FC2ブログ

ヴァギナの襞の蠢きを あぶない女107


第107章

言葉を投げつけた寿美は俺の上に跨っていた。

一心不乱に腰を揺すり上下させていたが、アクメに至ることを制御するように動いた。

オーガズムの頂点を敢えて遠ざけるような休息を、寿美は俺の身体の上でとっていた。

男が、セックスの最中に、射精寸前で、一時の休息を取る技は知っていたが、女の中にも、そのような技を駆使する寿美の忍耐に感服しながら、その行為に応じていた。

なぜ寿美が、そのような行為を注意深く行うのか、理由はわかるようで判らなかった。

俺が、寿美のヴァギナの襞の蠢きを、敏感に受け入れてしまえば、一瞬で果ててしまうわけで、寿美の努力は消えるものだった。

ただ寿美は、俺が、寿美の動きに呼応して、果てるような男ではないと信じ切って結合しているのが判った。

裏切ることも可能だったが、その裏切は、寿美との別れを暗示しているようにも思えた。

寿美とつき合うことに、どれほどの意味があるのか判らない。いつ別れても、特別の問題はなかった。ただ、女の行為に応じられなかった男を演じるのが嫌だった。

寿美と云う女は、そのことも計算の中に入れていたというか、そういうことの出来ない男だと見抜いているような感じだった。

寿美と云う女が判らなかった。

父親や兄弟の企みをばらして、どのような得があるのか不明だった。家族の犯罪を、抑止しようとしていると云う風でもなかった。

素直に聞いていれば、そういう家族の企みがあるから気をつけて、そのようにも受けとめられた。

しかし、今、俺の身体を跨いで結合しているヴァギナから、そのような優しさは微塵も感じることは出来なかった。

寿美の休息中のヴァギナは怒っていた。激怒しているわけではなく、冷やかに怒りを蓄えているだけだが、突き飛ばして逃げ出せない、氷のような冷たい怒りだった。

「よく我慢してたわね。やっぱり、私が好きになったのは間違いじゃなかったわ。最後だから、もう少しつき合ってね」

寿美は、一旦腰を引き、俺の身体から離れた。そして、僅かな休息を挟んで挑んできた。

今度は休まなかった。

寿美は叫びながら腰を思いっ切り俺に打ち当てた。何処が、どのように当たっているのか判らなかったが、キリキリと引き締まってしまった寿美の膣道の中で、俺の勃起は悲鳴を上げていた。

勃起が膣道を攻めているわけではなく、膣道が、勃起の亀頭を攻めていた。濡れているような濡れていないような寿美の膣から悲鳴のような音が聞こえた。

俺は、亀頭が裂けるような感覚で、寿美の膣道の緊張に堪えた。相当の痛みがあったが耐えた。

ぐいっと寿美の腰が俺の細い腰を押さえつけ、オーガズムを迎える、何時もの寿美のヴァギナの感覚が伝わってきた。

俺も、その動きに呼応して、亀頭の先端を、子宮頚部に突き刺す態勢で、女体の腰部を抑えつけた。

「イク!」寿美が叫びながら、更なるヴァギナの引き締めに興じた。

亀頭部から血がほとばしってしまったような感覚で、俺は射精した。

寿美の感覚がどのようなものだったのか、知るすべはなかったが、身体を動かす気配はなく、跨ったまま、余韻を愉しんでいるようだったが、どこかに、悟りに入った仏僧のような迫力が秘められていた。

つづく






お金ではない部分で満足している あぶない女106


第106章

「ビール、私にもちょうだい」寿美も、自分の家族の理不尽な企ての話題から抜け出すきっかけを探しているようだった。

「それにしても、君は、こんな話を、どうして俺にしてしまうわけ」寿美に缶ビールを渡しながら尋ねた。

「そうね。出来たら、兄たちの悪巧みを未然に防ぐ方法として、何か貴方に考えて欲しかったのかも」

「何とか終息の道はないものかと?」

「そうかもしれない。でも、自分でも、なぜ話しているのか、理由はあまりハッキリしないの……」

「まぁ、敦美さんが、君の兄さんたちの要求に理屈があるのなら、俺に5億円分を、別の人間に運用させるようにすれば良いだけだからね。筋が通っていれば、話は簡単だよ。ただ、敦美さんが、君の家族の要求を、俺には話すかどうか、そこは判らないからね」

「私は、敦美のお金なんてあてにしていないわ。自分で生きていくだけの甲斐性はあるもの。問題は、家族たちは、生きるのがやっと状態だから、そこが怖いの」

「そういう問題って、敦美さん次第なんだよね。おそらく、彼女が、君の兄さんたちを信用していない場合、俺がいなくなっても、お兄さんたちにお金を預ける可能性はゼロだと思うけどね」

「そうよね。貴方と云う人を排除しても、つぎつぎと貴方のような人を雇うでしょうから……」

「残念だけど、そうなるだろうな」

「そうなの。それに敦美を殺しても、それ程の現金持っているわけじゃないでしょうから、手に出来るお金は僅かなんだから……」

「俺を殺しても、同じことだからさ。数か所のファンドと信託銀行に金は預けてあるからね、小遣い銭にもならないよ」

「金持ちって、どこまでいっても旨い具合に回っているものね。大金持ちは、小銭しか持っていないってわけなのね……」

「そうだね、敦美さんに渡す金は、彼女の生活費の範囲だから、10万程度だよ」

「10万。それって少な過ぎよ。敦美に成りかわって文句言っても意味ないけど」

「半月ごとに渡すから、そんなもんだよ」

「それで、金主の敦美は文句言わないわけ」

「少なくとも、いま現在、文句は出ていないけど」

「そう、お金なんかいらないくらい、彼女は満足と云うことね」

「さぁ満足かどうか、直接聞いたわけじゃないけど、文句があれば雇い主なんだから、何でも言えるはずだよ」

「だから、お金ではない部分で満足している、そういうことよ」

寿美は、どこか不機嫌に言葉を投げつけた。

つづく






子宮頚にめり込んでいる あぶない女105


第105章

寿美の表情から、快楽は読み取ることが出来なかった。むしろ、苦痛に耐えている表情が顔に現れていた。

しかし、俺の勃起に突き刺され、子宮頚にめり込んでいる亀頭部に伝えてくる歓喜の蠢きは、確実に女体の歓びをあらわすのだった。

そして寿美は、三回、四回と子宮頚だけでなく、膣道の襞の一つ一つにまで、歓びの動きを、俺に知らせた。

「今日も、今までで最高だったわ」

寿美は、俺の精液を膣内に閉じ込め、一滴たりとも漏らさないとでもいわんばかりに腿を閉じ、時折、ひきつけを起こすように身もだえた。

「あのさ、兄たちの断片的な話を継ぎ合わせてみて判ったんだけど、もしかすると、私たち家族にとって、貴方は、最大の敵になっているみたいなのよね」

寿美はこともなげに、だるさを抱えた声で話した。

「へぇ、そうなのか。でも、俺は、特別なにもしていないけどね」

「そう、私たち家族の、勝手な言いぐさに過ぎないんだけど、理由はどうであっても、敵だと思い込んでいることが重要なんじゃないのかな。私は、そう思うの」

「仮に、俺が、君の家族の敵だとしてだよ、どんな根拠で、その勘違いが起きたのかな」

「それは簡単よ。貴方が、敦美のお金を握っているからよ」

「金を握る」

「そうよ、敦美は貴方に、資産のほとんどを預けているわけでしょう。だからよ」

「まぁ預かってはいるけど、俺の金じゃなく、敦美さんの金だからね」

「でも、動かしているのは貴方よね」

「なるほど、君たちの家族は、彼女のお金を狙っている、そういうことか」

「狙っていると言うのかな、分け前が欲しいってことかもね」

「分け前?」

「そう、敦美が手にした、彼女のお父さんの財産を作るために、父や兄たちが、相当協力したのだからってのが、理屈みたい」

「そう。でも、敦美さんが手にした資産は、ほとんど、彼女のお父さんの財産だからね。そのお金に、寿美さんの家族の持ち分があるような話は通用しないでしょう」

「そうよね。法的な権利など存在しないわ。だから、兄たちも、単純に金をよこせとは言えないので、5億円くらいの運用を任せろ、そんな感じの要求を突きつけようとしているみたいなの」

「まぁ、その話を突き詰めると、それって、ただの恐喝だよね」

「そういうことね。でも、敦美は、それを断る材料に、貴方との契約を持ちだして、兄たちの要求を撥ね退けているみたいなの」

「なるほど、そういうことなのか。彼女から、そんな話は聞かされていないけど、まぁ精々気をつけるようにするしかないだろうね」

俺は、恐喝まがいの話を、いつまでも聞いている気にはなれなった。

ベッドから抜け出し、缶ビールのプルトップをあけた。

つづく






内臓を抉るような快感を あぶない女104


第104章
 
寿美と初めて会った日のシャネルスーツの印象が強く残っている所為か、彼女が経済的に恵まれていない状況を把握するのには時間がかかった。

敦美と云う女には、金銭に対する執着がなかった。しかし、特に贅沢への関心もなく、平平凡凡な日々に、特別の不満も持っていない雰囲気があった。

当初持っていた欲情した女体の女というイメージも、いまでは失せていた。リビングで寝ころんで、テレビを観ている敦美の表情には、お母さんのような臭いさえしてきそうな雰囲気さえ感じられた。

ひどく平凡な大金持ちの女は、さほど高級でもない煎餅をかじり、お茶を飲んでいるのだから、金が減っていく気配は微塵もなかった。

それに引きかえ寿美は違っていた。

いまだに、高級感と云う雰囲気をリュックに背負って、新大久保を闊歩し、お姫様のような振舞いをしていた。

もっとも大きく変わったことは、たんぱくに思われていた性欲は、日増しに激しさを増し、俺を大いに苦しめた。

二週間に一度のデートは、脇目もふらずに例の旅籠の一室で待ち合わせ、寸暇を惜しんでセックスに励むことを義務のように行為していた。

たしかに、未開だった寿美の身体は、砂漠に注ぐ真水のように、見る見る吸い込み、吸収し、次ぎに注がれる水を待ちうける女体になっていた。

いま俺によって貫かれているヴァギナは、大きく咀嚼運動に興じていた。無論、寿美の意志によって起きているとは言い難い動きで、彼女は、単に、その分への感受性をマックスにしているだけだった。

ただ、自分のオマ×ンコと、その中を貫いているペニスの結合点で、何かが起きるのをジッと待っていた。

その、焦らされる待ちの行為が、内臓を抉るような快感を誘発すると云うエビデンスを信じているのだった。

実際問題、寿美のその快感の希求方法には難点が満載だった。

硬く出来上がった勃起を、寿美に快感が訪れるまで動かずに維持し続けるのだから、かなりの気力が求められていた。

「来たみたい」

寿美は、更なる結合を求めて、腰を突き出した。女体が、より深い結合を求めて、腰を突き出すと、不思議なことだが、結合は、逆に浅くなった。

いま、修験者のように、快感を求めている女体に注意喚起するなどもってのほかで、俺が態勢を入れ替え、寿美の動きを黙々と是正することになるのは、いつものことだった。

つづく


*ランキングバナー等は、本日の更新から左のサイドバーのみにしました。
今後とも、ご支援よろしくお願いします!








“異邦人”という言葉に新鮮さ あぶない女103


第103章

「そうかしら、理解出来るの」

「理解や、想像は出来るよ。同調できるかどうかは判らないけどね」

「離れられないもの、逃げられないものなのは知っているの。でも、特に意識しないで生きていくことは出来る筈なの。でも、家族が日常的にいる限り、無意識ではいられなからね……」

「なるほど。目に見えて、言葉を交わす限り、そこには家族が存在して、国籍のことが気にかかる、そういうことか……」

「敦美だって同じはずなのよ。でも、敦美は、自己努力なしに、家族、血縁から逃れられたわ」

「そうか、考えたら、彼女も、同じ悩みを持つ条件は揃っていたわけだ」

「充分にね。いえ、私よりも色濃くね。彼女の母親も在日だったから、純潔よ。私の方は、母は日本人だったから、混血なのにね……」

しかし、現実には、北朝鮮民族の枷の中で、日本と云う国で姥貝て(もがいて)いると云う皮肉は、どう形容したものか、俺は迷った。単に、運命と云うには無責任すぎた。

そして、それ以上に理解出来なかったことは、敦美と俺との関係を知っていながら、何ごともないように振る舞う、寿美の心情だった。

しかし、知りたいからといって、見境なく聞き質すほど子供ではないわけで、空とぼけているほかなかった。

寿美が、敦美との関係を十分知ったうえで承知しているのか、曖昧な範囲で承知しているのかさえ分からないのだから、俺は、何ごともないように振る舞うしかなかった。

「たしかに彼女からは、そういう事実で悩んでいる感じは受けないね」

「そうね、そこには、多分にお金持ちかどうか、そう云う問題が絡んでいるのだと思うわ」

「金か……」

「案外、人間って単純なものだと思うの。昔は、収穫が多いものがハッピーだったし、今はお金持ちがハッピーだってことでしょう。だから、現代は、お金が、不幸を覆い隠してしまう、そんな感じじゃないのかな」

「たしかに、そういう傾向はあるけどね。でも、それが全てだとは思いたくないね。自分の健康とか、家族の不幸とか、お金以外の問題も、それなりにあるだろうから……」

しかし、と思った。やはり相対的には、金銭的に豊かであることは、大きな条件なのは事実だった。そして、その豊かさが、血族といった問題を凌駕するし、時には看板にさえなり得る事実を知っていた。

「残念ながら、生きていく上での問題は、その殆どをお金が解決してくれるものよ。僅かな問題は残るかもしれないけどね」

「そうかもな。敦美さんと寿美さんを、単純に比較すると、そういうことは言えるのかも……」

「そういうことよ。だから、貴方は偶然にも、その極端な事例のふたりの女の間を行き交う旅人なのよ。しかも、純然たる異邦人としてね」

俺は“異邦人”という言葉に新鮮さを感じた。

そうか、日本に住んでいるから、多勢に無勢で同国人だったが、彼女らから見た場合、俺は異邦人だったのだ。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ







プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR