FC2ブログ

入れて、入れてじっとしてて あぶない女67


第67章

Oホテルの部屋に入ると、敦美が抱きついてきた。受けとめてやる以外、それ以上の手が浮かばなかった。

「抱いて!」

敦美は、つい先ほど、ほかの女のヴァギナに思い切り精液を放出した男の身体だと云う事実を知らないのだから、応じるしかなかった。

抱いていくうちどうにかなるだろうと、俺は自分のスケベさに期待した。
 
夫が殺された事件の顛末を語る前に、自分を落ち着かせる為に、敦美は、セックスに没頭する手段を選んだに違いなかった。それであれば尚のこと、俺には敦美を歓ばせる義務があった。

敦美の服を剥ぎ取るのに苦労はなかった。

警察署から戻って、シャワーも浴びずにいたらしく、敦美の身体は汗ばんでいた。

「抱きしめてくれるだけで良いよ。まだ、シャワー浴びてないから……」敦美はつぶやくと、さらに腕に強く力をこめた。

「厳しく聞かれて疲れただろう。抱きしめててあげるから寝ても良いよ」

俺は柄にもなく優しい男になっていた。

抱きしめている女がひどく憐れに思えたし、警察が、どのように思っているか別にして、敦美が、彼女の夫を殺すはずがない前後の事情は、俺が一番知っていた。

確たる根拠はなかったが、敦美が夫を殺す動機がなかった。殺人を犯してきた人間の臭いがしなかった。

「大丈夫だよ。おまえが犯人じゃないことは、俺が一番知っている。おまえが殺されるのなら意味が分かるけど、逆なんだから、何も心配しなくていいよ」

それでも、警察の事情聴取が厳しかったのだろうか、敦美の身体は冷たく、わずかに震えていた。

「でも、アイツが殺された時間、昨夜の11時から翌日の1時位らしいけど、私、部屋に一人でいたから、アリバイがないの……」

「アリバイがないから犯人にされたら、この世の人間は、殆どが犯人にされちゃうから、気にしなくて良いんだよ」

「貴方がいたのは6時くらいまでだものね。泊まって貰えば良かった。そうしたら、貴方にアリバイ証明して貰えたのに……」

「もう二回くらいエッチしておけば良かったね」

「そうもいかないしね……」

敦美の身体が幾分和らいだ。その代りと言ってはなんだが、俺の身体に異変が起きていた。

「大きくなったの?」

「あぁ、チョッとね」

「チョッとじゃないようよ。つんつんあの辺を突いているわ」

「不謹慎だね。旦那さんが亡くなったのにさ」

「かもしれないけど、入れて欲しい。入れて、そのまま、じっとしてて欲しいの……」

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


あの男を殺したい奴は沢山いる あぶない女66


第66章

寿美は何気な話をしている素振りをしていたが、どこか必要以上の興味を押し隠している感じに思えた。

だからといって、いま特に、寿美への追求に時間を割くつもりはなかった。

「片山亮介が殺されたって事件のことよね?」寿美は、俺が無言でいることを咎めるように話しを繋いだ。

「知り合いなのかな?」

「そう、私を捨てたトンデモナイ男よ」

「片山亮介ってのが、君の昔の破廉恥な奴だった。そういうことか……」

「そういうこと」寿美は他人事のような話し方をした。

「奇遇な話だね。その殺された男の奥さんが、俺の知り合いだなんて……」

「ほんと、心臓が飛び出るほどびっくりしたわよ」

「なんてことだ。知らないこととはいってもね、殺された男の、昔の恋人と俺はセックスをしていた、そういうことだよね」

「そう、その上、その奥さんとあなたは関係があるのだから、話は複雑よ」

たしかに、そういうことになる。

まさか罠ではないだろうが、ふたりの女を巡って、俺が片山亮介と揉めていた等と誰かが作り話をすれば、重要参考人に格上げされても不思議ではなかった。

「心配になってきたでしょう。もしかして、犯人は、貴方なのかもね?」言葉を失っている俺に、寿美は揶揄うように言葉をかけてきた。

寿美は勝手に、俺と片山亮介の女房である女と、男女の関係だと決めつけた話し方をしたが、敦美と俺の関係を知っている筈がないのに奇妙に思えたが、あえて聞き流すことにした。

片山亮介が殺された時間は何時ころだったのだろうか。たしかニュースでは、そこまでは言っていなかった。

そうか、敦美の話を聞けば、殺された時間のことも判るに違いなかった。

今すぐにでもホテルに飛んで行きたい気分だったが、慌てている素振りを寿美に知られるのは、理由はないが賢明ではないと感じていた。

「あの男を殺したい奴は沢山いるはずよ。警察も容疑者だらけで、目まいを起こすに違いないわよ。その内、死んでも構わない男が殺された事件の捜査が嫌になるんじゃないのかしら、フフフ……」

「俺は、片山亮介って人を知らないのだけど、そんなに酷い男だったということかな?」

「そうね、優しい顔して、暴走族のリーダーだったからね。まあ、だから私はつきあっていたのだけど……」

「俺は彼の奥さんから多少のことは聞かされていたけど、相当の奴のようだね……」

「まあ、いずれ私たちの焼肉屋にも警察が聞き込みに来るに違いないわ。兄たちともつき合いがあるからね、ひと騒動だと思うわ」

「人ごとのような話し方だけど、寿美さんは大丈夫なの?」

「大丈夫よ。私は、父と兄の悪事の犠牲者だから……、でも家族なのよ。その辺が、私の人生の重い部分よね。でも、そういうのって運命でしょう、自分ではどうにもならないことなの……」

寿美は、重い問題を口にしたが、いま、俺はその問題に関与している余裕はなかった。

気づかない鈍感な男を演じるのは辛かったが、今は、敦美の問題に集中すべきだった。

つづく


いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ

浅めの膣道が引き締まり あぶない女65


第65章

俺は怒張に最終決戦総攻撃を命じた。

寿美の浅めの膣道が引き締まり、攻撃を容易にさせない防御的収縮が加えられたが、突き進んだ。

子宮頚に押しつける亀頭の先端は、何物かに噛まれ続けた。

痛みがあったが、それは気の所為に違いないと思った。

女の子宮頚に噛まれて負傷した亀頭などありえないだろうが、それは名誉の負傷に違いなかった。

男の勲章か、俺は馬鹿な気分になりながら、痛みと快感の中で果てた。

寿美も充分に快感を得たらしく、横たわり、軽い寝息をたて始めた。

俺は、まだ弛緩していない勃起の先端に手を当て、出血の有無をたしかめた。少なくとも出血はまぬがれていた。

時間は六時を回ったばかりだった。仮に二度目を求められても、何とか応じられるギリギリの時間だったが、寿美の寝息を見る限り、その心配はなさそうだった。

欲望的には、あの噛みついてきた何物かの正体を知りたいところだったが、それは後々機会があれば程度にとどめ置くものだと自覚していた。

その時携帯が鳴った。

俺はその音は敦美の携帯から発していることを知っていた。

携帯を取り上げ通話にすると耳を当てた。

当然、敦美の携帯なのだから、不用意に俺の声で応答するわけにはいかなかった。

“私、敦美よ、龍彦さんだよね”

「あぁ俺だよ、どうした、解放されたのか」

“一応ね、明日も事情聴取に応じるようにって言われたの、どうしよう?”

「そうか、まあ、応じた方が利巧だろうね、君が殺したわけじゃないのだから」

“わたし、部屋に戻るけど、来てくれるのよね”

「ああ、大丈夫だよ。時間は九時を回るだろうけど、必ず行くよ」

敦美との電話は終わった。

「どうしたの、随分切迫した話の内容みたいね?」寿美が寝ながら聞いてきた。

「聞こえてたか。そう、良く判らないけど、知り合いがトラブルに巻き込まれてね」

「殺されたとか、そんな話だったわよね」

「あぁ、奥さんが家出をした数日後に、ご亭主が殺されてしまったんだよ」

「もしかして、今日殺されたってニュースで話していた殺人事件のことかしら?」

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


子宮頚に密着している亀頭 あぶない女64


第64章

寿美の口中に蛆虫が棲んでいるとは思わなかったが、あの奇妙な感覚の正体を知る誘惑には抗えなかった。

舌を挿しいれた瞬間、特別な刺激が襲ってくることはなかった。ごく普通の唾液で、幾分ビールの臭いがする程度だった。

安堵と落胆が綯い交ぜな気分だったが、安堵の方が強かった。

俺の頭の中には、ホテルで敦美からの連絡を待つと云う約束の時間がどっかりと座っていた。寿美には時間が充分なようだが、俺の時間には制限があった。

ペニスは充分に勃起していた。寿美自身が勃起させたわけだから、それが、寿美の中心に埋もれたからといって怒りだすとも思えなかった。

勃起を意識的に押しつけながら、口の中では、寿美と俺の舌が探り合うような攻防戦を繰り広げていた。

成りゆきに抗議されるようなら、今日はここで身体を離れる腹で、寿美のヴァギナの中心に指を仕向けた。

寿美は何も言わずに俺の指を受け入れた。

指に触れてくる寿美の粘液に、特別の違和感はなかった。寿美の粘液が、俺の勃起に魂を注入した。

怒張には至っていないが、十二分な硬度を保っていた。俺は有無を言わさず口中の攻防を休むことなく寿美に挿入した。

寿美の舌の動きが一瞬止まった。俺も口中のせめぎ合いを小休止して、寿美のヴァギナの中に挿入した勃起の魂に、自分の意識も集中させた。おそらく、寿美も同じような手順を踏んで、ヴァギナに意識を振り向けたのに違いなかった。

唇が離された。動きが自由になった俺の勃起は、徐々に怒張に向かっていきり立って行った。

寿美は、何も口にせず、ヴァギナと勃起の攻防に、自らの意識も集中しているようだった。

ヴァギナに挿し込んだペニスの先で水先案内をしている亀頭部から、違和感があると云うメッセージはなかった。特別、あの寿美の口中に棲んでいた蛆虫的感触も消えていた。

比較的たおやかな寿美のヴァギナだったが、亀頭が水先案内人からコマンダーに変身する頃には、攻撃に素早く反応して、コマンダーのそれ以上の侵入を阻むように、強く、その怒張を攻撃してきた。

俺はもう、これは通常の交接と変わらないと安堵した。俺の安堵は、勃起にも伝達され、安堵に変って豹変した亀頭部が、全面攻撃態勢に向け、怒張に更なる怒張を重ねた。

完全に自分のペースだと安心した時、おそらく子宮頚に密着している亀頭の先に痛みを感じた。たしかに、痛みのようだったと言うべきかもしれない、不確かな痛みだった。

特に寿美に表情の変化はなかった。交接による快感を、自分なりに咀嚼し感受しようとしている姿だった。

特に反撃の為に、挿し込まれた亀頭の先端を噛むような行為をする攻撃性を見ることは出来なかった。

寿美は声を出さなかった。俺の二の腕に喰い込ませた指先の強弱が、快感の状況を知らせていた。

「出しても大丈夫かな?」

「大丈夫、とことん出して」寿美の指先に力がこもった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


蛆虫を口中に飼っている女 あぶない女63


第63章

勃起形が一応完成した。

そしてはじめて、寿美は、それを口に咥えた。特に何をするわけでもない寿美の口中のなかに埋没した勃起は物足りなさを感じていた。

しかし、その物足りなさが間違いだと云うことを、直ぐに思い知らされた。動かぬ口のなかに、多くの虫が棲んでいるような感覚を感じはじめた。

巧妙な舌の動きによるものだろうと思ったが、必ずしも、寿美が舌を縦横に動かしている形跡はなかった。

やはり、口に含んでいる他の生き物が蠢いて亀頭部を舐めまわしているようだった。

まさか、そんなことはあり得ない。蛆虫を口中に飼っている女というのはおぞましかった。

身の毛がよだつ想像だが、ここで慌てて飛びあがるわけにはいかなかった。寿美が、自分の口の中に飼っている蛆虫たちに餌として、俺の亀頭が吸い込まれた図は、おどろおどろしいものだったが、いまさら小心に腰を引くわけにもいかなかった。

「驚かないの?」寿美が、蛆虫らの攻撃を小休止させるように唇をあげ、俺を覗き込んだ。

「驚いてるよ。あなたの口の中には何匹の虫が飼われているのかと思ったさ。でも、ここでビビったのでは男が廃る、そんな感じだよ」

「偉いのね。男の意地の為なら、虫に食べられても構わないってことね?」

「いや、流石に噛まれたら逃げ出すつもりだったけどね、今のところ這いずり回られているだけだからね。何とか耐えられる範囲かな」

「気持ち良くはないの?」

「慣れたら、絶対に気持ちいいだろうね。ただ、初めての体験と云う時点では、愉しんでいる余裕がないってことかな」

「正直なのね。私の口の中に蛆虫なんか棲んでいないわよ。私は何ひとつ努力はしていない現象なのよ。だから、テクニックでもなんでもないの……」

「寿美さんの口の中、いや、唾液に独特の刺激があるとでもいうことかな?」

「おそらく、そうだと思うの。まだ貴方とわたしキスしてないわよね。多分、キスすると、少し理解出来るかもしれないわ」

寿美の顔が近づいてきた。生まれつき、唾液に毒物が含まれている人間がいる筈もないのだから怖れることはなかった。しかし、唇にふれ、舌に触れる瞬間、心臓は高鳴った。

しかし、ここで逃げ出す行為は、寿美を充分に傷つけるに違いなかった。まさか死に至ると云うこともないだろうと、俺は思い切って舌を挿しいれた。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR