FC2ブログ

あぶない女 43


第43章

敦美の言わんとする要点を理解しようと思ったが、指先から受け取る感覚は、考えるものではなく、感じるものだったので、その交通整理は容易ではなかった。

「このままアイツと会わなければ、私は、薬を口に出来ないわけでしょう。禁断症状が出るほど重症なのかどうか判らないけど、それ程酷くない気がするの……。貴方は、どう思う?」

「どうかな、覚せい剤の軽度の禁断症状ってのが、どんなものか良く判らないからね」

「そうだよね。でも、ここ三日飲まなかったけど、それ程、何か変った感じはなかったけど……」

「そのようだね。案外、中毒症状は軽い段階かもしれないね。もう何日か様子見て、考え直してもても良さそうだ」

「それで好いよね」

「ああ、それで良さそうだ。ただ、体調とか気分が変だと思ったら、直ぐに知らせて欲しいね。まもなく、然るべき医者も紹介して貰えそうだから……」

「そこまで、私のこと心配してくれたのね……」

敦美は嬉しさを表そうと、俺の手の上に掌を重ねた。しかし、俺の指先は、敦美自身の陰部に挿入された儘なのだから、奇妙な重なりになった。

「貴方の指を使ってオナニーしても良い?」敦美の甘ったるい声が追いかけてきた。

「そんなこと、出来るかな。まあ、やってみて……」俺は、敦美の提案は成り立たないと思った。

「その指の角度、動かさないで!」敦美は、人の指先の僅かな角度に注文をつけた。

指先と云うもの、意識して動かすことはあまりないので、敦美の“そのまま”と云う望みを堅持するのは容易ではなかった。それでも、一定の安定は、敦美の望みを満たしていたらしく、俺の指先は、固定化され、敦美の指と化して、彼女の望ましいヴァギナを縦横無尽に這いまわった。

案の定、一定の盛り上がりをみせた膣壁は、Gスポット周辺の筋張った腱にあてがわれた。

「もうダメ……」敦美は、そう言いながら、それでも手の動きを休めなかった。

「グリグリ、痛めつけてやろうか?」

「もうチョッと我慢する……。でもって、手を離したら、アンタの指で滅茶苦茶にして……。ああそうだ、たぶん、オシッコしちゃうけど、出せ!出せ!って応援してね……」

敦美は、俗にいう潮吹きが、ただの排尿の解放感であることは知っているようだった。膣口から吹き出す正真正銘の“潮吹き”もあるが、99%の潮吹きは、ただ尿道からの排尿に過ぎない。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR