FC2ブログ

終着駅7-3

第7章―3

「圭、今まで女のバギナ見たことあるの?」

「ない。見たのは写真だけだよ」

「私の見たいかな?」自分で話しながら、顔が火照るのを感じたが、もう引き返せないと思った。

「なんて返事したら良いのかな、凄いパンチの効いた質問だよ。あまりにも決まりきった答えを、答える。意外に辛いもンだね」

「そうかあ、それもそうだね。じゃあ、私が見てもらいたいってのは、どうよ?」こうなれば、引くわけにはいかない。私のあそこを、とことん圭に見せて、その機能を克明に教えよう。そうすることで、圭の女へのヘタレの一部は解消するかもしれない。カウンセリングの一環と受け止めれば、理にかなっている。文句あるか、私は開き直っていた。

「じゃあさ、シャワー浴びて綺麗な私を見せたげるよ。でもさ、アンタが出したものが、途中で出てきても、それはアンタの所為だからね」私は言い捨てて、バスルームに向かった。

“気持ちが良い”男を思い通りに扱うことが、こんなに爽快なものだと、初めて気づいた。

私は、常々思っていたが、精液と云うものは、意外に洗い流すのが難しい。手に受け取った精液でも、かなり執拗に肌に纏わりついている。まして、複雑な膣内に放出された精液の排出と洗浄は簡単ではない。

 ビデと云うバギナ用のウォシュレットのようなものもあるけど、あれも現実は気休めに近かった。膣口も膣もポカンと口を開けているのなら別だけど、そうでもない限り、膣の奥に放出された精液が、洗い流せるわけはないと思う。

そうでなければ、妊娠の為に放出した精液の役目は半減するに違いない。執拗な粘着力は、妊娠のために、きっと欠かせない精液の特長なのだと思った。

 そんなことを考えながら、最終的には無駄だろうけど、中指を膣内に差し込み、掻きだしたつもりだけど、結果がどうなるか自信はなかった。多分、外観に関しては合格、いざとなったら、“アンタのものでしょう!”と怒りだせばいい。私は、奇妙な納得と開き直りを抱えて、バスルームを出た。
つづく

応援ありがとうございます!
すごく励みになります。

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
アダルトブログランキングへ

P1010252jj.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

なかなか

本気で書いていますね。FC2に多いエログロ体験ものとは、毛色が違って面白そう。更新が毎日ではないのが、欠点かな?写真もオリジナルなようなのでグッドですね。御検討祈ります
プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR