FC2ブログ

あぶない女 24


第24章

「縮んでいても、勃起係数の仮説を立てれば、だいたいの大きさは分かるわよ」

シャネル女は、何の前触れもなく、湯の中で漂う俺のペニスを摘まんだ。

「デカくなっちゃうよ」俺は、腰を引いた。

「大丈夫、たしかめるだけで、それ以上は前に進まないから」

「それだから、デカくなると、俺には不都合だよ」俺は、珍しく素直になった。

「男の人って、大きくなると、何かに入れたくなるもののようね」

「何でも良いから、入れたくなる訳ではないね。木の洞にまで入れたくはないよ」

「なら、どう云うものに入れたくなるわけ?」

「やはり、生身の洞に入れたくなるだろうね」

「正直でいいわ。貴方って、誰に対しても、こんなふうに素直に話すの?」

「そうだね。嘘をつくのは、後々面倒だから・・・・・・」

「ほら、言った通りの形状になって来てるわ」

たしかに、俺のペニスは、物理的な刺激に抗うつもりはなさそうだった。

しかし、シャネル女の洞に入れたいと云う欲望は湧かなかった。

爆弾女と別れたばかりと云う、警戒心が残っている面もあったが、このまま、女の洞を所望する浅ましさは、望むべき姿ではなかった。

物事が、単純に展開し過ぎる。

シャネル女の意図が判らなかった。

到底、男に不自由している風情は感じない。突如、性欲が沸き上がったとも思えない。

金に不自由している感じも、当然のようにないのだから、金が目的ではない。

まさか、女が俺に一目ぼれしたなどと、思える根拠はゼロなのだ。

どんな理由でも構わないが、初対面の未知の男と女が、身体を重ねるには、なんらかの根拠が欲しかった。

その根拠は、金のためであろうと、何かを探ろうとしているのだろうと、性欲を満たそうと思い立ったからにしても、根拠の前触れくらいは欲しかった。

シャネル女から、その根拠を探る何ものも見いだせないのだから、今日この場で、身体を重ねることは、ありえなかった。

「益々、洞に入れたいと、オ×ンチンが、自己主張しているけど、どうなさるの」

女の指使いは敬服に値した。

俺のペニスは完全に勃起していた。痛いほどに屹立したペニスを股間に抱えて、その気はないと言うのは、不正直にも思えた。

しかし、体と心が異なる時もある。それが、今だった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

pero-68.png

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR