FC2ブログ

あぶない女 16


第16章

人の流れにつき合っているうちに、俺は改札口までたどり着いていた。

次々と新たな人の波が、押し寄せていた。

流れに逆らって出口に戻る気力がなかった。

勢いで一区間の乗車券を買った。

山の手線、代々木に行くか、新大久保に行くか、どっち道、ただ、戻って来るだけなのに、不必要に迷った。

気がつくと、時代がうしろにワープしたようなシャネル・スーツの女の尻に誘われて、山の手線の外回りの階段を昇っていた。

此のままだと、降りる駅は新大久保だった。

考えてみると、新大久保と云うJRの駅に降りた記憶がなかった。

記憶にあるのは、電車の窓から眺めた通過駅に過ぎなかった。

街の印象は、好ましいものは少なかった。

車で通り抜ける時などは、当たり屋に遭遇しないよう気を引き締めるような街でもあった。

コリアン・タウンに特別の印象はないが、新宿歓楽街と地続きだけに、猥雑な雰囲気がある街だった。

コマコマしたラブホテルと、売春婦、男娼の多い街。最近では、在日ヘイトスピーチの被害に遭い、韓国系の店が撤退した後に、イスラム圏の店が増えていると云う話は聞いていた。

一度くらい、新大久保の駅に降りてみるのも、後学の役に立つだろうと、滑り込んできた電車に乗り込んだ。

気がつくと、先ほど見かけたシャネル・スーツの女が、つり革を一つ隔てて、同じ車両に乗っていた。

ヒールを履いているのを差しい引いても、背丈は170センチ前後の長身だった。

俺よりも5センチ程度しか低くない。

横顔を盗み見ただけだが、かなりの美貌の持ち主だった。

女体の方は、先ほど観察したので、申し分ないのは分かっていた。

ヒップに張りがあり、肉厚だった。

ウェストのくびれも、ヒップを際立たせていた。

タイトなスカートに隠れている太腿もはち切れそうだった。

そして、ほどよく脂肪と筋肉がついたふくらはぎは、ギスギスしさを撥ね退け、女の柔らかさをも、表現していた。

いつもなら、平気で“お洒落ですね”などと声を掛ける俺だったが、そういう気分ではなかった。

敦美と云う爆弾女に出食わして、ようやく逃げてきたばかりでは、流石の俺も、疲れていた。

それに、間もなく新大久保に着いてしまうのだから、手も足も出せるわけがなかった。

僅かに電車が傾き、大久保駅のホームに滑り込んだ。

今日は、どんな状況でも、女に縁のない日だ等と大袈裟な気持になりながら、ホームに降り立った。

せめて、そのつり革の女に、笑顔で手でも振ってやろうと、車内に目をやると、女の姿は消えていた。

なんだ、座ってしまったのか。

それらしい影を、窓越しに確認したが、動きだした電車の窓は、確認出来るほどノンビリと走ってはくれなかった。
つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

pero-70.png


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR