FC2ブログ

◎×がプリントされていない あぶない女144


第144章

ジャズバー静は、何時ものように、ゆったりとした時間が流れていた。

上野との約束の時間は午後三時だったが、店内の古時計の針は、午後二時を、すこし回った時を刻んでいた。

約束の時間を間違えた訳ではなかった。地方の新聞社から依頼されたコラムに関する資料に目を通しておきたかったからだった。

この店のオーナーだと云う“静”という名の女の姿を見たのは、10年近く通っていて、たったの一度切りだった。

まぁジャズを聞くために通っているのだから、特にオーナーの婆さんと会う必要はないのだが、どことなく釈然としなかった。

こんな客の入りで、この店の経営は成り立つのだろうか。珈琲が1000円と云うのは高いのだろうが、時間制限なく、良質のジャズ、良質の音響を提供しているのだから、決して高いとは言えなかった。

俺自身は、夜の時間に、この店に来たことはなかったが、上野の話では、夜も同一料金で、昼間と変わらない人の入り具合だと言っていた。上野曰く、多分道楽なんじゃないですか、という評価だった。

上野の評価は、当たらずと雖も遠からずだと、俺も同意していた。渡された資料に目を通しながら、思い出したように、上野に渡すリストにもう一度目を通した。

片山が付けたであろう◎×のマークがプリントされていないことを確かめ、再び、資料に目を移した。

“静”のドアの鈴が鳴り、客の来店を知らせた。足音は迷うことなく、俺の席に近づいてくるのが判った。

俺が目を向けるのと、上野の声が聞こえるのが同時だった。

「おや、早かったね」俺は、開いたままの資料を閉じようとした。

「すみません、早すぎましたか」上野が腕時計に目をやった。

「いや、チョッと資料に目を通そうと思ってね……」

「お待ちしますよ」

「いや、用件を片づけてしまおう。君は、社に戻らなければならないだろうしね……」

「すみません、幾つか案件抱えているものですから……」

「なかなか、週刊誌の仕事も大変な時期だからね、幾つもやらされるのも、時代の流れかな」

「そうですね、昔は、ひとり一件体制が、二件になり、今では三件のかけ持ちが常態化ですよ」

「身体、壊さないようにしないとね。やれるからと言って、やり続けないことだよ。適当にサボらないと身体を壊すから」

「その適当が、なかなか難しいですね。先輩たちの多くが早死にしているのを見聞きすると、何だかなって思いますよ」

「そう、会得した頃には、既に身体を蝕まれってことが多いのが、この業界の常識だよ」

「商売変えしたいところですが、もう三十超えると、そう簡単には行きませんから……」

「まぁ、言うは易くって話だね。ところで、これが例の片山ノートのリストだよ」

俺は、片山の前に、プリントアウトしたリストの束を差し出した。

つづく






彼女に破綻を告げる あぶない女143


第143章

敦美の心境を確認して、俺は落ち着きを失った。

彼女の、何も変わらないことが望みは、人間が生きていく上で、最も困難な望みだったからである。

人間が生きている以上、その人の生活、或いは、長い期間の人生に対して、前進や後退と云う現象はつきものであって、これらの影響から、人は逃れられない生き物だと知っていた。

つまり、敦美の望みは、必ず破綻すると云うことだった。

その破綻が、どう云うものなのか、現時点で想像することは困難だ。しかし、必ず“時間”というものが、彼女に破綻を告げるだろう。

ただ、彼女にとって、その望みの破綻が、必ずしも悲劇的なものであるとは限らない。より有益な破綻と云うこともある。

はっきりとしていることは、人間変わらないと云う命題は、最も難しい行為であるということだった。

そういう意味で、変らないでいることを望んでいる時空に存在する俺と云う存在は、最終的には無意味な存在だとも言えた。

俺自体は存在する。しかし、敦美と云う女にとって、俺と云う人間は、最終的に存在しなかったのと同じと云うことだ。

虚無的生き方を望む俺には、おあつらえ向きな話ではあるのだが、面と向かって考えると、かなり無力感をおぼえた。

敦美にとって、俺が刹那的存在であったと云うことは、俺にとっても、敦美は刹那的女であったと云うことにほかならない。

敦美から言わせるなら、変らぬ時空を望んでいるのだから、俺の存在も、変らぬものの一部だと主張するだろうが、俺の哲学とは相いれない考えだった。

この浮世離れした環境におかれている敦美という女が、実は平凡な女であるアンバランスが、俺の思考に狂いを与えていた。

逆に、世間ずれした環境に生きる寿美という女の方が、よほど浮世離れしているのは、皮肉だった。

「なにを考えてるの?」敦美の間延びした声が耳元から聞こえてきた。

「眠くなってた……」

「そう、じゃ寝ようか…」

「そうだね、少し寝かせて貰おうかな……」

「仕事が忙しいみたいね」

「多少ね。でも、あまり金になる仕事じゃないけどね」

「書く仕事って、そんなに儲からないの?」

「そうだね、儲けるためにする仕事じゃないかもしれないな」

「会社の方が儲かるの?」

「まぁ、書くよりは儲かるかな。ただ、ものを書くって仕事は、儲けることが第一目標じゃないから、仕方がないのかもね」

「そうなんだ。父なんかの仕事を見ている限り、仕事って、全部、お金儲けの為のものだと思っていたから……」

「商売は、だいたい儲けるためのものだから、その通りじゃないかな」

「じゃあ、貴方の仕事は違うわけ?」

「そうだね、少し違うかな」

「どんなふうに?」

答えるのが面倒だった。

俺は、敦美の問いに、答えを返さずに、一定の息づかいをした。

つづく






情欲的ではない何か あぶない女142


第142章

だんだん、敦美が退屈な女になっていくのを感じていた。

俺にとっての敦美は、クライアントであり、尻や腿を触りながら酒を飲む、良い相棒だった。

俺はそれで充分だが、敦美と云う女の人生には、何かが不足しているように思え、その不足が、ひどく脆い心の女になっているようで不安だった。

その何かを、敦美自身が見つけるのが一番だったが、放置しておけば、永遠にそれを見つける機会がないように見えた。

しかし、押しつけても意味はない。

金の心配は一切ない。特にこれと言って、健康に不安もない。心配する家族がいるわけでもない。

そういう35歳の女に不足しているものは、何なのだろう。

家族、家庭、夫、子供、恋人、お金、健康、趣味……。

家族は現在一人もいない。敦美が再婚して、子供を産めば、家族が出来るかもしれないが、現在、その兆候はゼロだ。

恋人?俺が、恋人と呼べる対象の範囲にいるかは疑問だ。どこかで、互いに、パートナーであろうとしている。そう、パートナーなのだ。

何のパートナーなのか、その辺は曖昧だが、現在の生活を維持する為に必要な電化製品のような存在かもしれない。

互いに、要求すべきものがハッキリしている。俺にとっては、必要欠くべからざるものではないが、敦美には必要だ。

ただ、ある一定の時が経てば、俺の存在が不必要になるのも決定している、そう云う関係のパートナーだった。

寿美と情交を交えた後で、敦美に会うのは苦痛だった。

しかし、今夜は会って、あの温かみのある肉厚なお尻の肉をたしかめたかった。

決して情欲的ではない何かが、敦美のお尻にあつた。

それが、どう云うものか、特に説明するつもりはないが、いま、俺たちはパートナーだよなと、確かめ合うようなものだった。

そんな俺の考えとは無関係に、ゆったりと、俺が訪問することを喜んだ。

「第三の愛人探しはどうなっているの?」

「あれから全然進展なしよ。あったら、すぐに話しているよ」

「寿美さん家族からの接触はないだろうね」

「大丈夫みたいね。今のところ、私への接触の道は絶たれたままみたいだから」

「それは良いことだけど、少し寂しいとか思わないの?」

「あいつ等と音信不通になることが?」

「いや、そう云う意味じゃなく、誰とも関係しない生活っていうのかな……」

「別に、何とも思っていないよ。週に3回は貴方に会えるし、貴方が、昔の男達の何倍も話してくれるから、寂しさもないからね」

「そう、それなら良いんだけどね。フトさ、生活が退屈なんじゃないかと思ったりしたものだからね」

「今のところ大丈夫よ。多分、プレッシャーだらけの生活が続いていたからさ、何もない生活を愉しんでいる最中なのね」

「片山との生活はプレッシャーだったのか?」

「そうね、無言の圧力が、そこいら中に散らばっているような、そんな感じだった。そんな感じの圧力のひとつが、あの人を死に追いやったようにも思えてくるしね」

「たしかに、そういう男と生活していて、君は、親の莫大な遺産を抱えていたわけだから、そういう事実の積み重ねが、君を押しつぶしていたんだろうね」

「そう、だから、あまり貴方も考えないで、私のことを、ね」

敦美の言葉に、一瞬突き放された気分になったが、その趣旨は理解できた。

敦美は、今のままの環境が良いだけで、なにも変わらないことを望んでいた。

つづく






一突き一突きに呼応して あぶない女141


第141章

寿美は、魔性な身体になっていた。

乾ききっていた大地が与えられた水を、いつまでも貪欲に飲み続けている大地に思えた。

なにも、精液を飲み続けているわけではないが、快感と云う水を、与えられるまま、いつまでも満腹することなく飲み続けていた。

肉体がへとへとになっているのに、膣が、子宮が、それを受けつけた。叫ぶ声が嗄れているのが判るほどだ。

階下の高飛車な女主人が耳を塞ぐほどの快感を伝えていた寿美の声がドスの利いた低音に変っていた。

男が射精の寸前に出すような声で、俺の一突き一突きに呼応して、しゃがれた声を出していた。

何度目になるのか判らないが、上になっていた寿美の身体が崩れ、布団の上に崩れ落ちた。

もう、ビールで喉を潤す気力すら薄れて、失神を味わっているようだった。

失神しているのだから、その感覚を味わうことは出来ないだろうが、おそらく、崩れ落ちる寸前の感覚は覚えているに違いなかった。

細い背中がゆっくりと、生きていることを知らせた。

汗で光る寿美の背内に指を這わせると、一瞬、快感が呼び戻されたが、つかの間の快感が、次の快感を呼び覚まし、失神が交錯した。

汗の引いた寿美の身体は冷えていた。

俺は、フェイスタオルで、寿美の身体の汗を拭いた。少し粗目のタオルが、肌を擦るたびに、寿美は快感に似た声を小さく出したが、深い快感ではなかったし、抗うこともなく、身体のすべてで、そのタオルの感触を受けつけた。

寿美の局部には、まだ余力が残っていると知らせる滑りがあった。

寿美の粘膜が、まだ許容に達していないしるしだったが、これから、夜中まで働く寿美に余力を残す気遣いがあっても良いのだと、陰茎に終わりを告げた。

寿美はそのまま一時間近く深く眠りついていた。

身支度をして、店に向かわなければならないギリギリまで、寝かせておくのが、最近のふたりの流儀だった。

寿美を起こす方法も決まっていた。

次の機会まで、快感を封じ込めておくための儀式ではないが、M字に開かせた寿美の中心に、二本の指を挿し込み、子宮頚を抑え込んだ。

ここで、動きだすことは、セックスのはじまりを伝えてしまうのだから、動かないことが必須だった。

その儀式が成功した時は、寿美は、次の機会まで、その性欲を子宮内に温存できると主張していた。

俺は、その日も、その儀式を忠実に再現し、次の機会を待つことにした。

「そういえば、片山ノートを見つけたみたいよ」

「愛人が持っていたってこと?」

「違うみたい。どこからか送られてきたようなの。あれじゃないの、片山の仕事仲間が流してきたんじゃないかって、兄は言っていたけど、差出人は不明のままみたい」

「その送られてきたものが、片山ノートの中身だって、よく判ったね」

「一時期だけど兄が、片山と一緒に動いてた時のデータに似てるからって……」

「それで、幾つかに連絡を入れてみたら、ビンゴ!ってことなのかな」

「そうそう、そのビンゴ!だったわけよ」

「だったら、敦美さんの第三の愛人探しは不要なわけだ」

「そうね、不要だけど……、しばらくは、彼女に愛人探しは継続して欲しいところね」

「どうして?」

「何だろう、少しは苦しんでいて欲しいからかな……」

俺は、寿美の考えを承諾した。理由は敢えて聞かなかった。どんな理由にせよ、寿美が、敦美をお役御免にしたくない、何かがあるのだろと、疑念を打ち消した。

つづく





郵便物は彼らに届いて あぶない女 140


第140章

敦美の、片山ノート探しは続いていた。

もう必要はないと言ってしまいたい誘惑にかられたが、飲みこんだ。

「まだ、片山さんの愛人探しをしているの?」

「全然わからないのよ」

「当の本人が死んでいるんだから、調べるのも限界あるしね。尾行と云う手段を除いて、旦那の愛人探しは、簡単じゃないからな」

「そうなのよ、こんなことになるなら、生きている間に突き留めておくべきだったわ」

「ところで、敦美は、どうして第三の愛人を探しているんだっけ?」

「片山ノートを見つけたいからだけど……」

「いやさ、どうして片山ノートを見つけなければならないんだったっけ?」

「だって、また、アイツらが、探し回っているかと思うと、気が気じゃなくてさ……」

「あれから、彼らから何か言ってきたの?」

「何もないけど、なんだか、必ず言ってきそうなんだもの……」

「そうか、それがないとは言えないけど、あれから半年近く経っているだろう。それに、アソコの誰かが、警察に呼ばれたって言ってたよね、もう動くのやめたんじゃないのかな?」

「甘いはよ。彼らは、あの商売で生きてきたのだから、販売ルートのアイツのノートは、絶対に欲しい筈だもの」

「まぁそうだけど、そんなに欲しいなら、自分達で探せばいいわけで、敦美を脅しても、知らないものは知らないんだからさ」

「そういう理屈が通じる相手なら心配しないよ。そういう相手じゃないから嫌なのよ。また、なにか仕掛けてくるんじゃないかと思うとね」

「たしかに、気分はよくないけど、彼らが危害を加える可能性はないんでしょう?」

「今までならそうだけど、切羽詰まれば、強行に出てくるかもしれない人間たちだから……」

「そうか、気味が悪いか……」

「住むところは、二回移動したから、簡単に住まいを見つけられる可能性は減ったけど、ついつい、新宿には出てしまうから……」

「池袋に出るか、渋谷に出てみたら?」

「それも何だか面倒だしね」

「やはり、新宿がいいか」

「そうね、出来るだけ出ないようにはするけどさ」

「そういえば、寿美さんには、第三の愛人の話したんだよね。その後、彼女と話はしたの?」

「ううん、あれから連絡は取っていないわ」

「そうか、ダメもとで、連絡とってみるのも手だよね。敦美が、いまだに第三の愛人探しで動いているってことを知らせておけば、敦美を揺さぶっても意味がないことが、相手に通じると思うんだけどさ」

俺は、投函した郵便物は、既に彼らに届いているに違いないと、カレンダーに目をやった。

つづく






プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR