FC2ブログ

あぶない女 38


第38章

“明後日ですね。分かりました。今にでも逃げ出したい気持ちですけど、我慢します。もう、薬は飲んでいません。だから、少し鬱っぽくなっていますけど、嫌いにならないで下さい。ちなみに、アイツには、させていません”

敦美という女は、いつ寝ているのか頭をひねる速さで返事を返してきた。書き順は支離滅裂だが、言おうとしている要点は伝わるメールだった。

こうなると、敦美の、手の平を返したような態度が気になった。

悪事を企んでいる旦那の側は、注意深いに違いないのだから、今まで通り、やせ薬を飲み、欲情した女でいる方が安全だった。

しかし、薬を続けて飲めと注意するのも奇妙だった。

出来ることなら、薬で欲情した女房を演じ切れと言いたいところだが、それを伝えることで、こちらへの信頼感が、揺らぐリスクがあった。

しかし、何も注意せずに、旦那に早々に気づかれるのも、無責任過ぎる気がした。

この際、どのような注意が適切なものか、酷く迷った。

急に生理不順になったとか、作り話をするのが良いのか。風邪をひいて具合が悪いとか、そのほうがマシな言い訳なのか、かなり迷った。

しかし、鬱な状況に至っている敦美に、上手に嘘を言って、演技しろとアドバイスすること自体、無謀な賭けだった。

“もし、可能であればだけど、明日中に、そこからの逃げ出す手はあると思うよ。
有り金もって逃げ出すことが可能なら、それが一番安全かもしれない。
思い出のある物を持てるだけ持って、先ずは逃げ出すのも、一つの手だよ。
俺の予感だから、たしかではないけれど、君の演技だと、直ぐに旦那さんにバレル危険があると思うんだよね。
金さえあれば、物は幾らでも、後から買えるわけだしね。
どこでもいいから、ホテルにチェックインするのが安全策かも”

敦美に、意味が通じるかどうか判らなかったが、俺はメールを送信した。あとは、野となれ山となれ、幾分誠実さには欠けているかもと思いながら、睡魔に襲われた。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

pero-78.png


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR