FC2ブログ

あぶない女 40


ーご挨拶ー

いつもご愛読頂き、心から感謝いたしております。
この度、思い切って楽天koboから 『結衣との関係』を出版させていただきました。ブログで一時連載掲載していた同作品を大幅に加筆修正の上、出稿しました。
初出版のご祝儀?
そんな優しいお気持ちの読者さまがいらっしゃるかどうか分らないのですけど、チョッとだけ、本の宣伝させていただいてます。
以下の表紙画像をクリックして頂ければ、鮎川かりんの本の販売ページが、別ページで開きます。
*成人指定にしてありますので、18歳以上と聞かれる場合はイエスでお願いします。

鮎川かりん

cover-1.jpg


第40章

日本橋のOホテルは初めてだった。三越本店を抜け、三井本店の前で車を停めて、頭上に聳えたつタワービルを、サンルーフ越しに見上げた。

昭和4年に再建された新古典主義様式の三井本店は、近代建築が好き勝手に高層化している周辺をせせら笑うような重厚な外観を誇っていた。

しかし、皮肉にも、その敷地内に三井タワーは建っていた。新古典主義様式の本店ビルと超高層のタワービルは、奇妙なバランスの景観を作り上げ、異様な雰囲気を示していた。

敦美が指定したOホテルは、そのタワービルの上階に入っていた。初めての大きな建物の駐車場を探す時は、常に、気が重かったが、“OホテルP”の洒落た標識が目に入った。

本店を通過して左、左と回り込むと、タワービルとOホテルの玄関に辿りついた。敦美から知らされていた客室番号を告げ、ポーターに車を預けた。半券のようなレシートを渡されたので、バレーパーキングと云うものを初めて体験した。

ホテルの、まあ勝手口のような所から入ったわけだから、高級ホテルのエントランスに圧倒されることもなく、専用のEVに乗り込んだ。

案の定、敦美はバスローブを羽織って、ドアロックを外した。

三十分くらいで着くので、ドアを四回したらノックしたら、開けてくれと伝えておいた。その間を狙って、敦美は、あらためて熱いシャワー浴びたようだ。おくれ毛が、まだ濡れていた。

敦美は躊躇うことなく、俺に抱きついてきた。想定内の行動だったので、慌てることはなかったが、シャブに変る依存薬として、俺が代用品にされたのでは、話はグチャグチャになるだけだった。

かと言って、無碍に突き放すのも賢明ではなかった。一定の範囲で、敦美の興奮を和らげないことには、話すと云う雰囲気にすらならないのも判っていた。

敦美の湯上りの火照った身体を抱きしめ、キングサイズのベッドに雪崩れ込んだ。

一瞬にして、敦美の女体を包んでいたバスローブははだけ、たわわな乳房も、程よいウェストのくびれも、わずかな下腹と急坂のような恥丘の盛りあがりも、みごとだった。

そして、薄墨を刷いたような陰毛のあいだから、肌の色と変わらない陰裂が顔を出していた。

既に、その陰裂の隙間から、淫水が滲み出ていた。陰裂から愛液が滲み出ているということは、膣内はおびただしい陰液に満たされていることを暗示していた。

敦美の女体の状況をたしかめた俺は、シミュレーションに従って行動を開始した。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


pero-3.png




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR