべてを晒し、怪しく蠢いていた。

傍の人間が目撃すれば、単に猥褻な一場面に過ぎないのだろうが、俺の目には、神聖な行為の一環に映っていた。

敦美の、その行為に、俺が参加する必要はなさそうだった。アダルトビデオの場合は、Gスポット周辺の尿道に近い膣の上部を、強く加圧した状態で、左右に激しく揉みこむことで、オシッコを漏らさせるわけだ。

そのような強制的排尿行為を、巷では、“潮吹き”などと、勝手に命名し、勝手に信じられているが、あれは物理的強制排尿に過ぎない。

“潮吹き”の演技に長けたAV嬢であれば、間欠の潮吹きを演じることも出来るし、大量に尿を吹きだすことも可能だった。

しかし、その噴き出てくる“潮”は、どこまでいっても、膣口ではなく、尿道口から噴き出ている。

敦美は、俺の指による行為を必要としていないが、いずれ尿道から、性的な意味はあるが自分で排尿するのだろうと、その時を待った。

「ねえ、オ×ンコ見ててね。嫌いになっちゃ駄目だからね」

「あぁ、嫌いになんかならないから、思い切って、解放してごらん」おれは、そう言わざるを得なかった。

実際問題、心置きなく排尿するシーンを想定していたので、気持ちは半分萎えていた。

恥を忍んで、ベットメークを頼むか、ベッドカバーで、急場をしのぐか、そんなことを思いながら、真逆の言葉を発していた。

しかし、自分のオ×ンコを剥きだしにして、自力で放尿しようとしている敦美と云う女に違和感を覚えた。

自分で放尿することで快感が得られるとは、何とも便利な身体だが、本当なのだろうか?敦美に関しては、単なる放尿ではないのかもしれなかった。

単なる放尿ではない、だとすると、どのような放尿なのか、パートナーの俺としては、その変っているであろう放尿を、観察してやる義務があるのだと思った。

グース ダウンの寝具、きめ細やかで肌触りのやわらかいエジプト綿100%のリネン。放尿するには気の毒なほど、申し分のない寝具に、今まさに、敦美は放尿しようとしていた。

「行くわ!もうダメ、我慢できない~~!」

「イケ、イッテ良いぞ!シッカリ見ててやるからな!」

俺は、義理の範囲を離れ、本気で、敦美が放尿するであろう、せり上がるオ×ンコに視線を集中した。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR