FC2ブログ

あぶない女 42


第42章

敦美は、快感ポイントを俺に知らせる仕事は放棄していた。そして、特に、強い性的刺激を求めている風でもなかった。幾分間延びした時間が最適だと言っているようだった。

考えてみれば、当然かもしれない。

敦美は、家出をしてきたばかりの人妻だ。性欲以前の問題に興味が集中しているのが当然だった。

逆に、今後の身の上の心配よりも、一時の肉体的心地よさに身を委ねる余裕がある敦美と云う女は、やはり薬の影響を受けているのか、それとも、享楽向きな肉体の持ち主なのか、或いは、俺とのコミュニケーションの手段として、オ×ンコを提供しているのだろうか、その辺を十分理解せずに、俺は、敦美の陰部に指を突っ込み、無目的に近い行為を継続していた。

「このまま動かないで」敦美が俺の腕を抑えた。

「ここが良いってこと?」

「ううん、特にそこが良いわけじゃないけど、貴方の指と繋がりながら話したいの」

「そう、構わないよ。で、なにか話したいこと浮かんだの?」

「貴方、不動産屋さん知っているかしら?」

「知ってるけど、この状態で話すのが良いのかな?」

「こういう状態が落ち着くんだけど、駄目かしら?」

「駄目ってことはないけど、少し変な感じがするけど、まあ、慣れるとするか……」俺は、素直に、その時の気持ちを口にした。

「たしかに。でもね、こう云う状態の方が、リアリティがなくて、話しやすいの。何ていうのかな、アイツのプレッシャーなんて怖くないって思えるのね。だから、しっかりとオ×ンコを支配されていたいのかな……」

「そうか、気持って、そういう不思議なことってあるから、何となく判るよ。じゃあ、しっかり入れたままで、話の続きをしよう」

「ありがとう。考えてみたら、私って、どの辺の街とか、どのくらいの大きさとか、考える知識がないんだから、全部貴方に任せた方が、早く部屋を見つけられると思うんだけど、どうかな?」

「まあ、後から文句言われるのは困るけど、それ抜きなら、常識的に、直ぐに見つかるよ」

「そうして、文句なんて言わないから。何が良くて、何が悪いかの知識もないから、当分、文句は思いつかないから……」

「家賃15万前後で、ありったけの候補を出しておくように言っておくよ」

「明日から、その候補を見に行けるとイイのだけど」

「今日からでも見られると思うけど……」

「今日は良いの、部屋探しは、明日から。今日は、私の家出のお祝いと、私と貴方は、これからどう云う関係でおつき合いするのか、何となく決めておきたいの。ううん、途中から違っても構わないけど、一応、決められた関係って規則が欲しいの。無論、その規則を考えるのは貴方だけどね」

敦美は禅問答のような会話をしながら、俺の指に、微妙に纏わりつく、膣壁の動きを伝えてきた。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


あぶない女 41


第41章

部屋は、二方向の窓が大きく開口されていたので、明るかった。遠くの超高層ビルの窓から望遠鏡で覗けば、ふたりの行為はまる見えだろうが、委細構わなかった。

見たい奴がいたら、どうぞ覗き込んでマスターベーションでもしたら良い。OLが覗いたら、股間に手を伸ばすのも許してやろう。

俺の身体は、鑑賞に堪えられないだろうが、敦美の女体は、観客を魅了するだけのものがあった。

余程のもの好きでなければ、男の体を凝視する奴はいない。

おそらく、女が覗きの主であっても、品定めは、先ずは女の身体からだろう。まあ、たまたま、男の勃起がみごとであれば、凝視することもないとは言えないが、俺は未だ服を着たままなのだから、見られる心配はなかった。

「股を開きな」先日の初めての交合の時よりは、幾分優しく命じた。

敦美は、お待ち申し上げておりました、そんな感じで、大きく開放された日本橋の空に向かって、オ×ンコを晒した。

どういうつもりか分からないが、未だまだ張りのある綺麗にマニュキュアされた十本の指が、大陰唇を強く圧しながら、淫裂の扉を左右に押し拡げた。

どこから供給されているのか、ふと不思議になる程、愛液が湧き出ていた。

どこかに源泉があると、探求心が深まる理由もわかる。夢のない事実だが、その多くが、膣壁から滲み出ているものだと言われても、納得したくない気分だった。

俺の二本の指が、せわしなく、敦美のオ×ンコの中の愛液を掻きだした。

「いい、なんだか知らないけど、かゆい所を掻いてもらっている感じ。もっと爪立ててもらいたいの、強くていいの・・・・・・」

まさか、膣壁に爪を立てて掻きむしって、とリクエストをされても、どの程度の手加減なのか分からなかった。

流石に爪を動員するのは躊躇した。敦美のリクエストは、そんな風に感じるようにと云うものと理解した。

とりあえずの愛液を掻きだした俺の指は、敦美の膣壁にあてがわれた。俺は迷いながら、どの辺の膣壁が痒いのか、探り続けた。

「ポイントに当たったら、知らせてくれ」

「うん。どこもかしこも気持ちいいけど、より好いとこ知らせるね」

「あぁ、それで良いよ。じゃあ、先ずは左の壁だ」

二人は、昔遊んだ”お医者さんゴッコ”に夢中になっていた。

あらかたの膣壁を一回りしたが、敦美の口から洩れてくるのは、軽いよがり声であって、水先案内人の役は半ば放棄していた。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ




プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR