FC2ブログ

血縁から遠ざかりたい寿美の心情 あぶない女102


第102章

「そういえば、その後、片山事件と、貴女の家族の関係はどうなったの」

「今や、わが家族から、何人の逮捕者が出るのか、崩壊に近い打撃を受けると覚悟しているわ」

「そうなに関わっていたわけか……」

「相当にね。あの男の指示で、我が家は裏稼業していたわけだから、片山の犯罪が判ってしまえば、あとは芋づる式になるってわけよね」

「しかし、ボスの片山が殺されたからといって、必ず、寿美さん家族に、累が及ぶってのも考え過ぎじゃないのかな」

「まぁそうかもしれないけどね。我が家の家族は、片山の末端で生きていたらしいけど……。片山の方は、それが悪事の一部だったかもしれないから、とばっちりの波は、凄く大きいかもしれないから」

「つまり、もっと重大な犯罪が問題なわけなら、君の家族への影響はないってこともあり得るわけだよね」

「そういう希望的考えもあるけど、最悪な方を考えておくべきでしょう」

「まぁそうだね。でも、寿美さんの焼肉屋さんは無関係なわけだよね」

「えぇ、その点は大丈夫」

「お父さんも、大丈夫なんだろう」

「どうかな。多分、ここ数年は、関わっていないと思うけど、始めたのは父だったはずよ。まぁ兄さんたちが、自分達が、片山の指示でって言い張れば、軽微な罪で一件落着だと思うんだけどね……」

「だったら、頑張るように説得した方が良いんじゃないの」

「うん、取りあえず、やってはいるけどね、彼らは刑務所に入ることなんて、考えてもいないみたい。私の気持ちは複雑ね。正直、いっそ、わが家族は総ざらいして貰った方が良いのかも、そんな気持ちにもなるのよね」

「そうなのか……、まぁ覚醒剤の密売に関わっていたのは事実のようだからね、見過ごすと云う観測はあり得ないだろうな」

「家族一人一人は、それなりに愛してはいるわよ。でも、まとまった家族の塊りには、複雑な気持ちがあるからね、だから厄介なの……」

「それぞれに対しては愛情もあるけど、塊としては、迷惑なことも多いって感じかな」

「そうなのよね。彼らのいない生活なんて、一度も経験していないけど、何だか、凄く清々するんじゃないのか、とかね」

「それこそ、一時だけど、リセットが出来るかも」

「そう、血縁から逃れられるかもってね」

「血縁から逃れるか……」

「龍彦さんみたいな日本人には判らない問題だけどね」

「判らないってことはないよ。充分に想像できる範囲だよ」

「判るかしら?相当の圧力で私たちは生きてきたんだから……」

寿美家族が、北朝鮮国籍であることは知っていたので、彼らが、日本と云う国で生きていく上での障害は、想像以上のものだろうから、その血縁から遠ざかりたい寿美の心情は理解できた。

しかし、その阻害から身を守るようにして生きてきた家族を失うことも、抱えている厄介さ同様の厄介さが伴うような気がした。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






あんな棒に、私は翻弄されている あぶない女101


第101章

敦美の拉致監禁騒ぎが嘘のような日々が続いた。

中井のマンションへの引っ越しも無事済み、敦美と連れ立って、家具調度品を買い求める日々は、チョッとした新婚気分を味合わせてくれていた。

寿美との関係や、その他の女との関係も、それなりのローテションを確立させ、安定した日々が続いていた。

敦美の性欲は、片山という男の存在から逃れるような意味合いもあったのか、出会った頃の欲情したメスの姿は、嘘のように消えていた。

敦美は、週に数回帰宅する夫の世話を甲斐甲斐しくすることに、多くの歓びを配分していた。

当初の印象とは、まったく異なる敦美と云う女がいた。

俺は、当然、その事実を知っていたが、都合の良い変化なわけだから、特別、その変化を話題にすることはなかった。

無論、その流れをとめるような話題に踏み込む敦美でもなかった。

これで良い、俺はその環境に満足していた。

時には、添い寝するだけで、敦美の性欲は満足するのだから、俺にとっては、休息の時間になることもあった。

絶対的な勃起を求めてくるのは、意外にも寿美の方だった。

新大久保に週一回買い出しに出てくる日は、寿美にとって性欲を満足させる俺を求めてくる日でもあった。

出会った頃の寿美は、性欲を表に出すような女ではなかった。

どちらかと言えば、性欲よりも神秘のようなものを求めている印象だったが、あれが演技だと知るための時間は、それ程を要しなかった。

今も、俺に組み敷かれ、一週間前よりも感じが違うと口走る女が、そこにいた。

「すごく気持ちいいの。この間よりも、ずっと好いの……」

「どんどん好くなるみたいだね」

「そうなの、あんな棒に、私は翻弄されているのよね」

「まぁたしかに。あんな棒と言ってしまえば、あんなものだけどね。でも、あんな棒になるためには、それなりの訓練も必要だし、制御も必要なんだよね」

「どれ程の他流試合をしてきたのかしら。いえ、今でも訓練は実行中と云うことなのかしら」

「どうかな。その答えを、本気で求めているのかな」

「そうね、聞きたくないと思うかな……」

「そう願いたいね。君に会うまでにも、俺の人生はあったわけだから、パソコンゲームじゃないから、リセットってわけにはいかないからね」

「そうね、たしかにそうよね。私にも、貴方にも、出会う前の人生が、数珠つなぎになっているんですものね」

「そうなんだよ。生きているってことは、本気で生きようとすればするほどに、厄介ないろんなものを背負ってしまうから……」

「そうね。貴方は、女性関係を背負っているだろうし、私は、家族関係という、切るに切れない血の厄介を抱えている……」

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





敦美を性的に満足させる男 あぶない女100


第100章

「なるほど、いい味してるわ、このハンバーグ」

敦美は、あまり食べていなかったらしく、一心不乱に和風ハンバーグに喰らいついていた。

「ところで、今回の拉致と監禁の顛末ってのを、話して貰えるかな」

「そうね、チョッと待ってね、もう少しお腹が落ち着いたら話すから……」

敦美の食欲の旺盛ぶりから推測する限り、拉致監禁した犯人たちは、旧知の仲の人間たちだったことが窺われた。

しかも、その連中は、敦美にとって怖い存在ではなく、見下すような存在の人間たち、いうならば子分のような連中の仕業だったように思えてきた。

俺は、慌てて損をしたような気分で、敦美の食欲が一段落するのを待っていた。

「瞬間的には、たしかに、拉致されたし、監禁されたのも事実なの。でも、しばらく時間が経つにつれて、彼らの監禁する態度が緩々なのに気づいたの」敦美が、もうひと口、ハンバーグの切れ端を口に運んだ。

「本気で逃げようと思えば逃げられるような監視体制だったもの」

「てことは、途中からは、監禁されているフリをした、そういうことかな」

「そうね、私も監禁されているのだから、被害者だけど、それよりも、彼らが片山から受けた被害の方が断然大きいことに気づいてからは、加害者みたいな気分だったわ」

「監禁者の立ち位置が変わってしまったのか」

「そうね。何とかして、彼らが探し求めているものを、手渡してあげたい気分になっていたわ」

「その例の手帳とかに書かれている事実が、彼らを貶める内容のものだってことかな」

「そうね。片山が、彼らを裏切って手に入れた情報が書かれている手帳だって判ってきたから」

「つまり、君は、彼らに渡してやりたい気分になった。そういうことか」

「そういう感じかな。犯罪に手を染める気がなければ、無用な情報だって気づいたからね」

「金になる情報だったけど、君には不要なものだったわけだ」

「そう、まったく不要ね。でも、彼らにとっては、とても大切なもの」

「て、ことはだよ、旦那が殺される原因になった、問題の情報ってことにもなるんじゃないのかな」

「それは違うようよ。関係はしているだろうけど、そのことで、片山は殺されたわけじゃないはず。それに、彼らは、殺人なんて犯せるはずないもの……」

「それなら問題はないさ。僕の助けがいるような話でなければ、細かく聞く必要もないからね」

「そうよ、貴方には資産運用をお願いしているだけで充分なのよ。雑用は、なんとか自分で解決しないと。そうじゃないと、貴方が恋人以上の存在になっちゃうもの……」

「たしかに。恋人以上じゃ、お父上のようになってしまう」

俺は、そんな風に応え乍ら、資産運用の仕事の前に、敦美を性的に満足させる男であることは、当然の前提になっているのだろうと、漠然と解釈した。

どちらかといえば、後段のタスクを完遂する自信はあったが、前段のタスクを充分な段階で保って行けるか、相当に不安があった。

しかし、こういうことは、言葉では言い表し難い問題で、推して知るべし的に判断されるものだと思った。

稚拙な関係から始まる性的関係には、多くの時間が残されているが、序章段階が省かれた男女関係においては、開拓される糊代は豊富ではないものだった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






あら、やっぱり硬いわね あぶない女99


第99章

「そうか、これ実印だったのか」

俺は、テーブルにさりげなく置かれたコロリとした判子入れを転がしながらつぶやいた。

「そうよ。でも大丈夫、何かの売買や公式な書類に捺したわけじゃないから、どうでも良いものなの」

「本当に大丈夫なのかな」

「大丈夫よ。父の教育のお蔭で、危険な書類と、そうじゃない書類を区別する能力は鍛えられていますから」

「そうか、だったら良いんだけど……」

「自分だけ、ハンバーグ頼んだの」

敦美は、俺がもぐもぐハンバーグを食べだした口元を咎めるように睨んだ。

「食欲あるんなら、何か食べなよ。監禁で、食欲どころじゃないのかなって思ってさ」

「貴方は、私が監禁されているのに、食欲があったわけ」敦美は、半分笑いを含んだ目で、俺を睨んだ。

「いや、今夜はホテルに戻ってから、夜食が取れる雰囲気はないかもって思ってさ」俺も、挑戦的な目を返した。

「今夜は泊まれるってことよね。だったら、私はステーキにしてみよう」

敦美はすかさずテーブルの上のブザーを押した。

「大金持ちが、ファミレスのステーキ頼むってのも、奇妙な感じだね」

「あら、あのお金は父のものだから、自分が金持ちなんて意識はゼロなの。きっと、これからも、その辺の気持ちって変らないんじゃないのかな」

「そう、それは感心な心がけだけど、俺を雇う話では、結構気前の良いこと言っていたけどね」

「あぁ、あれは必要経費よ。これからの私の生き方を含めて、貴方からのアドバイスを必要とするはずなのよ。バカらしいことまで質問しても、嫌にならない支払いが必要だって、直感的に思ったの」

「単なるアドバイスくらいなら、只でも応える用意はあったけどね」

「そうね、男と女の関係が良好な間は問題なくても、駄目になることもあるでしょう。そう云う時でも、貴方の知識は欲しかった、そういう感じかな、直感だけど、父も、弁護士とか会計士には、相当の報酬を払っていたもの。カエルの子はカエルよね」

そんな話をしている内に、敦美のステーキがテーブルの上に置かれた。ジュージュー鉄板の音が食欲をそそった。無論、実際に、そのステーキが美味しいということとは無関係な鉄板のニオイだった。

「あら、思った以上に美味しそうな匂い」敦美は早速ナイフを切りこんだ。

「あら、やっぱり硬いわね」

「そうだろうね。だから、俺はハンバーグにしたんだよ。ハンバーグが硬いって話は聞いたことがないからね」

美味しそうなステーキにナイフを突き立てて苦戦している敦美を尻目に、ひと口だけ残ったハンバーグの欠片を口に運んだ。

敦美は、その口元を睨みつけながら、テーブルのブザーを押した。

まさかファミレスのステーキが硬いとクレームでもつけるのかとヒヤヒヤしたが、そうではなかった。

「スミマセン、これと同じものください」

「追加でですね」

「そう、追加でね」

敦美はすまし顔で、そう言い放ちながら、ステーキの鉄板を、下げても良いよと言わんばかりの片隅に追いやった。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






開放感に包まれた敦美の肉体は あぶない女98


第98章

敦美は、店を出ると駐車場の方向に踵を返した。

敦美を拘束しているであろう奴らが、駐車場の奥の方で待機しているようだった。

敦美の様子を見る限り、監禁中に乱暴な扱いを受けていた様子はなかった。犯人たちが紳士的人間たちだったというよりは、敦美の知り合いであった可能性が高かった。

監禁した連中も、片山亮介の被害者であって、敦美自身、同情的であったのかもしれない。

同病相憐れむではないが、片山が持っていた手帳の類を、監禁者に渡すことくらい、敦美は、なんら痛痒のないことだったと推理できた。だから、渡してあげたいけど、警察が進入禁止の黄色いテープを張り巡らしている間は、渡したくても渡せないと、彼らに説明したのだろう。

おそらく、彼らが欲しがっているであろう手帳などは、真っ先に押収されている筈だから、それを渡せなどと云う犯人は、結構間抜けな連中だと想像できた。

もしかすると、犯人たちは、敦美と顔見知りである可能性が高く、拉致監禁はしたものの、その後の取り扱いまでは、考えていなかった可能性さえあった。

相当に間抜けと言えば間抜けだ。それだけに、敦美の方は余裕を持って、彼らの要求に対応したのだろう。狂言誘拐された女のような余裕が感じられた。

あの調子なら、三十分もすれば、いつもの能天気な敦美が戻ってきそうだった。

そうなると、開放感に包まれた敦美の肉体は、欲情した湯気を吐いて、Oホテルのセミスイートのベッドに持ち込まれるに違いなかった。

そういうことであれば、この際、腹ごしらえをしておく方が賢明だった。

俺はあまり考えることもなく、和風おろしハンバーグを注文した。

ハンバーグが届くのと同時に、敦美が戻ってきた。

「あっさり、解放だって」

「誰だか知らないけど、少し間抜けな犯人だね。旦那の手帳なんて、真っ先に押収される代物なのに……」

「それが、そうでもないらしいの。普段使っている手帳とは違うものらしいくて、簡単に人目につくところには仕舞っていない手帳だから、警察にだって簡単には見つけられない筈だって、彼らは言うのよ」

「そう。でも、相手は警察だよ、手抜かりはないと思うけどね」

「そうよね、私も、そう言ったの。そしたら、片山は殺された被害者なのだから、そんなに熱心に家宅捜索はしない筈だって言うのよ。被疑者の部屋なら、塵ひとつなくなるくらい徹底的らしいけど、被害者の部屋のものは、お座なりなものらしいの」

「そうか、旦那の方は被害者だったよね。そうだな、何からかにまで応酬するとなると、被害者のものを押収するには、欧州令状のようなものが必要になるかもね」

「そうらしいわ。彼らも、そんなことを言っていた。でもね、立ち入り禁止の規制線みたいなの張られているわけでしょう。私がノコノコ入って行って、部屋中家探し出来るわけがないって頑張ったの……」

「それで」

「その結果が、念書書いて、実印を押せって言い出したの」

「実印、持ち歩いているって言ったわけ」

「違うの、現実に実印持っていたのよ」

「えっ!あれって実印だったの」

「そうよ、これ実印よ」

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR