FC2ブログ

あぶない女 20


第20章

俺は、女の誘いに乗って、初めてのコリアン街の散策を愉しんでいた。

女の下男を演じて、買い求めた品々が乱雑に入ったビニール袋をぶら下げ、三歩後ろに従っていた。

女は、大量に買い求めた肉や野菜は、今日中に届けてよと、店員に言いつけていた。かなりの馴染客のようだった。

その購入行動から、家庭の食料品の買い出しは思いつかなかった。女が、食物屋の買い物をしているのは明らかだった。

「終わったわ。買物助手がいると、こんなに楽だとは思いもしなかったわ」

「いや、僕も初めて、この街の空気が味わえて、有意義でしたよ」

「まあ、有意義だなんて、大袈裟よ。でも、貴方は、あまりにも多くの買物をする女だと、怪しんでいるんじゃないの?」

女は、俺がぶら下げているビニール袋を半分奪い取ると、揶揄っているにしては、色っぽい目で微笑んだ。

「途中から、これは家庭の買い出しではないなと思ったよ。あまりの量だからね」

「分かるわよね。50人住んでいる家族なんているわけないもの」

「そう、精々5,6人で多い方だろうからね」

「今日買ったのは、二日分のお店の食材。なに屋さんか、察しもつくでしょう?」

「貴女からは想像しにくいけど、買ったものを見ている限り、焼肉屋さんだけどね」

「そう、私は、焼肉屋の女将さん」

「へぇ、それはお見逸れしたな。貴女と焼肉屋さんを結びつけてイメージ出来る奴はいないだろう」

「家と云うか、お店から離れた時だけが、私の時間なのね。だから、日常と違う自分を味わえる、唯一の時間なの……」

「お店は、お一人で切り盛りしているの?」

「いえ、家族総出よ。もっとも、最後まで仕事をしているのは、私だけだけどね」

「途中から、家族は抜け出してしまう。そう云うこと?」

「それなら、清々するけど、店で酔い潰れてしまうの、ふふふ、ホント酷い父と兄なの」

「店の酒を飲んじゃう、そういうこと?」

「お酒は、お店のものだけど、お代はお客様持ちだから、正確には、お客様のお酒かしら……」

「面白いね。じゃあ、お父さんとお兄さんは、ホストみたいなものだ」

「ホスト?とてもそんな風には見えないわね。街のチーマーと、そのなれの果ての祖父さん、そんな感じにしか見えないけど……」

女は、店で酔い潰れる父親と兄の姿を、目に浮かべているように遠くを見つめた。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

pero-75.png


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR