FC2ブログ

君が殺される可能性がある あぶない女118


第118章

まだ、敦美の携帯は話し中だった。

「くそー」俺は、携帯をシートに投げだして、走りだした。

20分ほど走って、もう一度携帯を鳴らしたが、まだ話し中だった。

敦美の携帯にキャッチホーンを機能させる必要があると思ったが、今の今には役に立たない話だった。

家に着いてしまった。

もう一度だけの気分で、携帯を鳴らした。

ノホホンとした敦美の声が返ってきた。

「ずいぶん長い話中だったぞ」

“友達の中に、片山の第三の女の存在を知っているかどうか、訊ねていたの”

「それは、今夜はやめておいてくれ。詳しいことは、明日話すから、それまでは“片山ノート”探しはやめておいてくれ」

“どうして?“

「どうでもこうでも構わないけど、休止だよ。下手すると、君が殺される可能性があることに気づいたンだよ」俺は大切な顧客に対して乱暴に話した。

“どういう風に?“

「だから、明日説明するから、それまで、もう、電話も、それ以外の行動もしてはいけない。そういうことだよ」

“わかった……”敦美は不満そうだったが、俺の剣幕に、“片山ノート”探しの休止を受け入れた。

先ずは止まった。

しかし、不承不承納得した訳だから、早々に、その理由を説明しなければならなかった。

話の成り行きから、寿美も登場させざるを得ないかもしれなかった。

寿美と俺の関係を知った敦美はどう出るのだろう。

寿美は、敦美と俺の関係を知っている。そして、その関係を容認したうえでつき合っているのだが、寿美と俺の関係を知らない敦美が、どのような態度に出るかは未知数だった。

敦美に、寿美との関係を知られずに、物事を進めていくのがベストだが、敦美の行動を制御するには、説得力のある話が必要だった。

少なくとも、“片山ノート”を、敦美が直接探そうとする行為は、思いとどまらせる必要があった。

それでは、誰が“片山ノート”を探すのか、敦美は、そのように聞いてくるに違いなかった。

そう、俺は、その説得力ある手段を、敦美に提供しなければならないのだ。

片山のノートを探すことを、敦美も俺も諦めるべきだった。なぜなら、“片山ノート”を我々が手に入れたからといって、その利用方法がわからなかった。

仮に有効な利用方法が判っていても、それを利用することは、犯罪に直接結びつくことで、話にもならないのだ。

つづく






片山ノート探しは危ない あぶない女117


第117章

その夜遅く、俺は敦美の部屋を出た。片山亮介の愛人に関して、俺が考えることは殆どなかった。多くは、敦美の勘と記憶に任せるだけだった。

帰路のGT-Rのバケットシートに深く身を沈めていた。

“しかし、敦美が、片山ノート探索で、どのようなかたちであっても、愛人たちに接触することは、更なる危険を抱えるリスクがあると思った。

寿美とは、敦美の15億円の資金運用にひと口乗せる約束をしてしまっているので、ことは複雑だった。

寿美は、場合によっては家族を売ることまで考えていた。

ただ、片山亮介殺人事件には多くの犯罪が含まれている可能性が濃かった。殺人事件関連、麻薬関連、公安関連……。

つまり、寿美が考えるような単純な事件ではなくなっている可能性が濃かった。現役を退いた俺が関係すべき事件ではなかった。

寿美がどんなに努力をしても、彼女の家族たちの麻薬を密輸した罪が消えることはない。

5年や10年は刑務所暮らしになる可能性は高かった。ただ、警察は、片山のノートなしに、彼らを逮捕するには、決め手がない点で、捜査方針に曖昧さがあるだけなのだろう。

片山亮介を誰が殺したかも重要だった。

寿美の家族らと、覚醒剤絡みの取引の取り分で、揉めていたことも想像できる。

ただ、寿美は、家族が、片山を殺害したとは考えていないようだった。

本来、寿美の家族も、殺人事件における重要参考人になり得るわけだが、彼女なりに、家族が殺人犯でないと云う根拠を持っているのだろう。

単純に考えれば、寿美の家族たちは、“片山ノート”を入手することで、覚せい剤の入りと出で、収入は何倍にも増えるという状況証拠はあった。

彼らが、直に手を掛けていないとしても。片山を殺す重大な動機が寿美の家族にはあった。

敦美の15億円の資産の運用で得る儲けの一部を寿美が欲しがる話と別次元で、彼女の家族には、重大な容疑がかかっている。

仮に、彼らが片山を殺した動機が、“片山ノート”だとすると、敦美が、そのノート探しに奔走することは、ひどく危険な行動だった。

敦美の携帯を鳴らした。

話し中だった。

“まずい、敦美は、“片山ノート”探しを、早速、始めてしまったのかもしれない“

片山の愛人のことを知っているのは、敦美だけとは限らないのだ。寿美の家族たちも、その情報を得ていれば、片山の愛人たち周辺を、既に嗅ぎ回っている可能性があった。

そこに、ノコノコ敦美が出ていったら、その目的が“片山ノート”を探しているに違いないと、気づいてしまうだろう。

このまま敦美が不用意に、片山の愛人たちと接触して“片山ノート”探しを悟られてしまえば、寿美の家族たちも、それを知ることになる。

仮に敦美が“片山ノート”を入手できたとしても、その瞬間から、敦美は、寿美家族の最高のターゲットになるということだ。

先ずは“片山ノート”探しをやめさせなければ。

つづく






下着をつけていない敦美のお尻 あぶない女116


第116章

危険の共有で興奮した二人は、隣室のカップルのことを忘れて、二度目の快感を味わい、身体を横たえていた。隣のカップルが、我々に刺激されて、営みを再開する様子はなかった。

「しかし、俺たちにとって不要なノートなわけだから、あったら、すぐにでも彼らにくれてやれば良い話なんだけどね」

「そうなのよ、そのノートさえ見つかれば、もう、彼らとの関係はなくなるわ」

「警察が家探ししたのだから、まず、君のマンションになかったのは確実だな。おそらく、会社の方も徹底的に調べたろうから、そこにもない……」

「そうなると、女のところと考えるのが一番よね」

「君は、その片山の愛人たちって、具体的に知っているわけ?」

「二人の女のことは知っているわ」

「愛人は、そのふたりだけなのかな?」

「三人はいるのよね。もう一人が誰なのか、私も知らないの」

「しかしさ、旦那は、そもそもは、君の財産狙いだったわけだろう。つまり、まだ君は、旦那に金を渡しているわけじゃないのだから、旦那は、どうして、そんなにまで金回りがいいのかな?」

「そんなこと、深くは考えていなかったわ。月々の生活費も貰っていたから、それ以上は、片山の財布のことなんて、考えなかったもの……」

「そうなんだろうけどね。冷静に考えたら、ずいぶん稼げる男になったものだと、感心しても良さそうだけど、まぁ敦美さんってのは、そういう人だからね」

俺は苦笑いをしながら、まだ下着をつけていない、敦美のお尻に手を回した。

「馬鹿って言うのかな、無関心っていうのか、他人にあまり興味が持てないの。興味があったのは、父親くらいのもので、あとの人の輪郭は、いつもぼやけていたわ」

「だからといって、君は、自分にも、それほど興味があるようには見えないんだけど、自分には興味があるの?」

「……どうなんだろう。これからどうしようとか、将来はどうなるのか、どうしたいとか、あまり考えないからね。その時々というか、精々これからの一年くらいは、どうなるのかな、そんな感じだよね……」

「まぁ、だとしても、君が思い出さない限り、ノートの所在をたしかめるす方法はなさそうだ。そして、その片山ノートは、ある一定の人間たちにとっては、殺人を犯しても入手したいものであったりする。ただ、我々にとっては、そんなノートは一文の価値すらない。きっと、麻薬の密売関係者にとって、何億もの価値がある、そういうことなんだろうな……」

「そうか、私たちにとって、二束三文の古ノートが、あの寿美さんの家族たちのような人たちからすると、何億円にもなるわけか……」

「まぁ、そのノートは、犯罪を犯す覚悟があれば、何億円もの価値がある、そういうことだね」

「そうか、少し真剣に思い出してみようかな。ふたりの愛人の身元は判っているんだから、確認する手はあるかも……」

「そうなのか、だったら思い出してみてよ。その片山ノートは我々にとって価値はないけど、それが見つからない間、我々には危険がつきまとう、そういう代物ってわけだからね。場合によっては、我々の安全の保証書になるノートだからね」

「頑張ってみるよ。まずは、ふたりの愛人から探ってみるよ。二人の関係から手繰っていけば、もう一人も、絞り込む自信あるんだよね」

つづく






火種が残った身体を重ねて あぶない女115


第115章

“研報社の上野です。いま話しても良いですか”

研報社の上野?一瞬、誰だろうと思ったが、先日、ジャズバー静であった上野だと気づいた。

“実はですね、殺された片山って男は、新宿中心に青山六本木界隈の覚醒剤関連の元締めだったようなんですね。主に、北朝鮮ルートに強かったのですが、東京都内では、三本の指にはいる販売網の中心人物だったようです。”

「まさか、元締めと言っても、入りの方なのか、出の方なのか」

“販売の方ですね。膨大な顧客データを保有していたらしく、その所在探しで、警視庁も本格的な捜査に乗り出しているようです。政財界芸能界の顧客データですからね、公安や麻薬取締班と殺人事件捜査班が入り乱れた乱戦になっている模様ですよ”

「入りは、北朝鮮ルートということか……」

“そのようですが、そちらの捜査は、後回し、そんな感じの警察の動きです」

「そうか、上野さん、俺の方に、入りのルートに心当りがあるからさ、その辺の情報を提供出来るかもしれない。まあ、少しばかり整理整頓した上で話すけどね……」

“それは有り難いですね。ただ、北朝鮮ルートとなると、かなりヤバそうですけどね”

「うん、そうだね。その辺は、深追いは禁物だけど、週刊誌ならではの書きっぷりは出来るだろうから……」

数日中に、“ジャズバー静”で会う約束をして電話は切れた。

「今の電話、片山の話なの?」

「あぁ、昔の仲間たちが、片山氏の商売に深く興味を持っているらしくてね……」

「それが、どうして貴方に関係してくるの?」

「蛇の道はヘビってことかな」

「でも、もうそういうルポとかの仕事はやめたんでしょう?」

「やめたよ。ただ、昔のよしみというのか、君が監禁されていた時に、彼らから情報を貰った都合で、俺が何となく何となく片山殺害事件に関わっているように思われている、そんなところかな……」

「それって危なくないの?」

「そりゃ大丈夫だよ。俺が知っているのは、殺された片山という人の奥さんというだけだからさ」

「それって、大丈夫のうちに入らないんじゃないの。だって、私は、その片山が持っていた筈のノートが原因で監禁されたのよ。だとしたら、知らないうちに、関係者の一人になってしまっているのかも……」

「大丈夫だよ。彼らは情報を大切にするからね、君を監禁した連中と情報交換することはありえないからさ」

「そうなのか、だったら良いんだけど、あの家族は凄く危険なんだから、私は怖いわ……」

「でも、君は、監禁されている時も、解放されてからも、その家族という人達を、それほど怖れているようには思えなかったけどな……」

「それはたしかに、昔の友達だからね、怖いという感情はなかったわ。でもね、片山が、麻薬の密売で重要な地位を占めていて、彼らにとって重大な情報を隠したまま死んだとなると、最期には、必死になって情報を取りにくるはずなのよ……」

「その情報が、片山ノートってことになるのかな?」

「そうだと思うわ。ただ、押収されたパソコンに情報はなかったし、片山ノートもなかったわ。片山が、どこかに隠してあるのだと思うけど、自宅ではないのはたしかね。」

「その事実を、その家族は知らない。だから、君が危険だし、君と関わる、俺も危険、そういうことかな?」

「そう……」

敦美が、まだ火種が残った身体を重ねてきた。

つづく






滑りに満ちたヴァギナの中 あぶない女114


第114章

俺は乱暴に敦美のワンピースの裾をまくり上げ、パンティーを剥ぎ取った。フワッと女の匂いが鼻腔をくすぐった。

“あっいいよ。その調子で頑張って。もっと奥の方でジッとしてて。動かなくていいの、あっあっ、そうそう、すごくいいよ”これも隣の女の声だ。

敦美の滑りに満ちたヴァギナの中に、俺は手荒く二本の指を挿しいれた。敦美の滑りは、膣奥にまで充満していた。愛撫を重ねるうちに、手の平は、敦美の愛液で満たされ、その行き場を失っていた。

俺は緊急避難な気分で、敦美の身体から剥ぎ取ったパンティーで平を拭い、あらためて、膣内の愛撫に向かった。

一度指を抜き去った敦美のオマンコは、精気を取り戻し、いや、逆に息吹を吹きこまれたように、緊張と弛緩を繰り返していた。

この感覚を、俺はペニスで味わいたいと思った。

手早くジーンズを脱ぎ去り、敦美の様子を見ることもなく、勃起を突き刺した。

「あっ!」敦美が大きな声を上げた。当然、お隣さんに聞こえるほどの声だった。

“いい、いい、いい。アツシ好きよ、もっと強く突いて突いて……”

俺も、隣の女に命じられるままに、一気に敦美の膣奥に達した亀頭を、子宮頚に向けて突いた。

「あっ、あっ、あっ。凄い凄い、乱暴で凄い」敦美は隣の声を忘れたわけではないだろうが、無視するような声で答えた。

“イクよ、イクよ。一緒だよ、アツシ!”

“イクぞ、イクぞ、まみ、まみ”

あきらかに肉の当たる音が聞こえてきた。その肉の音がしている間、こちらも肉の音を立てても構わないように思えた。

あまり好きな体位ではなかったが、敦美を四つん這いにさせて、後ろから激しく腰を打ちつけた。腰を打ち続けるためには、勃起が充分な硬度を維持していなければ、直ぐに抜けてしまう。

抜けては興ざめだ。しかし、厚みのある敦美の尻の肉は弾力があり、手ごわかった。

しかし、今夜は、他人のセックスの声をおかずにしている所為か緩みがなかった。

鈍く肉の当たる音が、薄い壁を通じて、奏であった。

男どもは、その状況を察知して、隣よりも先に果てては、男の沽券にかかわると競争と興奮が入り交じった。

女たちも負けてはいなかった。

いい、いいとか。もっと、もっととか。サイコー、サイコーなどと、口から出まかせな単語を捲し立て、時折悲鳴のように甲高い声を隣室に聞こえるように発していた。

敦美はセックスに堪能したのか、ただ疲れたのか、気怠くベッドに横たわったままだった。隣室の女も、同じような姿勢でうっぷしているのかもしれなかった。敦美や隣室の女たちが、芯から性愛に満足したかどうかは、本人たちでもよく理解はしていないような気がした。

その時、携帯が鳴った。敦美と俺、隣室の女と男の性の競演が終わるのを待つように、その電話は鳴った。

つづく






プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR