FC2ブログ

あぶない女 18


第18章

「随分、お疲れのようですわね」女は、揶揄ように、声をかけてきた。

偶然に過ぎないのだが、シャネル・スーツの女が、肩越しに火を提供したことに、ひとま開けて気づいた。

あの時同様、シトラスの香りが鼻腔をくすぐった。

「あぁ、どうもありがとうございます」俺は、女の揶揄には反応せず、ありきたりの礼を丁重に返した。

「そちらの席に、移っても構わないかしら?」女は、俺の返事など、どうでもいいといわんばかりに、自分のテーブルに出ていた紅茶のカップを手早く移動した。

そして、俺の正面に落ち着くと、脚を組んだ。

ひざ丈のタイトなスカートから、誘うように肉感的太腿が半分ほど露出して、俺に挑戦状を突きつけているようだった。

俺は、絶対に、女の下半身に視線を向かわせないように、強く自分に言い聞かせたが、自信があるわけではなかった。

「新宿から、ご一緒でしたわね」女は、断定的に話した。

たしかに、俺は、女の小気味好い尻の動きに誘われて、山の手線の外回りに乗ったのは事実だった。

しかし、そのあと、同じ車両の、ひとつ間を置いたつり革に、透き通るような指先をあて、接近したのは女の方だった。

しかし、その後の経緯から行くと、偶然に過ぎないが、俺が女を追って、ルノアールに入ったと云う結果論が残った。

「すみません。あまりのプロポーションに見惚れて、誘い込まれてしまいました」

俺は、悪戯を見つかった子供のように、意識的に、素直に自白した。

その方が、好意的流れの展開が期待できた。

そして、この俺の意図を察した女が、同じような目的であれば、話に乗っても良いわよと、調子を合わせてくれるかが勝負どころだった。

「あら、随分素直にお認めになるのね?」女は、満足そうに、ティーカップに口をつけた。

「そう。つまらない意地は張らないことにしています」

俺にしては、相当に皮肉な口元をつくって、答えたつもりだった。

「意地や見栄を張らない男って、ときに、意地汚くも見えますけど」

女の方も、かなりの皮肉を籠めた言葉で応じてきた。

「いや、本当のことを言っただけで、特別、いま、貴女に意地を張る必要はないのかな、と思いましたからね」

「あら、だったら、意地とか見栄を張りたくなるような関係になれば、貴方の態度が変わるってことかしら」

そこまで話して、女は初めて煙草のパッケージをバックから出した。

渋いブルーのバックは、おそらくバーキンだった。きっと、200万前後するのだろうが、持ち慣れた雰囲気があった。

「変ったタバコですね?」

俺は、女の手から、パッケージを取り上げて、名前を確認した。

BEVELという銘柄の煙草だったが、見たことも聞いたこともない。

「これは、ベヴェルと読むのかな?」俺は、丁重にパッケージを女の手に戻した。

「外国たばこのようだけど、JTの製品なのよ。一本、お吸いになります」

女は、グレーっぽい細身のパッケージを、バッグに戻さずに、差し出した。
つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

pero-82.png

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR