FC2ブログ

バカ息子風に見えるわ あぶない女128


第128章

パソコンを開くと、Windows10の更新がはじまった。

なんでこんな時に更新をするんだと思ったが、始まってしまった以上、それが終わるのを待つしかなかった。

更新は嫌に長い感じだった。

シャワーを浴びようと部屋を出た時、携帯が鳴った。

寿美からだった。

“兄が任意の事情聴取で呼ばれたの”

「任意か、でも、そのまま逮捕って流れかもな……」

“私も、そんな感じがするの。どうしたら良いかな?”

「現時点では、手の打ちようはないよね。現実を直視するのが一番だよ。ただ、兄さんが警察に話した内容次第だけど、今度の“片山ノート”の件は、すそ野の広い問題に発展しそうなんだ。」

“それって、どういうこと?”

「いまの時点では、あまり具体的なことは判らないんだけどね、単に、警察は、片山が殺害された事件だけを追っているという感じじゃないんだよね。片山が殺されたことで、影響を受ける、何らかの問題が隠されているようなんだ……」

“隠れた問題って、どういうこと?”

「今の時点では、皆目見当がつかないんだけど、外事や公安も動いているようだからさ、殺人事件の捜査なんて、どうでも良いような動きがあると聞かされたよ」

“貴方の情報源って、警察なの?”

「いや、兄貴が新聞記者だからね、そのルートもあるし、昔は、これでもトップ屋だった経歴があるからさ、そのルートもあるからね」

“そうなんだ、意外な経歴があるのね”

「まぁ、小説も、簡単に売れるわけではないからさ、何かに、食い扶持を求めるわけだよ」

“そう、親の遺産かなんかで生きている人かと思っていたわ”

「まさか、俺、そんなに呑気そうに見えるのか」

“見えるわよ。どこかの金持ちのバカ息子風に見えるわ”

「そうか、それは知らなかった。案外、苦労人なんだけど、バカ息子に見えるのは嬉しいね。顔に苦労が滲み出ているなんて、恥ずかしいからね」

“それはそれとして、そうなると、私の家族たちって、どうなるのかしら?”

「予想しにくい事件だからね。捜査は多岐にわたるし、立件する要素も広がりを見せるだろうから、途中から、特捜部案件になってしまうかもしれないな」

“特捜部?あの東京地検特捜部ってこと?”

「そう」

“例えば、ロッキード事件みたいな?”

「まぁ、そこまで大きくはないけどね……」

寿美は、もっと電話をしていたいようだったが、仕事が立込んでいるとからと、話を切り上げた。現実、幾ら質問されても、それ以上の事実を、俺は掴んでいなかった。

無論、これから見る、“片山ノート”らしきもののデータの話をする気はなかった。

つづく






ヤバイ相手とかかわる危険も あぶない女127


第127章

俺は、敦美のアドバイスを受け入れて、マンションの駐車場を月極めで契約していたので、駐車場探してウロウロせずに済んだし、悪戯されるリスクも減ったことは嬉しいご褒美だった。

敦美が、必要経費から落とすから良いと言われたのだが、先ほどのように、俺の運用手数料を忘れていないとも限らなかった。

こっちの確認もしておかないと思いながら、イグニッションキーを回した。

敦美の部屋から30分弱で、家につけるのもありがたかった。

急いで車を飛ばしたいところだが、こういう時こそ安全運転に徹しなければいけなかった。

その辺は、ルポライター時代に身につけた癖だった。

特ダネに、直ぐ飛びつかない用心深さがないと、トップ屋と呼ばれる連中の命はいくつあっても足りないと、先輩たちから枕詞のように聞かされていた。

しかし、それにしても、俺はいま、なにを生業(なりわい)に生きているのだろうか、そんなことを考えながら、甲州街道に入った。

明大前を過ぎたあたりで、携帯が鳴った。

上野からだった。

上野からのコールには出なかった。

家に着いてからで良いとも思ったが、やはり、早い方が良さそうだった。

車を停めて、リダイヤルした。

上野は直ぐに出た。

「なるほど、それは興味深い話だね。与党の議員や、議員の息子らが、片山から薬を入手していたのではないかということだね」

「それで、躍起になって探しているのが、麻薬班ではなく、公安係ってことか……。それって、地検特捜部も関係しているのかな?」

「検察には動きがないか……。てことは、内調絡みで、ルートのもみ消しに動いているのかな?」

「それもありか。それと、弱味を握っておいて、政争の具に利用するつもりかもしれないってわけだ。なにせ、情報ってのは、料理人の腕次第で、どうにでも化けるものだからね……。そうか……」

「うん、その辺はからっきし、手立てがなくてね。ただ、わずかなルートが頼りってレベルなんだよ」

「近々、何らかの情報に辿りつくかもしれないよ。その時は、直ぐに連絡するからさ。君にとっても、すごいネタかもしれないが……。いや、俺は引退した身だからね、特ダネは君にあげるけど、ヤバイ相手とかかわる危険もあるから、充分に気をつけて扱うことだよ。内調まで動いているのなら、なお更だよ」

上野との電話は終わった。

それにしてもと、駐車したままの車の中で考えた。

俺のポケットの中でトイレットペーパーに包まれた、マイクロSDカードの中には、日本の政界をひっくり返すような情報が入っている可能性があった。

いや、まったく逆の場合も考えられた。小児性愛の動画でも入っている方が、危険からは遠ざかるのだが…。

仮に、その情報が、政界に流れている薬のルートだとすると、俺の気持ちが、どのような化学反応を起こしてしまうのか、自分でも自信がなかった。

昔のルポライター魂が頭をもたげてしまえば、とことん追求の手を緩めることはないだろう。場合によると、上野を出し抜いて、週刊誌に売り込みたくなるかもしれなかった。

しかし、精神的にも肉体的にも、既に、危険な情報を追いかけられるものは保持していなかった。そんな俺の心だけが動きだすのは、最も危険だった。

つづく






ポケットのマイクロSDカード あぶない女126


第126章

敦美がマンションに持ち込もうとする荷物が、予想以上に多くなった為に、結局一旦中井のマンションに戻る羽目になった。

「あぁ、持ってき過ぎちゃったね」

敦美は、夢中になって、あれもこれもと強大なポリ袋に詰めこんだ、衣類を、次々とリビングで開き始めた。

「まだ着られる高級そうな服だから、いずれにしても持ってくることになるのだから、無駄と云うことはないさ」

「そうよね。これを整理するドレッサーも買わなければならないし、この部屋、少し手狭かもね」

「それに、隣の声も聞こえ過ぎだしね」

「そう、こっちの声も、聞く気になれば聞こえるってことだもんね」

「そういうことになるね」

「ねぇ、早速で悪いけど、もう少し大きな部屋、探して貰えないかな」

「いいよ。不動産手数料は無駄になるけど仕方ないね」

「そんなの良いよ、月収450万でしょう」

敦美はあっけらかんと、450万円と言ったが、彼女は俺の取り分を忘れているのだろうか。

近々、何かの折に、その辺は、再確認しておいた方がよさそうだった。

それは別にして、敦美がリビングから寝室まで、洋服が皺が寄らないように拡げてくれたお陰で、俺の居場所は限定されてしまった。

ダイニングの椅子に腰を下ろして、敦美の動きを追いかけながら、ポケットのマイクロSDカードの存在を気にした。

このポケットに突っ込まれた、片山のマイクロSDカードから、鬼が出るのか蛇が出るのか、ワクワク感があった。

会ったこともない片山亮介と云う男の存在が、俺の中で大きな位置を占めはじめた。

“片山ノート”というスパイじみた情報ファイルにも興味があったし、片山が命をかけてでも守ろうとした情報は、宝の山のように思えてきた。

敦美から、早く解放されたかった。速攻で家に帰って、このポケットの中身を復元したかった。
 
データは、よく見るマイクロSDカードなので、ソフトはWindowsに違いなかった。まさかMacOSということはありえないと思った。片山の部屋の雰囲気から、Macの臭いはしなかった。

つづく






私の中には片山はいない あぶない女125


第125章

「なにか見つかった?」敦美がコーラの瓶を持って、片山の書斎に現れた。

「いや、めぼしいものはないね。片山さんって、音楽のセンスは好かったようだね。クラシックのセンスも好いし、ジャズ、ロックのCDのコレクションも上等だ。BOSEのセットも中々なものだからね、感心してみてたよ」

「あら、興味あるの。だったら、何かの機会に持って行ってよ。あの人も、好きな人に遺品として貰って貰えたら本望なはずだから」

「そうだね、なんかの時に、CDは貰おうかな。そういう君はいらないの」

「そうね、長淵とかEXILE、中島みゆき、その辺の日本人のは、全部私のだから、私が持って行くけど」

「そう、だったら、敦美が持って行ったあとの残りを俺が貰うよ。でも、彼の記念に、一枚くらい持って行ったら」

「いらない。死んだ人に興味ないし、死ぬ前に、もう片山とは、心の中で別れていたわけだから……」

「まぁ、そういえば、そうだけど。何となくの記念とかさ。こういう感傷は、男の感覚かもしれないけどね」

「そうだと思う。もう、私の中には片山はいないもの。貴方がいる、そこまでは思ってはいないけどね」

「言ってくれるね。でも、まぁ、そのくらいの関係の方が、お互い疲れないとも言えるからね」

「そうだよ。本当に愛したら、別に帰る家があるなんて、許せないもの……」

「それはたしかだな。やはり、重要な存在にならない方が安全なようだ」

「アッそれは違うわよ。貴方は、少なくとも現在の私には重要な人物よ。ただ、愛しているとか、そういうことでは、最重要ではないって感じだってこと、勘違いは嫌よ」

「そうだね、君の資産運用の責任者だった」

「そう言えば、最近の運用益、かなり良いのよね。あの調子だと、年の利回りが10%近く行くんじゃないの?」

「まぁこの調子が続くとは限らないからね。でも、悪くても、この一年の利回りは、7%は確定的だね」

「そうなんだ。いま運用しているのって10億だったから、7千万の運用益ね、すごい、私たち、もっと贅沢しても良いんじゃないのかな」

「まあね、月額にして450万は遣えるね。元金減らさずに」

「えっ、7千万なら、もっと多くない?」

「税金があるよ。手取りは、どんなに優遇税制を駆使しても、8掛けが良いところだから、年間5600万、月にすると、450万ってことだよ」

「あぁそうか、税金取られるのね」

「敦美から税金取らずに、誰から税金取ればいいのってことだろう」

「そうか、そう言われればそうよね。私たちのは、不労所得だもんね」

「そう、自分は働かずに、銭に働いて貰っているわけだから、沢山税金払わないと罰が当たるよ」

「その割には、あまり払っていると威張れた税額じゃないけどさ」

「威張れないの?」

「そうりゃそうだよ、サラリーマンなんか、3割以上取られているんだからさ」

「えーっそんなに。よく、革命が起きないよね」

「まったくだね」

ふたりは笑いながら、片山が殺されたマンションを後にした。

つづく






マイクロSDカードが… あぶない女124


第124章

壁紙は、警察が部屋を調べた時点ではしっかりと貼りついていたものが、今になって剥がれたのだろうか、いずれにしても、奇妙な捲れ方だった。

特に注意深く剥がす気はなかった。手触りで、中に紙片らしき大きさのものが挿し込まれているのはたしかだった。

かなり乱暴に剥がした所為か、指で押しても、唾をつけて押しても、もう剥がれを簡単に修復することは出来なかった。

しかし、もう解約するだけになった部屋に遠慮は不要だった。敷金から、修理代を差し引かれることを心配する懐具合でもないのだから、その剥がれは、どうでも良かった。

その紙は付箋だった。

付箋の糊の部分を二つ折りにし簡易な袋状の中に、マイクロSDカードが貼りついていた。

秘密を守る必要がある情報が詰まったSDカードを、俺が簡単に見つけてしまえる方法で隠すと云うのは不自然だった。

このSDカードに、愛人との秘密のビデオや写真が収められていることも考えられたが、そのような内容のSDカードを、女房の住むマンションに隠すと云うのは間が抜けていた。

片山が小児性愛愛好者であれば、その対象の、少年や少女の写真や動画を収めている可能性もあったが、32GBのデータ容量では、収蔵とまでは至らないものだった。

ということは……。

俺は、そのマイクロSDカードを、付箋で元通りに包み、さらにトイレットペーパーにくるんで、ポケットに押し込んだ。

このことは、当面、敦美にも話さず、自分の判断材料に利用すべきと考えた。

敦美に対抗すべき関係が来るとも思わないが、取りあえず、敦美には話さないでおこうと思った。

俺の勘は、それが問題の“片山ノート”だと直感していた。

こんなに簡単に、“片山ノート”が手に入ったことに拍子抜けを覚えたが、モノが見つかる時と云うものは、こういう偶然で起きることが多かった。

無論、確認するまで、マイクロSDカードが“片山ノート”である保証はなかった。

しかし、あまりにも単純な所に、片山が隠したと云うことは、緊急を要したからだろうと推測で来た。

然るべきところに、貴重な情報源である“片山ノート”を隠す時間がなかった場合、自分の家のトイレに隠すのもやむを得なかった、そういう状況だったと想像できた。

その情報の一部の権利を主張出来るような人物が、片山のマンションに押しかけ、ドアを叩きだしたのだろう。

そうなれば、もう外部にSDカードを隠す余裕はないのだから、このような場所に隠すのがやっとだったのだろう。

ということは、そのドアを叩いた人物、複数かもしれないが、片山が持っている情報を、力づくでも取り上げようと云う輩だと、片山は知っていたのだろう。

もしかすると、自分が殺されるかもしれないくらい覚悟するような訪問者だった可能性が強かった。

つづく






プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR