FC2ブログ

浅めの膣道が引き締まり あぶない女65


第65章

俺は怒張に最終決戦総攻撃を命じた。

寿美の浅めの膣道が引き締まり、攻撃を容易にさせない防御的収縮が加えられたが、突き進んだ。

子宮頚に押しつける亀頭の先端は、何物かに噛まれ続けた。

痛みがあったが、それは気の所為に違いないと思った。

女の子宮頚に噛まれて負傷した亀頭などありえないだろうが、それは名誉の負傷に違いなかった。

男の勲章か、俺は馬鹿な気分になりながら、痛みと快感の中で果てた。

寿美も充分に快感を得たらしく、横たわり、軽い寝息をたて始めた。

俺は、まだ弛緩していない勃起の先端に手を当て、出血の有無をたしかめた。少なくとも出血はまぬがれていた。

時間は六時を回ったばかりだった。仮に二度目を求められても、何とか応じられるギリギリの時間だったが、寿美の寝息を見る限り、その心配はなさそうだった。

欲望的には、あの噛みついてきた何物かの正体を知りたいところだったが、それは後々機会があれば程度にとどめ置くものだと自覚していた。

その時携帯が鳴った。

俺はその音は敦美の携帯から発していることを知っていた。

携帯を取り上げ通話にすると耳を当てた。

当然、敦美の携帯なのだから、不用意に俺の声で応答するわけにはいかなかった。

“私、敦美よ、龍彦さんだよね”

「あぁ俺だよ、どうした、解放されたのか」

“一応ね、明日も事情聴取に応じるようにって言われたの、どうしよう?”

「そうか、まあ、応じた方が利巧だろうね、君が殺したわけじゃないのだから」

“わたし、部屋に戻るけど、来てくれるのよね”

「ああ、大丈夫だよ。時間は九時を回るだろうけど、必ず行くよ」

敦美との電話は終わった。

「どうしたの、随分切迫した話の内容みたいね?」寿美が寝ながら聞いてきた。

「聞こえてたか。そう、良く判らないけど、知り合いがトラブルに巻き込まれてね」

「殺されたとか、そんな話だったわよね」

「あぁ、奥さんが家出をした数日後に、ご亭主が殺されてしまったんだよ」

「もしかして、今日殺されたってニュースで話していた殺人事件のことかしら?」

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ


電話が鳴った あぶない女59


第59章

その時、電話が鳴った。

 俺と敦美のどちらの携帯が鳴ったのか判別つかなかった。俺の電話なら、出る気はさらさらないが、敦美の携帯が鳴ったのであれば、出ないわけにはいかなかった。

敦美の携帯だった。

やはり、殺された片山亮介は敦美の夫だった。

遺体確認は直ぐに終わったが、事情聴取に時間がかかっていた。敦美が家を出てOホテルに滞在している事情を厳しく質された。

夫婦仲が悪くなり、別れるつもりで家出をしたとまでは説明したが、なぜ、昨日家を出たのか、その理由を厳しく聞かれたようだった。

特に昨日である必要はなかったが、たまたまその日になったと敦美は主張したが、信じている様子はなかったとのことだった。

まだ事情聴取のようなものがあるらしいので、ホテルに何時に戻れるか判らないけど、居て欲しいと云うのが敦美の願いだった。

厄介な事件に巻き込まれそうだったが、敦美を放り出すわけにもいかない俺は、夜九時以降はホテルの部屋にいることを約束した。

そして、何かあったら、敦美の携帯を鳴らすように伝えた。

おそらく、調べが進めば、敦美のアリバイを証明するために、俺が引き摺りだされるのは必然だった。

それにしても、俺が敦美のアリバイを証明出来る時間は限定的だった。たしか、昨日の午後1時から6時まで、敦美がOホテルにいたことは証明できる。

しかし、その前後の時間、敦美がホテルの部屋に在室していたか証明はできなかった。

ポイントは、夫である片山亮介が、昨日の何時に殺されたかで、敦美の立場は劇的に変りそうだった。

しかし、仮に敦美のアリバイが証明できないからと言って、敦美を犯人とすることは、殆どないのではないのだろうか。

財産目当てであれば、逆に敦美が殺されているべきで、夫の片山亮介が殺されるのは逆転現象だった。

敢えて、敦美の犯行だと決めつけるには、夫婦げんかの末の犯行と云う構図だろうが、毒殺などの方法でない限り、女の犯行だと決定する要素は乏しいに違いなかった。

ということは、ねちっこく、根掘り葉掘りと事情は聞かれるだろうが、敦美を、そのまま拘留するような暴挙には出ないと考えられた。

檜の匂いが薄く感じられたが、気分の所為だと思った。果たして、このような状況で、寿美と身体を重ねて、充分な勃起が得られるか、幾分不安だった。

敦美が、夫の片山亮介を殺害する動機は、殆どなかった。

まあ、自分を覚醒剤漬けにしようとしたので腹を立てたと云う筋書きもないわけではないが、あまりに感情的過ぎた。

財産目当てと云う筋書きでも、片山亮介が敦美を殺したのであれば筋が通るが、逆さまはあまり捜査の対象にはなり難い。

仮に、片山亮介に多額の生命保険などが掛けられていたとしても、敦美の財産と比べれば、たいした額にはならない筈だった。

ただ、敦美が、俺にすべてを打ちあけていない可能性はあった。

夫が、シャブ漬けで財産を掠め取ろうとした行為に、激高していたことは考えられた。単に、俺には、そのような態度を見せなかっただけかもしれなかった。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ

あぶない女 21


第21章

「まだ、お時間おありなの?」

女は、何かを思い出したように、尋ねてきた。

「大丈夫ですよ、お茶でも飲もうか」

「そうね、それよりも、寝そべって、ビールを飲んで、お喋りしたい気分なの、つき合ってくださる?」

女は、その状況がどのようなものか、まったく寸借なく口にした。

俺は、女が望んでいる状況が、どのようなものか理解するのに、数秒の“間”を必要とした。

「貴女も時間があるなら、俺の方は大丈夫ですよ」俺は、ようやく答えた。

なぜか、“僕”から、“俺”に一人称が変わっていた。

女の話し方から、性的なニオイは一切感じなかった。

俺は、それで良いと思った。

トンデモナイ爆弾女から、逃げ出してきたばかりなのだから、寝転ぶだけで充分だった。

「裏の方に行けば、ホテルがある筈だから……」女は躊躇うことなく歩を進めた。

女に主導権を握られているようだったが、このいっときが、女の唯一の自由だと思うと、下男や下僕の役を演じるのも、お洒落だった。

女は、幾つかのラブホテルを通過した。目当てのホテルがあるような歩き方だったが、余計なことを言わずに従った。

「ここが良いわ」女は歩みを止めた。

“旅荘市松”、小洒落た割烹のような小さな看板の前で立ちどまった。

その割烹風旅館は、入り口から玄関までの飛び石は“筏打ち”と云う特殊な敷石で目を愉しませた。

そして、丁寧に打ち水がされていた。

どこか“一見さんお断り”という言葉が浮かんだが、女は意に介せず、ずんずんと玄関に歩を進めた。

カラカラと台車の音が響く、市松模様のガラス引き戸を開けた。明治時代に時間が戻ったような気分だった。

「いらっしゃいませ」七十代後半と思われるうりざね顔の女が、応対に出てきた。

視線の強い女性だった。

「初めてですけど、宜しいかしら?」女も、“一見さんお断り”を想定していたらしく、丁重な物言いをした。

「えぇ大丈夫です。4時間単位で、前金一万円になっておりますけど、お宜しいかしら」

女は、客よりも物理的に上段から目線で、格上な雰囲気の話し方をした。

俺は幾分ムッとしたが、シャネルの女は意に介さずに、バーキンのバッグからおもむろに、朱色の財布を出し、一万円札と千円を女に渡した。

「一万円ですけど」

上から目線のうりざね女が、一枚の千円札の扱いに迷った。

「えぇ、わたくしの気持ち。おタバコ代ですけど、お受け取りになって」

シャネル女のささやかな反撃だったが、考えてみれば、彼女も客商売をやっているのだから、このような駆け引きは、手慣れているのかもしれなかった。

うりざね女は、口の中で“恐れいります”呟き、スリッパを出した。そして、二階の部屋に粛々という態度で、案内した。

つづく

いつもクリックありがとうございます!
ブログ村 恋愛小説(愛欲)

アダルトブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

pero-64.png


終着駅58 


 第58章

 母のパニックもおさまり、数日が経った。母は、一時的にショックを大きく受ける人だけど、数日寝込むと、問題は何ひとつ改善していなくても、改善したように思い込める人だった。つまり、平和で平凡な女だった。

 有紀からメールが入った。1週間の間に2通のメールは、有紀にしては、珍しい現象だった。

 『 この間のメールで書きそびれたのだけど、私の心の中にしまっておくことが辛いので、吐き出してしまいます。涼ねえさんが、そのことをどう思い、どのように受けとめ、どのように対処するのか、それは私にはまったく判りません。ですから、聞かなかったことにするのも、姉さん次第です。話さなくても良いことだと、何度も自問自答したのですが、やはり、姉さんには知る権利があると思う結論に至ったので、メールしています。圭のことです。姉さんの認識では、圭が初心な弟に見えていたのでしょうけど、圭は、そんなに初心な男ではないと云う事実です。大学時代の圭はイケイケな男だったのです。私の顔見知りの友達の中にも、二人ばかり圭にぞっこんだった女の子がいます。おそらく、同年や年下の女の子の間でも、かなりブイブイしていました。私の聞く限り、かなり女出入りの激しい生活をしていたと云う事実です。このことは、私が圭を誹謗中傷するために語るわけではありません。私自身、ある時点から、圭にぞっこんだったわけですから、圭がイイ奴とか、悪い奴とかの話ではありません。ただ、涼ねえさんが、誤解したまま、圭との関係を維持するんじゃなく、事実は事実として受け止めた上で、圭をみつめて欲しいな、と云うことです。圭は、現在は落ち着いる筈です。家庭を持ち、憧れの涼ねえさんとも関係が成立して、何ひとつ不満はなくなっていると思っています。あの、セックスするために生まれてきたような、器用で魅力的な男。そのような圭を、どう扱うは、涼ねえさんの考え一つだと思います。妹であり、女である、同志のような女、有紀より 』

 私は、有紀のメールを読みながら、涙が滲んだ。何のための涙なのか、よくわからないけど、滲んだ涙が眼尻から僅かに頬に流れた。

 圭は嘘をついていた。それも、物事のはじまり自体が虚構から始まっていたのだ。何事にも器用で、頭もよく、要領のいい弟だったが、姉である私にまで、その能力を発揮して、まんまと罠にかけたのだから、罪悪人なのだろう。

 私は、有紀のメールを見つめながら、茫然としていた。圭に対して、どのように対応するかどうかを考えるのではなく、有紀が知らせてくれた事実関係を飲み込む段階で抵抗していた。

 圭が美絵さんとセックスが出来ないと告白した時、たしかにセックスをしたことがないと、私に語った。そして、いまだに結婚間近の美絵さんとセックスが出来ないと言った。色んな経緯があったが、最終的に私が教える羽目になった。

 つまり、圭は大学時代にやりまくっていたにも拘らず、童貞だと嘘をついたことになる。

 180度違う自分をつくり上げて、私にセックス・カウンセラーをさせたのだ。つまり、結果的に、私を作り話に巻き込んで、私とセックスしただけ、と云うことになる。

 ここまで考えてみると、圭はとんでもない極悪人と云うことになる。自分を童貞と偽り、セックスの仕方を教えてほしいと偽り、単に実の姉である私の肉体を弄んだことになる。

 しかし、と思った。私を騙したのは事実だけど、私を抱くために、圭は100万円を差し出した。あのお金は単に、私の肉体を買うためのお金だったのだろうか。だとすると、自己評価は別にして、一般論として高額すぎる。

 また、その後の圭と美絵さんの関係では、私のカウンセラー後に、初めて二人の肉体関係が成立したことは、美絵さんの口から正直に語れている。つまり、圭は結婚を予定している相手の女性、美絵さんに対してだけは“初心(うぶ)”だったと云うことになる。

 有紀が敢えて私に嘘の情報を流すわけはなかった。

 私と初めて結ばれた時も、その日のうちに、圭は性的行為において、天賦の才をみせ、私の肉体を翻弄していた。あれは、たしかに天賦の才と云うより、手慣れた男の性戯であったのかもしれない。

 判っている事実を整理しようと思った。

 (1)まず初めに、圭は真剣に童貞だという嘘をついた。

 (2)セックスを教えて貰うお礼に100万円支払うと言った。*現実に支払われている。

 (3)はじめは、童貞らしい行動をしていたが、後半では熟練な行為をしていた。

 (4)しかし、すべてが嘘でないことは、婚約者の美絵からの証言がある。美絵と圭は、私と圭との関係成立後に、初めて結ばれている。

 (5)有紀の情報によれば、圭は昔から私に憧れていて、水着の写真を後生大事に所持していた。

 (6)有紀が参加してきた3人の関係の時も、圭は物怖じしない行動に出ていた。今になってみれば、手慣れていたとも受けとめられる。

 (7)奇妙な差出人不明の手紙が届いたことは、圭の複雑な動きに関係があるのかどうか、これは留保案件。

 私は、思い出す事実関係を書きだした。そして、それを見つめていることで、圭の正体が現れるのを期待した。
 つづく

よかったら、クリックしてくださいね!

FC2 Blog Ranking
アダルトブログランキングへ

P1010679jj.jpg


終着駅54 


 第54章

 下から貪ってくるような有紀の唇に、私は翻弄された。

 後ろからの圭の怒張に突き動かされ、オーガズムとは違うもののようだけど、腰部に底知れぬ快感が充満していたので、その快感領域に身をゆだねている私は、有紀の能動的口づけに応える動きは封じられていた。

 圭の動きが激しさを増した。圭の体重が私を抑え込み、身動きが取れない囚われの身になった気分で、圭の怒張に縦横無尽にバギナは蹂躙されていた。

 私は犯されている感覚が、異なる快感を導きだしてくる奇妙さに気づかず、その鈍いが重々しい快感に思わず唸った。

 気がつくと、有紀の身体にも異変が起きていた。私のお尻の上で高圧的に動いていた圭は、同時に、有紀への愛撫も頂点に向けて激しさを増していたのだ。

 有紀は私の唇をほうり出すように逃れると、私とは異なる野太い唸り声をあげ、全身を硬直させ、私の背中に回していた両腕の指先に力を込めた。

 私も、有紀に引き摺られるように、腰部に突き刺されている圭の怒張に意識を集中した。そして、有紀同様に快感を身体の芯に伝えるために全身に緊張を走らせた。

 意図的としか思えないが、圭は動きを完全に止めて、私のバギナと有紀のバギナを全力で抑え込み、二人の女が同時にオーガズムに至ることを望んでいるようだった。

 私は演技を忘れ、初めて味わう、犯されているような快感を享受した。有紀が、どのような快感を享受したかわからなかったが、彼女も何らかの快感を充分に味わっていた。

 その魔界の饗宴から、どのくらいの時間が経過したのか分からなかったが、誰もが口をきかずに、クイーンサイズのベッドの上で川の字になり、約束もされていないのに、仰向けになっていた。

 三人は、そんな姿で、今まで行われていた行為を、どのように受けとめたのか、誰も語らなかった。三人三様の受けとめ方かもしれないし、多くの共通点があったのか、聞きたくても、聞いてはいけない空気があった。

 有紀が床に落ちていたバスローブを片手に立ち上がった。私も同じように、有紀にならった。二人は連れ立ってバスルームに消え、圭はタバコに手を伸ばし、二人を見送った。

 広々としたバスルームに入った有紀と私は、お互いのオッパイはどっちが大きい、どっちが綺麗とか言い募り戯れた。そこには、既に魔界の舞台から降りた仲良し姉妹の姿があった。

 中学時代に戻ったふたりは、子供のようにじゃれ合って、先ほどまでの事はなかったことのように振る舞うのだが、バスタブに身を沈めた二人は、再び魔界の舞台に登った。

 先ほどまで性的快感に浸っていた二人のバギナは、ほんの僅かな刺激で目覚めた。そして、はす向かいになり、お互いのポイントを速やかに察知し、緩やかな動きで、ジワジワと快感を与えあった。

 「これってレズなの?」私は有紀に確認した。

 「どうなのかな?でも姉さんの触り方気持ちいよ」

 「有紀の触り方も気持ちいよ」

 お互いに、お互いの行為を容認したことで、動きは益々大胆になり、最後に二人は、くぐもった唸り声を出して果てた。

 「姉さん、圭のこと二人で弄ってやろうよ」有紀はバスタブの縁に腰を下ろして、悪戯っぽく笑いかけた。

 「そうね、アイツ、私たちのこと弄り回したもの」私も明るく笑顔を返した。

 圭が、私たちの逆襲にたじろぎ、俯せになって防御態勢に入った。

 有紀がすかさず、圭のアナルに向けて、指を差し入れようとした。前を守るか、後ろを守るか、圭は究極の選択を迫られていたが、ベッドから逃げ出すような野暮なまねはしなかった。
 つづく

よかったら、クリックしてくださいね!

FC2 Blog Ranking
アダルトブログランキングへ

P1000860mjj.jpg


プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR