FC2ブログ

あぶない女 21


第21章

「まだ、お時間おありなの?」

女は、何かを思い出したように、尋ねてきた。

「大丈夫ですよ、お茶でも飲もうか」

「そうね、それよりも、寝そべって、ビールを飲んで、お喋りしたい気分なの、つき合ってくださる?」

女は、その状況がどのようなものか、まったく寸借なく口にした。

俺は、女が望んでいる状況が、どのようなものか理解するのに、数秒の“間”を必要とした。

「貴女も時間があるなら、俺の方は大丈夫ですよ」俺は、ようやく答えた。

なぜか、“僕”から、“俺”に一人称が変わっていた。

女の話し方から、性的なニオイは一切感じなかった。

俺は、それで良いと思った。

トンデモナイ爆弾女から、逃げ出してきたばかりなのだから、寝転ぶだけで充分だった。

「裏の方に行けば、ホテルがある筈だから……」女は躊躇うことなく歩を進めた。

女に主導権を握られているようだったが、このいっときが、女の唯一の自由だと思うと、下男や下僕の役を演じるのも、お洒落だった。

女は、幾つかのラブホテルを通過した。目当てのホテルがあるような歩き方だったが、余計なことを言わずに従った。

「ここが良いわ」女は歩みを止めた。

“旅荘市松”、小洒落た割烹のような小さな看板の前で立ちどまった。

その割烹風旅館は、入り口から玄関までの飛び石は“筏打ち”と云う特殊な敷石で目を愉しませた。

そして、丁寧に打ち水がされていた。

どこか“一見さんお断り”という言葉が浮かんだが、女は意に介せず、ずんずんと玄関に歩を進めた。

カラカラと台車の音が響く、市松模様のガラス引き戸を開けた。明治時代に時間が戻ったような気分だった。

「いらっしゃいませ」七十代後半と思われるうりざね顔の女が、応対に出てきた。

視線の強い女性だった。

「初めてですけど、宜しいかしら?」女も、“一見さんお断り”を想定していたらしく、丁重な物言いをした。

「えぇ大丈夫です。4時間単位で、前金一万円になっておりますけど、お宜しいかしら」

女は、客よりも物理的に上段から目線で、格上な雰囲気の話し方をした。

俺は幾分ムッとしたが、シャネルの女は意に介さずに、バーキンのバッグからおもむろに、朱色の財布を出し、一万円札と千円を女に渡した。

「一万円ですけど」

上から目線のうりざね女が、一枚の千円札の扱いに迷った。

「えぇ、わたくしの気持ち。おタバコ代ですけど、お受け取りになって」

シャネル女のささやかな反撃だったが、考えてみれば、彼女も客商売をやっているのだから、このような駆け引きは、手慣れているのかもしれなかった。

うりざね女は、口の中で“恐れいります”呟き、スリッパを出した。そして、二階の部屋に粛々という態度で、案内した。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

pero-64.png


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR