FC2ブログ

電話が鳴った あぶない女59


第59章

その時、電話が鳴った。

 俺と敦美のどちらの携帯が鳴ったのか判別つかなかった。俺の電話なら、出る気はさらさらないが、敦美の携帯が鳴ったのであれば、出ないわけにはいかなかった。

敦美の携帯だった。

やはり、殺された片山亮介は敦美の夫だった。

遺体確認は直ぐに終わったが、事情聴取に時間がかかっていた。敦美が家を出てOホテルに滞在している事情を厳しく質された。

夫婦仲が悪くなり、別れるつもりで家出をしたとまでは説明したが、なぜ、昨日家を出たのか、その理由を厳しく聞かれたようだった。

特に昨日である必要はなかったが、たまたまその日になったと敦美は主張したが、信じている様子はなかったとのことだった。

まだ事情聴取のようなものがあるらしいので、ホテルに何時に戻れるか判らないけど、居て欲しいと云うのが敦美の願いだった。

厄介な事件に巻き込まれそうだったが、敦美を放り出すわけにもいかない俺は、夜九時以降はホテルの部屋にいることを約束した。

そして、何かあったら、敦美の携帯を鳴らすように伝えた。

おそらく、調べが進めば、敦美のアリバイを証明するために、俺が引き摺りだされるのは必然だった。

それにしても、俺が敦美のアリバイを証明出来る時間は限定的だった。たしか、昨日の午後1時から6時まで、敦美がOホテルにいたことは証明できる。

しかし、その前後の時間、敦美がホテルの部屋に在室していたか証明はできなかった。

ポイントは、夫である片山亮介が、昨日の何時に殺されたかで、敦美の立場は劇的に変りそうだった。

しかし、仮に敦美のアリバイが証明できないからと言って、敦美を犯人とすることは、殆どないのではないのだろうか。

財産目当てであれば、逆に敦美が殺されているべきで、夫の片山亮介が殺されるのは逆転現象だった。

敢えて、敦美の犯行だと決めつけるには、夫婦げんかの末の犯行と云う構図だろうが、毒殺などの方法でない限り、女の犯行だと決定する要素は乏しいに違いなかった。

ということは、ねちっこく、根掘り葉掘りと事情は聞かれるだろうが、敦美を、そのまま拘留するような暴挙には出ないと考えられた。

檜の匂いが薄く感じられたが、気分の所為だと思った。果たして、このような状況で、寿美と身体を重ねて、充分な勃起が得られるか、幾分不安だった。

敦美が、夫の片山亮介を殺害する動機は、殆どなかった。

まあ、自分を覚醒剤漬けにしようとしたので腹を立てたと云う筋書きもないわけではないが、あまりに感情的過ぎた。

財産目当てと云う筋書きでも、片山亮介が敦美を殺したのであれば筋が通るが、逆さまはあまり捜査の対象にはなり難い。

仮に、片山亮介に多額の生命保険などが掛けられていたとしても、敦美の財産と比べれば、たいした額にはならない筈だった。

ただ、敦美が、俺にすべてを打ちあけていない可能性はあった。

夫が、シャブ漬けで財産を掠め取ろうとした行為に、激高していたことは考えられた。単に、俺には、そのような態度を見せなかっただけかもしれなかった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ

先日の旅籠で あぶない女58


第58章

寿美は間髪を入れず応答した。さも、誰かの電話を待っていたのではないかと思うほど早かった。

まさか、俺からの電話が来ることを待っていたわけではないのだろうが、機嫌のいい声音だった。

先日の1万円を返したい旨を伝えると、あっさり、先日の旅籠で会いましょうと提案してきた。

寿美を誘う算段を色々想定していたが、あっさりと寿美によって打ち砕かれた。2戦2敗した気分で電話を切った。

どこか吸いとり紙のような寿美と云う女に怖れを感じたが、逃げ出す気はなかった。いずれの日にか、寿美を屈服させる情景を描いてみたが、具体的な映像は浮かんでこなかった。

寿美が魔性の女であるかどうか、今日たしかめられるとは思わなかったが、少なくとも、男女の関係にはなれそうな気がした。

何故と聞かれても、斯く斯く然々という理由はない。ただ、二度目の逢瀬を迎えて、男と女にならなかった事がないからと云う、経験則によるものだった。

敦美の身に何かが起きたことは気になったが、警察からの電話で動いた状況から推測する限り、敦美の身が危険にさらされている状況ではないのだと思っていた。

いま、敦美の為に出来ることは、彼女の携帯を持ち歩き、連絡を待つことくらいだった。そして、その通りにすることで、免罪符は得られた。

今日中に連絡が入るだろうが、寿美と情交中に鳴らないことを祈るのみだった。

案の定、寿美は風呂を浴び、涼しげな顔でビールグラスに口をつけていた。

目は妖艶だったが、敢えて合せないようにして、残ったグラスのビールを飲み干した。

「汗を流していらっしゃったら」

寿美は、浴衣とタオルセットを俺に手渡し、今日は布団の中で、俺の身体をたしかめるとでも言いたそうに促した。

「結構暑くなってきたね。少し歩くと汗ばんでくるからね」俺は素直に、手渡されたものを受け取ると、例の総ヒノキの浴室に向かった。

 つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


亡くなられた片山亮介さんは あぶない女57


第57章

敦美からの連絡を待って、俺はベッドに寝ころんでテレビを見ていた。特に観たいものがあったわけではないが、ニュースのワイドショウにチャンネルを合わせていた。

「………亡くなられた片山亮介さん(38歳)は昨日午後から夜にかけて、自宅マンションの一室で死亡していました。現場の状況から、殺害されたものとみて新宿南署は捜査開始しました。金品などを物色した跡がないことから、片山さんが何らかのトラブルに巻き込まれた可能性を視野に捜査する模様と関係者は語っています。次のニュースは上野のパンダのお話です………」

一字一句覚えたわけではないが、新宿で男が殺されたと云うニュースだった。

敦美と関係あると云う確信はなかったが、なぜか、片山亮介と云う男が、敦美の旦那のような予感があった。

家に戻れば、詳しく確認する方法もあるのだが、ホテルの部屋では、敦美からの連絡を待つ以外、為すすべがなかった。

知ったかぶりしたコメンテータが、A首相の心の中を覗いてきたような詳しい解説を加えていた。

しかし、これだけ理路整然風に、妄想を話せるのは、一種の才能であり、一歩間違えれば詐欺師のように思えた。

そうか……、また気づいた。

敦美が、俺の番号を記憶していない限り、俺の携帯に電話を掛けることは不可能だった。おそらく、番号は覚えていないだろう。

ということは、ホテルに電話をしてくる確率が最も高かった。しかし、いつ連絡をしてくるかわからない。してこないこともある電話を待つ気にもなれなかった。

敦美がどれほど間が抜けていても、自分の携帯番号なら覚えているに違いなかった。そう、まさに、その敦美の携帯電話は、俺の手の中だった。

気がついてみると、あまりにも当然のことなのだが、非日常な状況に遭遇すると、人間はうっかり事実関係を見逃すようだ。特別、俺が間抜けなわけではない、そう思うことで、俺は次の行動に出た。

先ほどのニュースと、敦美がいなくなったことに関連があるか、何ひとつ手掛かりはなかったが、新宿在住の片山亮介38歳が敦美の旦那である可能性はかなりの確率だった。

敦美が突然、不自然に姿を消した状況と重ね合わせると、事情聴取、或いは参考人として任意の取り調べを受けている可能性があった。遺体の確認と云うこともあった。

いずれにしても、敦美が自分の携帯に電話を入れることに気づくまでには、相当時間がかかりそうだった。

ダブルのホテルの部屋で、何時ともわからない敦美からの電話を待つのは苦痛だった。

Oホテルを出た俺は、家に帰る気にもなれなかった。不動産屋との約束もキャンセルしたことで、半日の時間が空白になっていた。

こういう空白の時間等と云うものを手に入れたのは神の恵みかもしれないと思いながら、シャネルスーツの女のことを考えていた。

敦美が窮地に立たされているかもしれないにも関わらず、俺は他の女のことを考えていた。

時計の針は12時を過ぎていた。新井寿美にとって、最も暇な時間に違いなかった。

寝起きが悪く、不快な声が返ってきたら、名乗らずに電話を切る積りで、メモにあった携帯の電話を鳴らした。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR