FC2ブログ

あぶない女 15


第15章

「なら、君が一人で残るんだな、それは勝手だ。電話しておくからさ」

「いやっ!アンタも一緒」敦美は急に落ち着きを失い叫んだ。

「うるせ~!」俺は平手で敦美の頬を一発、思い切り引っぱたいた。

「さあ、着るんだよ。さっさと着ないなら、もう一発」俺が腕を振り上げると、敦美が逃げるようにベッドから飛び降りた。

「さっさと着るんだよ」ノロノロと下着を着ける敦美を怒鳴りつけた。

そうして、俺は漸く、敦美をホテルの外に引き摺りだした。

「今夜はお仕舞だ。俺は電車だけど、君はタクシーか」

「ねえ、ホントに駄目なの、もう一回」

「薬をやめるんだな、本当の君なら抱きたい。でもな、今の君は、本当の君じゃないからな」

「何言ってんの、チャンと私だよ……」

「違うんだよ、兎に角、薬をやめろ。俺が言う言葉はそれだけだ」

「ねえ、悲しいよ……」

敦美が道端でしゃがみ込んだ。

俺は必死で無視した。

これ以上、敦美と云う麻薬中毒者とつき合うことは、危険すぎた。

しゃがみ込んだ敦美の背中は、気の毒なくらい憔悴していた。

見捨てて立ち去る踏ん切りがつかずに、俺は立ち往生していた。

しかし、一時の感情が命取りになることがあることも判っていた。

自分の女房を引き留めておくために、薬漬けにしようとする亭主のいるような女とのつき合いは、危険の抱え過ぎだった。

「じゃあな、やめろよ」

俺は言い放つと、乗ってきたGTRを横目に、新宿駅の南口に足早に向かった。

・・・・・・クソ!何てこった。女を置き去りにして、逃げるようにするなんて、俺じゃないよな・・・・・・。

・・・・・・もう少し優しく宥めるべきだったのかもしれない。しかし、アイツを車に乗せるのは絶対にヤバイのだから、仕方がないじゃないか・・・・・・。

俺はブツブツ心の中で呟いた。

理屈上は、俺の取った行動は妥当だった。ただ、自分らしい選択だったかと言えば、そうではない事が、気持ちの中でわだかまっていた。

いく当てもなく、俺は、人の波の中に身を沈めた。

二度と会うこともない女に、後ろ髪を引かれているのが、腹立たしかったが、今さら振り返るわけにもいかなかった。
つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

pero-79.png

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR