FC2ブログ

あぶない女 17


第17章

ホームに降りた人々は、足早に目的地に向かって、歩きだしていた。

俺には、目的地がないのだから、急ぐ必要はなかった。

しかし、だからといって、いつまでも、ホームに佇んでいるわけにもいかなかった。

そぞろ歩きの旅でも愉しむつもりで、階段に向かって一歩目を踏みだした。

山の手線では珍しくなったが、ホームは一面2線の高架駅だ。エスカレーターなどと云う洒落たものはなく、昔ながらの階段があるだけだった。

昔から、駅前にコリアン・タウンが拡がっている街と云うことは判っていたが、駅舎に関しては山の手線駅としては冷遇されている印象があった。

しかし、“三丁目の夕日”モドキの駅舎と思えば、ノスタルジックな趣もあった。

疲れたわけではないが、階段を一歩一歩昇りながら、先ほどの爆弾女敦美のことはすっかり忘れて、シャネル・スーツに包まれた女の女体に、妄想を膨らましていた。

あの女は、どこの駅まで行くのだろうか。

外回りに乗っていたと云うことは、下町が続くわけだから、そのどれかの駅に降りるのだろう。場合によると、京浜東北線や常磐線と云うことも考えられた。

しかし、あの服装で、遠くまで帰る雰囲気は感じなかった。

やはり、池袋と見当をつけるのが妥当な気がした。

場合によると、その前の目白と云うこともあるなど、愚にもつかないことを考えていた。

階段の中ごろまで昇った時、俺の耳は、ヒールの音を背中に捉えた。

……どこにいたのだ?……

幻聴ではない背中に貼りついたヒールの音を、確実に受けとめた。

ホームに、女が隠れるような死角があったとは思えない。

走り去る電車の窓に目を凝らしている間に、その女は陽炎のように、降りていたのだ。

爆弾女と別れたばかりの俺は、爆弾女が変身して、追いかけて来ているような、錯覚に陥った。

女のヒールの音は、いまにも、後ろから襲いかかるような迫力で接近した。

俺は、まさに襲われる瞬間と思われる間合いで、歩みの道筋を中央から、左側に移した。

こうなると、女は、俺の右側を通過しなければならない筈だった。

一瞬、ヒールの音に戸惑いの間があった気がしたが、女は何事もなかったように、俺を追い越して行った。

俺の四肢は、一気に弛緩した。そして、思いもしない汗が、背中を走った。

余程の緊張が五体を強張らせていたのだと、半ば呆れながら改札を出た。

理屈抜きに、アイスコーヒーが飲みたかった。そして、カウンター席で良いから、煙草を吸いたかった。

喫煙者に親和性の強い喫茶店なら“ルノアール”だった。

主だった山の手線の駅前には、その“ルノアール”があるはずだった。

キヨスクで煙草を買い求め、お姉さんに“ルノアール”の場所を聞いた。

大久保通りを、新宿方面に歩くと、風月堂の次のビルに入っていると云うことだった。

急ぎ足で、ルノアールに飛び込んだ。

何も考えずに、アイスコーヒーを注文して、眼鏡をはずして、おしぼりでオヤジらしく、首筋を拭いた。

煙草には、まだ火をつけずに咥えていたが、スッと細い腕が目の前に伸びた。

カルチェの燃えるような漆塗りのライターが小気味よく炎を上げた。

何ごとかが起きていたが、俺は、それを考える前に、その炎の中に、煙草の先を向け、大きく吸い込んだ。
つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

pero-46.png


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR