FC2ブログ

実印をポケットに押しこんで あぶない女97


第97章

敦美が演技した実印をポケットに押しこんで、Oホテルの前から、タクシーに乗り込んだ。

その判子は、実印と言えば実印にも思える代物で、片山敦美と彫り込まれていた。

青梅新町の交差点までと運転手に告げた。指定した店はステーキの専門店のような名前だった。

いずれにしても、そんなところで待ち合わせをしようというのだから、身の危険を、あまり気にする必要もなさそうだった。

敦美が実印だと演技しているに違いない判子を監禁者に渡すことで、敦美が解放されるのかどうか、その点は確認していない。

ただ、現状では、新宿の片山の自宅が警察によって封鎖されている以上、監禁側にも、それ以上の手立てが残されていないのだから、敦美を何時までも監禁しておくメリットは少ない筈だった。

犯人が、そのように論理的にものごとを考える人間であることを信じるしかなかった。

そのステーキ屋は半分程度の客が入っていたが、敦美が一人で座っているのを見つけるのは容易だった。

おそらく、別の席から、敦美を監視している連中がいるのだろうが、俺は、敢えて、その人物たちの姿を追う意志はなかった。

敦美の要求を満たしてやる立場以上の関係を、片山亮介殺人事件に関係する気は毛頭なかった。

「身体は大丈夫なの」敦美の席につくなり、俺は声を掛けた。

「ありがとう、迷惑ばかりかけてしまって……」

「まあそれはイイよ。君がいう実印ってこれで良いんだね」俺は、問題の実印まがいのシロモノを、テーブルに置いた。

はっきりはしないが、敦美の身体かテーブルに、会話を盗聴する機器が取りつけられている前提で、俺は敦美に対峙していた。

「そう、これで良いの。これで、取りあえず解放されるから」

「実印で、何かに判を押すわけなの」

「そう、でも問題を解決したら、書類は破棄して貰えるから」

「そうか。それで敦美さんはホテルに帰れるのかな」

「多分……」

「まだ判らないってことか」

「そう……」

「じゃあ、俺は帰って良いということかな」

「そうね。でも、もしかすると一緒に帰れるかもしれないから、ここで少し待ってて貰えるかな」

敦美が店を出ていった。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






狂言誘拐事件のような あぶない女96


第96章

敦美からだった。

瞬間的に、一週間延ばした連泊のリクエストをキャンセルしなければと思った。

“あの敦美です。突然いなくなってすみませんでした。実は、いま私、監禁されているんです”

「監禁、誰に?」

“それは言えないんです。でも、危害は加えられていないので、安心してください。それで、お願いなんですけど、家に行って、或るものを持って来て欲しいんですけど”

「家って、ご主人と住んでいる、あのマンションと云うことですか」

“えゝ、あの部屋です”

「それは、無理でしょう。あの部屋は、まだ警察によって立ち入り禁止にされていますよ」

“あぁそうか、そう言えばそうよね。どうしよう……”

敦美は、携帯を塞いで、横に居る誰かに、その状況を話しているようだった。特に、敦美の態度から、切迫した雰囲気は感じられなかった。

時によれば、狂言誘拐事件のような様相だったが、特に、敦美が狂言誘拐を演じる必要がないことは判っていた。

“警察の立ち入り禁止って、どのくらいで解除されるものなのかしら”

「さぁ僕には判らないけど、殺人事件だったのだから、簡単には解除にならないでしょう。特に犯人が逮捕されない限りね」

“そうよね……”

「なにか、片山さんが持っていた、手帖とか、パソコンだったら、警察に押収されていると思いますよ」

“あぁ、そういうことよね。だったら、全然無理な話よね。だから、こんなことしても意味はないって言ったのに、全然私の話を聞かないんだもの……”

その後、しばらく電話からの声は途絶えた。しかし、電話が切られた様子もなかった。

“あの、龍彦さん、青梅まで迎えに来て貰えませんか”

「迎えに行かないといけないのかな。タクシー拾えば済みそうな話だけど」

“私の荷物の中に、実印が入っているの。申し訳ないけど、それを持って来て貰いたいの。それと引き替えに、私を解放するって言っているの。だから、お願いだから、実印探して、持ってきて欲しいの、お願い!”

敦美の哀願に応じるしかなかった。

しかし、実印が、ベッドの上で散らかった儘の、敦美の持ち物の中で見つかる保証はなかった。

それに、考えてみれば、実印など、大切なものは、ホテルの保管庫に預けている筈なのだから、実印と云うのは、敦美の演技のように思えた。

そうなると、余計に、敦美の希望に応じるのが筋だった。

自分車で行くことを考えたが、出来る限りこちらの情報を相手に渡さない方が賢明だと思ったので、タクシーで行こうと思いながら、敦美の実印らしき判を探した。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






俺の携帯が鳴った あぶない女95


第95章

Oホテルの部屋から、敦美が申し込んだ宿泊日を確認した。慌てることはなかったが、一週間の連泊を前払いで済ませていた。

まだ三日の余裕があったが、もう一週間連泊したい旨を伝えると、同室は無理だが、同じレベルの部屋なら用意できるという話だった。

無駄になる可能性もあったが、ホテルの保管個をキープするには致し方なかった。俺が代りに保管庫の物を受け取れれば良いのだが、俺と敦美の関係を証明することは出来そうもなかった。

一週間の宿泊費として三十五万円をクレジットで支払った。なんだか、ひどく馬鹿な行動に出ているように思えたが、ここまで、義理を果たせば、文句を言われる筋合いはないだろうと、自分に言い聞かせた。

これで十日間の余裕が出来たと、ベッドに寝転がったが、三日後には、部屋を変らなければならないことに気づいた。

敦美の荷物を整理して、動かせるように纏めておく仕事が残っていた。それに、十日間の余裕はキープできたとして、連絡が入るかどうか判らない電話を、無為に部屋で待ち続けるのも不可能だと思った。

こう云う場合どうすれば良いのだろうか。俺の携帯に連絡が入るのであれば、どこにいても構わない。問題は、Oホテルの交換を通して、敦美から連絡が入った場合だった。

普通、ホテルの交換を通す場合は、宿泊客の名前ではなく、部屋番号を告げる。その場合、三日後には部屋番号は変るわけだから、厄介なことになりそうだ。

ホテル側が、三日後に変った部屋番号を熟知して、片山敦美さんお部屋は****号室に変っています、と確実に対応してくれるものなのだろうか、まったく見当もつかなかった。

部屋が変った場合の対応は、杞憂に過ぎなかった。かなりの部分コンピュータ制御になっているので、部屋が変った瞬間に、部屋番号を切り替えるので、確実に片山さんの部屋に繋がると云うことだった。

これで問題は解決した。あとは、敦美の荷物をまとめておく作業だけが残された。敦美の性格が現れたような散らばったままの荷物をまとめる作業は楽しいものではなかった。

必然的に行う作業だったが、女の荷物をそっくり纏めて整理すると云う作業は、どこか心苦しい作業に思えた。

しかし、その作業は避けて通り抜けることは出来そうもなかった。

あらかた、拡げられた敦美の私物らしきものを、主のいないベッド上に掻き集めた。

この物体を、敦美の二つのボストンバックに詰め込めば、それで良いと判っていたが、なかなか作業に移れなかった。

煙草に火をつけ、散らばった荷物を眺めていると、俺の携帯が鳴った。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ







敦美はどこに行ったのか? あぶない女94


第94章

上野が出ていった“ジャズバー静”は、俺に孤独を提供していた。

……それにしても、敦美はどこに行ったのだろう。昨日も警察に出頭していたのだから、そこまでは予定通りということだ……

……警察署を出たあとで、予定外の出来事が敦美の身に起きたと考えてよさそうだ……

……交通事故や事件に巻き込まれた可能性は、警察が確認してくれたので、まずあり得ない。まさか、見知らぬ俺のような男がいて、そっちの男の方に行ってしまった、と云うのも推理が飛躍している。となると、何者かに拉致され、監禁されていると考えるのが常識的結論だ……

……しかし、敦美を拉致監禁した人間は、そのことで、何を得ようとしているのか、そこが判らない……

……敦美を監禁して、敦美の財産目当てに、恐喝を働こうとしているのだろうか……

……敦美が大金を所持していたとは思えないのだから、現金を脅し取るとしても、キャッシュカードが必要だ。しかし、キャッシュカードにしろ、資産関係の書類も含め、すべてホテルの保管庫に預けていると敦美は言っていた。つまり、恐喝の為の監禁である場合、敦美は、必ずホテルに戻って来ることになる筈だ……

……そうか、敦美が監禁され、金品を要求されている場合、拉致した人間と敦美は、Oホテルに戻ってくる可能性がかなりの確率であるわけか……

……ということは、敦美の身を本気で心配するのであれば、俺は、ホテルの部屋で、拉致監禁した人間と敦美を待ち受けなければならないことになる……

……現実には、敦美を監禁するような暴力的人間を相手に、俺が一人で立ち向かうと云うのは、ひどく乱暴な話だ。この程度の事情で警察に保護のようなことを申し出ても、応じてくれることはあり得ない……

……となると、こちらサイドで、何人か屈強な奴らを雇わなければならなくなる。しかし、拉致者と敦美が、いつ来るかも判らないのだから、それも無理だろう。それに、俺が、敦美の失踪に関して、そこまで介入する意味合いが不明だ。そこまで義理立てする立場ではない筈だった。出会い系のSNSで数回会った女に過ぎないのだから、そこまでする義理はないだろう……

……しかし、失踪した時点で、敦美側の接触者は俺だけなのだから、ある程度の責任はあるのだろうが、それがどの程度の責任なのかハッキリしない。そうだ、せめて、敦美がいつまであの部屋をキープしているのか、その程度はたしかめる必要があるのだろう……

……しかし待てよ。敦美を監禁し、恐喝している人間が、敦美と同伴してホテルにのこのこ顔を出すとは考えにくい。拉致監禁までした人間が、不用意に顔出しするというのはあり得ない。何か、違う手に出てくる筈だ。そうだ、敦美にしてみれば、俺に連絡を取る以外、犯人の要求に応じる手はないと主張するのではないだろうか……

俺が、今すべきことは、ホテルの滞在期間延長の手続きだと思った。ホテルの保管金庫が、敦美の金庫である限り、それを維持してやることが重要だった。

部屋の内線から、宿泊の延長を申し出て、前払いさえすれば、部屋が変更されても、保管金庫はキープされる。

“ジャズバー静”を出た俺は、再びOホテルに向かった。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






片山って暴走族だったんですか あぶない女93


第93章

「いや、もう事件ルポや足を洗ったんだよ。今は、時事関連の方の仕事をして、細々暮らしている。もう、向きになって稼ぐ気力が消えたからね」

「そうなんですか、少し勿体ない気もしますけど」

「いやね、体力の限界だよ。例を挙げては怒られるけど、浅井さんも体力の限界、時間の限界超えて働いていた筈だからね」

「たしかに、そうですね。僕も、最近結婚したんですけど、貴方の会社に労働基準法ってないの、なんて、結構言われてますから、ハハハ」

上野は明るく笑ったが、目の下に隈が浮き出ていた。

「上野さんは、いま、どういう事件を」

「新宿の殺人事件と薬物関連の事件です」

「あっ、それって、片山亮介が殺された事件絡み」

「えぇ、その片山亮介の事件と薬物ルート関連のやつです」

「そうか、奇遇だな。いやね、じつは俺も、その事件には多少絡んでいるんだよ。片山氏の奥さん関連でね」

「えっ、そうなんですか。だったら、情報交換しましょうよ」

上野は、上半身まで一緒に乗り出し、喰いついてきた。

その後、俺は片山亮介に関する情報と、その奥さんの情報の幾つかを、上野に提供した。無論、俺と敦美の関係については、完全に伏せていた。

上野の方からは、警察の方は、薬物に関係してであろう片山の会社を中心に洗い出しをしているようだが、彼の勘では、片山の個人プレイの線の方が濃厚なのではないかと睨んでいるという話だった。

ただ、片山が亡くなり、その奥さんと接触できていないので、人間関係がまだ手つかずだという話だった。しかし、警察は、彼の奥さん関連には殆ど興味がないらしく、殺された翌日の簡単な事情聴取だけで、会社の方の家宅捜索を行ったと云う情報だった。

「その会社は、警察は以前からマークしていた会社ということかな」

「いや、どうなんでしょうね」

「いやさ、叩けば埃が出る会社だから、敢えて家宅捜索に出たのだろう。必ずしも、殺人事件だからと云う理由じゃないのかもな」

「覚醒剤関連の捜査に一環ではないと」

「うん、そんな気がするね。警視庁も一緒に動いていないのか」

「えっ、よくお判りですね。奇妙な部署が出張っています」

「公安だろう」

「ズバリです」

「そうか、そういうことか……」

「えっ、あいばさん、なに一人で納得してるんですか。言葉にしてくださいよ」

上野は、今ではリタイヤしたルポライターに縋りついた。

「いやね、警察は、片山が殺された方の事件に関して、その犯人の検挙に、本気で動いていないと云うことだよ。たまたま、殺しをきっかけに、違う捜査の方が動いている、そういう感じがすると云うことかな」

「公安と云うことは、北朝鮮ですか」

「まぁ今どき、公安が熱心になるのは、野党議員のゴシップか北朝鮮だろうからね」

「なるほどね。片山の会社が総連と通じている、そういう流れでしょうかね」

「わからないけど、総連系か、暴力団を通じてか、どちらかだろうけど、今どきは暴力団の方はね……」

「そんな器用な仕事に手を出せない、そういう感じですからね」

「まぁ、そういうことだよ。総連の方も、エネルギーはないけどさ、暴力団よりはエネルギーは残っているだろう」

「そうでしょうね。総連全体はくたばっていますが、末端の構成員個人には力が残っているはずですから……」

「その辺から手繰ってみたらどうなの。片山は、元暴走族のリーダーだったわけだから、その当時の仲間の中に、朝鮮系も多くいたはずだからね」

「えっ、片山って暴走族だったんですか……。わかりました、その線追います。ありがとうございました、新しい情報入りましたら、この携帯の方に連絡入れますから」

上野は、その情報がよほど嬉しかったらしく、俺のマンデリンの伝票も一緒に取ると、店を出ていった。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





不条理に敏感なひねくれ者が あぶない女92


第92章

車で、新宿を流しながら、久しぶりでルポライター時代にたむろしていた“ジャズバー静”に行ってみようと思いついた。

その店の由来“静”は、オーナーのおふくろさんの名前で、明治生まれの静さんが、オーナーにジャズの愉しみを教えてくれたから云々と云う記憶があった。

たしかに、ジャズと静という店名は、相性の良い名前だとは思わなかった。しかし、不条理に敏感なひねくれ者が多い物書きやトップ屋連中には、相性のいい店だったのだろう。

この店に最後に来たのはいつだったろう。

俺は地下に向かう階段を下りながら考えていた。たしか、5年は来ていない気がした。目まぐるしく変貌してゆく新宿と云う街を思うと、いま下りている階段があることも、入り口に見慣れた看板があることも、奇跡的なのかもしれないと、身体をぶつけて重い扉を押した。

重い扉をひらいた隙間から重厚なベースのリズムが、堰を切ったように流れ出てきた。

俺は慌てて扉を閉じた。

なぜか新宿の街に静のジャズを流してしまうのが勿体ない気分だった。否、隠れ屋を他人に知られたくない気持ちだったのかもしれない。

煙草の煙で燻されているにしては白っぽい漆喰風の壁と厚塗りの黒い椅子とテーブルも昔のままだった。

壁際のふたり席に座ってマンデリンを頼んだ。今どきにしては珍しく、テーブルの上には灰皿が当然のように置いてあった。

時代の流れに抗っている心意気がジャズとマッチしていた。そして、愛煙家を優しく包摂しているオーナーの心意気にも包摂を感じた。

カウンターの奥に、オーナーの奥さんの顔が覗いていた。特に親しく話をした記憶はないので、声を掛けようとは思わなかった。

「あいば先輩」背中を叩かれて振り向いた。

「いやぁ……」

そう応えたものの、その若い男が誰であるか、にわかに判断出来ずにいた。

「研報社の上野です。浅井の後輩で、よく新宿取材の時お世話になりました」

「あぁ、あの時の新入社員だった人か。そうでしたか、お見逸れしてしまって、申し訳ない」

「いや~、あれって十年前ですから、当然ですよ。でも、随分、あいばさんからは取材のテクニック教えて貰いましたよ。いまでも、忠実に、あの時のテクニック使わせて貰っています」

「俺って、そんなこと君に教えたのか?」

「ええ、結構怒られながらでしたけど、神髄を語って貰えましたよ。浅井先輩が、アイツにしては珍しい親切だ。よく聞いておくんだな、そんな風に言われましたよ」

「そうか、よほど虫の居所が良かったのかな。それとも、君に見込みがありそうだったからかもね……」

「ご期待に沿えているか、その辺は分りませんが、事件部門の責任者させて貰っています。ですから、多少は見込みがあったのだと、奇妙ですが自負しています」

上野は、充分に自信満々な笑顔を見せていた。しかし、鼻に掛けるような態度ではなく、俺の見込みが正しかったことの証明として自分がいると話しているのだから、間接的には、俺を褒めていた。

「浅井さんはお元気ですか」

「浅井さんは、五年ほど前に癌で亡くなりました」

「そう……、亡くなられたのか、病気で」

「えぇ、肝臓がんでした」

「そうか、浅井さんらしい病気だな。半端な量じゃなかったからね」

「えぇ、奥さんに離婚されるレベルでしたから」

「そうか、あの奥さんとも離婚したのか。料理の上手な奥さんだったのにね。で、お嬢さんたちは」

「お二人とも、結婚してましたからね、まあ早目の熟年離婚のようなものですね」

「そう、奥さんは、いまどうしているの」

「吉祥寺でカフェバーのようなものをやっていますよ。僕も、月に一回くらい顔を出しています」

「そうなのか、ついでのある時に、俺も顔出してみるよ。何てお店」

「ASAって書いて、あさです」

「ふ~ん、意味深だね」

「えぇ、離婚したのに、ですね。ところで、あいばさんは取材中ですか」

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





敦美の15億円は魅力的だった あぶない女91


第91章

警察署の駐車場に入れておいたGT-Rに乗り込み、煙草に火をつけた。

一時間ほど禁煙した後の煙草は美味しかった。

一時間禁煙後の煙草がこんなに美味しいのなら、一時間に一本吸うようにすれば、きっと喫煙生活も豊かになるだろうと思ったが、守れないことを承知で考えているだけだった。

車を出す時、いやに目つきの悪い男の視線を感じた。

俺の目つきも、同様に悪かっただろうから、刹那的殺気の応酬だったが、一瞬のことで、次の瞬間には跡形もなく消えていた。

“さて、どうするか……”俺は口に出して考え、西新宿の高層ビル街を走っていた。

刑事は、敦美の捜索願いを出した方が良いのかとの問いに、まだその時期ではないでしょう。亡くなられた方の奥さんの行方が判らないのは捜査上の問題なので、当面は警察の方で調べますから、と言っていた。

つまり、俺は不作為状態で、敦美からの連絡を待てばいいだけの、自由の身になっていた。

肩の荷が下りたと実感した。

社会的使命を果たした安堵感があった。

無論、敦美の消息が分からないことは気がかりだったが、寿美のような立場なら、個人的ネットワークがあるだろうが、俺と敦美の接続線は、唯一携帯での繋がりだった。

大きな谷に渡された一本のつり橋のようなもので、その綱が切れた瞬間、何もない関係になる、ネット社会の人間関係に過ぎないことを痛感した。

だからといって、敦美との関係に、何本ものつり橋をかけるべきだとは思わなかった。これでいいのだと思う一方、どことなく、虚しい風が吹いているようでもあった。

それにしても、敦美はどこに行ったのだろう。

行ったというより、誰によって、どこに連れて行かれたのか、そのように考えるのが妥当だった。

しかし、俺には、その疑問を推理するだけの材料を何ひとつ持っていないのだから、考えること自体が無駄だった。

もし考えられるとしたら、それは、寿美から何らかの情報を知らせて貰った時、初めて出来ることだった。

そう、寿美から連絡を受けて、さり気なく情報を引き出せるだけだった。あまり前向きに、敦美の情報に執着するのは、賢明ではなかった。

寿美にしてみれば、敦美とも男女の関係でありそうな俺と云う男に、どんな感情の変化を持ったのか、注意深く探る必要があった。

寿美にとって、俺と云う存在は、それほど重要な位置を占めている人間ではないことを重視すべきだ。

どれほど性的な相性が良いからといって、気を緩めてつき合える状況にないことは肝に銘じておくべきだった。

それに比べて、敦美との関係の方が濃厚だった。

性的なことで言えば、寿美の方が好みだったが、敦美との関係には、15億円以上の資産運用の魅力的おまけがついていた。

二流の物書きの俺にとって、投資は副業以上の存在だった。生活費の半分近くを投資で得ているのだから、敦美の資産運用は、相当に魅力的だった。

今まで、2億円の資金運用していた俺にとって、敦美の15億円は、投機をビジネス化できるチャンスを与えるもので、是が非でもタイアップに持ち込みたかった。

何としても敦美を救出したかった。救出と言えば、拉致されているのが前提だが、殺されていることもあり得るのだから、救出したいという言葉も、どこか空ろだった。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ






プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR