FC2ブログ

次の一手 あぶない女 56


第56章

次の一手に気づくのに、俺は1時間を要した。

なんとまあ気がつかない男だと自分を罵りながら、敦美の携帯を手にした。

他人の携帯電話を手にすることは、経験がなかった。奇妙に後ろめたい心持ちだった。

しかし、事情は差し迫っていた。

敦美に、何かが起きたと思える状況なのだから、彼女の携帯を見ることは、関係者として当然のことだった。見ないことの方が、不作為を責められる状況だった。

メールの着信履歴は、俺の着信が最後のものだった。警察ドラマ風に考えると、最も怪しまれる人間は、俺だという方向を示していた。

“電話だ、電話だ”俺は、そんなことを口にしながら、電話の着信履歴を確認した。

“033920*110”これが、最終着信番号だった。

新宿管内の警察だ……。

リダイヤルすることも考えたが、曖昧な立場の俺が、不用意にリダイヤルする行為は、墓穴を掘る結果を招きかねない気がした。

墓穴?

どうして、墓穴だと思うのか。そう、墓穴と云う考えが浮かぶということは、敦美の身に何かが起きたという前提があると云うことだった。

しかし、敦美の携帯に、警察から電話が来たということは、少なくとも拉致監禁などの事件に、敦美が巻き込まれたわけではない、そのことが、俺に冷静さをもたらした。

何らかの容疑で、敦美を身柄拘束する為に、警察が電話を鳴らしたと考えるのも変だった。

最も考え得ることは、警察が、何らかの事件で、敦美に連絡する必要が生まれたから、そう考えるのが自然だった。

敦美の関係者?当然、一番の関係者は、俺ではなく、彼女の亭主だった。

敦美を覚醒剤中毒者にさせようと試みていた旦那が、彼女の最大の関係者だった。

つまり、敦美の亭主が、犯罪の被害者か加害者になった、そのどちらかで、敦美に電話が入ったと考えるべきだった。いや、単なる交通事故とか、救急車を呼んだなどの可能性もあった。

敦美の携帯が残されていて、最後の着信が警察からだった事から、多くの想像が成り立ったが、だからといって、俺の打つ手は限られていた。

ひとつは、その警察署にダイアルして、携帯の持ち主である敦美に、何が起きたのか聞いてみると云う手だった。

この場合、俺自身が表面化する覚悟が必要だった。それこそ、“あなたは敦美さんの何なのよ?”と問い質されることを覚悟しなければならない。

いや、敦美さんと云う呼称は不適切で、***さんの携帯ですが、どのような要件だったのでしょうか、と聞かなければならないのだが、まだ俺は敦美の苗字を知らない状況だったのだ。

苗字を知らない男が、女の携帯を手にして、何か女の身に起きたのでしょうかと警察に聞くことは、ひどく間抜けに思えた。

携帯の住所録を確認すれば、敦美の苗字は、おそらく判るだろう。ホテルのフロントに確認する手もないわけではなかった。

しかし、俺のすべてのセンサーが、疑われるような行動には出るべきではない。敦美のアドレス帳を覗く行為も、礼儀として怪しい線だった。

不作為だが、このまま敦美からの連絡が来るのを待つという最も消極的な方法が賢明だった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


敦美の姿はなかった あぶない女55


第55章

「12万、それって相場よりも高いのかな?」

「そう、高くも安くもないってことか……、だったら、明日にでも見に行きたいけど、そちらの都合は……」

「そう、それは良かった。それで、敷金とか礼金とかは?」

「へえ、敷金が1か月で、礼金は無しか……、今どきは、そういう傾向があるのか……。いずれにしても、それで条件的には問題ないよ……。そうだね、保証協会で処理した書類を作成して貰えば良いよ。金で迷惑をかけるような人じゃないから……」

早速、敦美が泊まっているOホテルに電話を入れた。

“えっ、中井駅……。新宿に近すぎないかな?”

「近すぎるけど、君のフィールドかと思ってさ……」

“たしかに、慣れ親しんだ街だけど……”

「昔の男でも住んでいるのか?」

“違うよ、直感的に、近すぎるって思っただけ。でも、考えたら、迷わずに暮らせるわけだから、悪くはないのかな……。そうだね、伊勢丹に行く時もタクシーで直ぐだし……。そこにするよ”

不動産屋と約束した時間は午後二時だった。一時にホテルに迎えに行くと伝えると、十時に来てほしいと、敦美は強く主張、いや、哀願した。

その余裕の三時間で、どのような行為が繰り広げられるのか、想像に難くはなかったが、この際、敦美の心と身体へのケアは必要なのだろうと、快く応じた。

約束通り、俺は十時にOホテルの***号室のドアをノックした。

しかし、欲情した女の声は返ってこなかった。ドアにドアカードをかざし、部屋に入ったが、敦美の姿はなかった。

バスルームにも、トイレにも、敦美の姿はなかった。

俺の敦美と云う女に関して描いていたストーリーが、根こそぎ葬り去られた。そんな気分で、無人のデラックス・ダブルの部屋を呆然と眺めていた。

敦美が、突然ホテルの部屋から外に出る可能性は、俺の知る限りゼロだった。旦那が、Oホテルに敦美が宿泊している情報を得て、拉致したのだろうか。

しかし、拉致などの行為が実行されたような形跡はなく、ベッドメークを済ませた二つの真っ白な枕は、主を失い寂しげだった。

メモのようなものが残されていないか、部屋中探してみたが、メッセージ性のあるものは見つからなかった。

さて、どうしたものか……。

俺が敦美を探す思いつく手がかりは、携帯だった。

そうだ、携帯を鳴らせば、敦美が部屋にいない理由は即座に知ることが出来ると云うことだった。

意外に、人間はいざとなると、あまりにも単純なことに気づかないものだと苦笑いしながら、敦美の携帯を鳴らした。

俺の携帯がハウリングしていた。いや、ハウリングではなかった、ベッドの下から、その音は聞こえていた。

……敦美が携帯を忘れていった……?考えにくいことだった。

間違って落としていったか、慌てて出ていく事情があったのか、いや、やっぱり強引に連れ出されたのだろうか……、俺には、打つ手はまったく与えられていなかった。

無為な待ち状態だが、取りあえず不動産屋に、今日の約束をキャンセルする電話するのが精々だった。顔見知りの不動産屋は、今日一日は返事待ちの物件にしておくと云う話だった。

それにしても、敦美が携帯を置いていっていった以上、こちらから連絡する方法はなかった。唯一、このOホテルの部屋で、敦美からの連絡を待つ以外、方法はなかった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


女房に毒を盛る亭主 あぶない女 54


第54章

敦美に、こんな町に住みたいと言った希望はなかった。

生まれも育ちも新宿なのだから、他の町がどのような住み心地か知る由もなかった。彼女の目的は、自分の女房に毒を盛る亭主から逃げ出す緊急避難、当面の安全が目的だった。

そういう意味で、住む部屋の環境さえ良ければ、文句を言わない筈だった。無論、追々には、住む町の環境などにも注文が出るかもしれなかった。その点は考慮しておいた方が良さそうだった。

直感に過ぎないが、中井駅か上石神井駅周辺なら、そのような不満も少ないような気がした。ファックスで送られてきた物件には、上石神井の一軒だけだったので、中井、上石神井中心の物件を追加するように、不動産屋に依頼した。

敦美の住まいのことを手配しながら、俺は違う女のことを考えていた。そう、いま最も問題なのは、敦美の部屋探しではなく、新井寿美と云う女のことだった。

屋上屋を重ねるように関係する女を積み上げていく。そのことへの根源的問題の解決は、おそらく、どこかで必要になるのだろうが、今ではない。心の病の一種なのだろう、ぼんやりと、したり顔の精神科医の顔が浮かんできた。なぜか、目に浮かぶ精神科医も女だった。自分でも、呆れるほどの執着力だった。

俺の女コレクター性癖は異常の域に達しているのだろうが、性的嗜好は、所謂、正常の範囲にある。誰も俺を異常者だとは思っていない。

女の狩人、そんな風に自分を分析することもあったが、狩人であれば、一件落着という風情で喰い散らかして去っていくものだ。ナンパ師や強姦魔は、狩人として、その場限りで関係を完結しているのだろう。しかし俺の場合は、狩りをした獲物を抱え込むのだから、どんどん荷物は重くなる。

そして、それぞれの女に、それぞれの感情を持ち合わせるのだから、頭も心もフル回転になる。財布の底が常に覗き込める状態になっている。

「病気だな……」俺は呟きながら、電話機から、十枚近い紙が吐き出す映像を目にしていた。

吐き出された物件案内の紙を拾い上げながら考えていた。あのシャネルスーツの女に連絡するのは、何時がいいのだろうかと。

女が置いていった一万円札が、女と俺を繋ぐ重要なファクターだった。一枚の札があるお陰で、俺はいつでも女に連絡を取る必要性を持つことが出来た。

それが、計算された一万円札であるのかどうか、その辺ははっきりしなかった。あのまま、俺が寝込んでしまえば、あの一万円札は追加料金で消えていたのだから、俺が女に連絡することが出来るキッカケではなくなっていた。

いや、女が置いていった一万円で追加料金を支払い、ぬけぬけとしていられる筈もない。やはり、あの一万円には、シャネル女の強いメッセージ性が存在したと考えるべきだった。

しかし、と思った。

あの女が、そこまでする理由があるのだろうか。いくら自惚れの強い俺でも、今さら女に買われるほどの魅力があるとも思えない。ご立派な一物を所持していたから云々と云う解釈も馬鹿げていた。

まぁ、このような場合、多くはこちらの考え過ぎで、相手側は何も深く考えずに行ったこと、そういうことが多かった。

課題を与えられたという自意識がもたらす一種の自惚れで、どうでも良い理由とか、理由すらないことが多いものだった。

寿美に対して、シャネルスーツの女と云う俺のイメージ作りが、強く作用しただけで、彼女取った行動は、極めて日常的行為だったのかもしれなかった。

しかし、些細なことに、魂を押しつけることは、考える側にとっての、一種ゲームであり、気持の旅にもなっていた。

俺の自意識は、何時もそうだ。些細なことに意味づけをして、ことを、殊更に大きな問題にしてしまう性癖のようなものがあった。しかし、その時間を無駄にするような心の動きが、時の経過と伴に相手側の情感に強く作用し、遂には相手側の心を動かすこともあった。

電話機から吐き出されたファックス用紙の中から、中井駅徒歩5分、1DKの物件を片手に、不動産屋に電話を入れた。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ





プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR