FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮にめり込んでいた亀頭が あぶない女157


第157章

堂々巡りをしたままの頭で、俺の亀頭は寿美の子宮にめり込んでいった。

寿美の子宮頚の入り口付近に達した亀頭は陰茎から遊離するように、子宮の中へと彷徨いいでた。

底なしな沼に引き寄せられる恐怖を感じながら、それでも、怖いもの見たさと、底知れぬ快感が綯い交ぜになって、俺の下半身を支配していた。

いつもであれば、何度目かのアクメを得ない限り、“来て!”と云う言葉を口にしない寿美が、あっけなく、その言葉を口にした。

俺は、寿美の命じるままに、下半身の欲望を解放するために、渾身の力を射精中枢に命じて、行為した。

射精を完了した男の身体は、女体から遠ざかりたい欲求を持っていたが、寿美はそれを許さなかった。

子宮にめり込んでいた亀頭が力を失っていくのを感じた。

しかし、寿美の細身の腰は、男の状況とは無関係に、現状維持を要求していた。

堪えがたい時間が流れたが、俺は、寿美の望むように、萎縮してしまった陰茎と、遊離した亀頭を、女体に埋め込んだまま、時間を経過させた。

どのくらいの時間が経過したのか判らなかったが、その弛緩し埋没している俺の肉体の一部に、オーダーメイドの下着のように、寿美の肉体の一部が纏わりついた。

そのまとわりは、徐々にフィット感を増し、弛緩した男の肉体を締めつけ始めた。そして、動いた。

その動きは間歇的に牙を剥きだすように、男の遊離した亀頭を刺した。男の身体に一瞬、痛みが走ったが、その痛みは、徐々に快感に変っていった。

俺は、寿美の子宮によって男を取り戻し、完璧に、女の子宮を、自らの肉体で封鎖した。

その後、疲労感を麻痺させられた男の部分は、サイボーグのように、その女の奴隷となり、子宮に向けて奉仕の行動を繰り広げた。

寿美は何度目かのオーガズムを得て、最終ラウンド入ることを望むタイミングが来ている筈なのに、“来て!”という言葉を口にせず、延長戦を望んでいるようだった。

俺の体力は限界に近づいていたが、再勃起した下半身に射精感は、容易に訪れなかった。

寿美が初めて、両脚を上方に突きあげ、ㇵの字で俺を迎えようとした。

「このまま、来て」

「痺れて、なかなかイカないようだけど……」

「大丈夫、イケルから、頑張ってね」

寿美の励ましと締めつけが、俺を奮い立たせた。

そして、行為の中で、寿美の中に突き進む深度がさらに深まり、女体の奥深く侵入した部分で、あらためて牙の集中攻撃を受けた俺の射精中枢は音を上げた。

「行くよ」

「来て!」

つづく






ディープな殺し屋に消された あぶない女156


第156章

朝、大谷からの電話でたたき起こされた。朝といっても、現実は昼を回っていた。

“上野を殺した男が逮捕されました”

「ほう、嫌に早い逮捕劇ですね」

“逮捕と言えば聞こえは良いけど、自首したようです”

「なんだ、そういうことですか。とすると、嘱託殺人ですね」

“そう、チンケナ殺し屋ですね”

「そうか。それじゃあ、事件は闇の中そのものだ」

“そういうことです。まぁこれで、上野の死は、相当に権力中枢を脅かす問題だった、そういうことのようです”

「大谷さんも、ここは剣が峰ですね。僕は部外者ですが、魅力的事件過ぎて、何か面倒な気もしますけど……」

“そうなんですね、それだけに見逃すことによる弊害も大きいわけで、厄介です”

「どこか、アングラな雑誌に書かせる手もありますけどね」

“その手があったか……”

「そう、恩を売っておいて損のないアングラ雑誌社に、ですね」

“Kとか、Nですかね”

「そうですね、それにネット媒体と云う手のありますよ。場合によっては、SNSに情報を垂れ流す手もあるでしょう」

“SNSですか……”

「そう、SNS数社で情報ネタ元になっている連中を使う手もありますね。フェイクニュースでも、流れ出せば相当の影響ですから、もし、真実の一端が覗けるのであれば、それも手です。意外な情報が紛れ込んでくる可能性もあるでしょう」

“そうか、J党のSNS動員者は50人くらいいるようですからね。彼らの坩堝に情報を放り込むのは良いアイディアですね。ネタ元が判らないわけですから……”
 
「ただし、貸は作れませんけど」

“いや、この際は、貸よりも、身の安全と云うことも重要です”

「そうなりますか。まぁSNSで反応が悪かったら、アングラ方面は、それからでも遅くはないでしょう」

大谷との電話が終わった。

やはり、上野はディープな殺し屋に消されたようだ。しかし、どの辺に探りを入れたことで身の危険が生じたのか、その辺には興味が湧いた。

大谷に尋ねてみたいところだったが、大谷が事件に巻き込まれた時のリスクを考えると、直に疑問をぶっけることは控えた方がよさそうだった。

おそらく、◎のついた連中に直接ぶつかったか、その係累にぶつかり、情報の連鎖から、権力側の知るところになった可能性が高いのだ。

誰か情報屋を選んで動かしてみる手もあった。小分けにして、人物を選定してやれば、その情報屋にも、上野と同じ運命が舞い込むということになる。

しかし、そのような行為は、場合によると、未必の故意に該当するだろうから、犯罪なんだよな、俺は呆然と思っていた。

つづく






射精を求めてきた あぶない女155


第155章

その夜、顧客である敦美は、狂ったように俺を求めてきた。

敦美が本当に欲情していたのかどうか、それをたしかめる術はなかったが、俺に対して射精を求めてきた。

敦美がピルを飲んでいる話は聞いたことがない。しかし、その夜、今までは膣外に射精していた行為を阻んだ。

俺は、それがどのような意味持つのか、聞きそびれた。

いや、子供が出来たとしても構わないと、心のどこかで考えていたような気もしたが、その辺は不明瞭だった。

その夜、俺は二度目の射精を済ませて、敦美のマンションを出た時には、新聞配達員のバイクが活動する時間だった。

車に戻って、俺は初めて考えた。

敦美は、何を思って、俺に射精を要求したのだろう。一時の感情の噴出だったのか、意図した行動だったのか。

俺は前者を選択して、自分を落ち着かせた。

しかし、仮に、一時の気まぐれだとしても、意図的であったとしても、妊娠の可能性を否定するものではなかった。

君が要求したから射精した、という言い訳は通用しない。

仮に、敦美が妊娠した場合、腹の中の子は俺の子ではないという主張は、子供が産まれてから言えることだが、事実関係からして、おそらく俺の子である可能性は、ほぼ確実だった。

つまり、敦美が今夜の出来事で、妊娠したという仮定で、事実関係を整理しておく方が合理的だった。

敦美が妊娠したとして、俺に認知を求めてくる可能性はあるのだろうか。敦美には、経済的に認知の必要はないが、何らかの事情で認知を求めてくる可能性はあった。

であれば、認知を請求された時、俺は、どうすべきかという問だった。

まさか、おまえが射精を要求した結果に過ぎないと主張できるだろうか。そんなことは言えないだろう。どうも、敦美の要求が通りそうだ。

となれば、敦美の子供を認知するとして、女房に、どのように話を切り出すか考えた。

あっさりと容認する可能性が高い。しかし、案に相違して、激高して離婚だと騒がないとも限らない。

離婚……、それはないだろう。そこまで、貞操観念を求めるような言動がなかったのだから、今さら、そのような要求は筋が通らない。

いや、離婚を持ちだされて、慌てるのは醜悪だ。その時には、潔く離婚に応じれば良いだろう。

財産分与を要求されたら、彼女の望むようにしてやれば良いだけだ。

半分以上の財産を要求したなら、妥当な限り、その要求に応じるだけだった。

俺のような職業は、才能までは分与の対象にならないのは嬉しいことだ。

洗いざらい奪われても、稼ぐ才能までは分与されないので幸運と言えば幸運だ。

ここまで考えて、なんと小心な心配をしているのかと、己を呪った。

そもそもが、敦美が認知を要求してくる可能性があるかどうかも判っていないわけで、杞憂そのものだった。

いや、杞憂以前の話で、二度、膣内に射精したくらいで、受胎後の心配までする男に酷く腹を立てた。

何度かハンドルに頭を打ちつけたが、痛みはクッションに吸収されて、俺にショックを与えてはくれなかった。

それでも何回か打ちつけていくと、けたたましいクラクションの音で我に返った。

つづく






殺人に縁があるのかな あぶない女154


第154章

けたたましいサイレンの音で目が覚めた。

パトカーの音は、敦美のマンションの近くで消え、赤色灯が部屋の窓を照らした。

足音を忍ばせて窓辺に近づき、カーテンから下を覗いた。

パトカーを追うように、二台の覆面が到着した。所轄の刑事連中が到着したと云うことは、かなりの事件が、敦美のマンション内で起きたことを示唆していた。

大谷と話をした後だっただけに、妙な臨場感があった。

その後、鑑識のバンが到着すれば、多くは殺人事件の可能性が高かった。その到着まで見守るつもりのない俺はカーテンを閉じた。

「どうかしたの」敦美の声が聞こえた。

「事件が起きたみたいだ……」

「何の事件」

「さぁ、誰かが殺されたのかもしれないね」

「殺人……」

「たしかじゃないけど」

「私、殺人に縁があるのかな」

「偶然だよ」

「そうだよね。私、気が小さいから」

「まあ、旦那さんは、ああいう商売に手を出していたからだからね。普通、クスリで商売する人って、そうはいない訳だから……」

「あら、覚醒剤中毒者って多いんでしょう」

「患者は多いけど、売っている人たちは少ないよ」

「そうか、買う人は多いけど、売っている人は少ないのか……」

「そういうことだよ」

「そうかぁ……」

敦美は惚けた言葉を口にすると、窓を開けて赤い赤色灯を覗きこんだ。

「どうした」

敦美は、俺の声に答えようともせず、いつまでも、階下の赤い赤色灯に見入っていた。

敦美の佇んでいる姿は、どこか沈んでいた。

それ以上、声を掛けることに戸惑った俺は、部屋を出ていくことを選んだ。

身支度を整えた頃になって、窓辺を離れた敦美が、俺を睨みつけた。

「こんな夜に、私をひとりにするつもり」

「こんな夜って言っても、マンションで事件が起きただけで、俺たちには関係ないことだろう」

「そうじゃなくて、あの人が殺されたことを思い出していたのに……」

いま頃になって、旦那の死を思い出したと言われても、そこまで俺の気は回らない、そう、口に出かかったが寸前で呑み込んだ。

亭主の死に対して、これっぽっちの憐憫の情を見せなかった女が、突然、そのような情動にかられたからと言って、それを寸借しろと言われても、他人である俺の中では、到底生まれない感情だった。

しかし、敦美の抗議に答える用意はあった。現時点で、敦美は重要なクライアントなわけで、敦美に接待をする合理性は充分にあった。

つづく






私は、何を心配したら良いのか あぶない女153


第153

大谷と別れた俺は、敦美の部屋に向かった。

敦美のあらたな新居は、同じ中井にあったが、隣の声が筒抜けの部屋とは雲泥の差の高級マンションだった。

当初、物音のしないマンションに不満を言っていた敦美だったが、最近は環境に馴染みだしているようだった。

「変わりはないかな」俺は頼まれた買い物の袋をダイニングのテーブルに拡げて、いつもの挨拶のキスをした。

「変わらないけど、少し退屈かな」

「退屈ね。それは良くないけど、スポーツクラブはどうなっているの」

「通ってはいるけど、オジサンオバサンばかりでさ、何か刺激がないのよね」

「平日の昼間に行くからじゃないの」

「だって、夜だと、貴方が来るから、空けていなければならないし……」

「そうか。でも、火曜、木曜、土日は、原則来ないわけだから、その日の夜にでも行ってみたら、少しは刺激があるかもしれないよ」

「そうね、実際には、それほど刺激が欲しいわけでもないかな。ただ、お金の心配も、家族とかの心配もないわけでしょう。私は、何を心配したら良いのか、それが判らないの」

「心配ごとが欲しいってわけか……」

「贅沢だけど、心配ごとが一番の暇つぶしのように思えてくるね」

「現状、病気の心配もないからね……」

「地球の温暖化心配しても始まらないし……」

「そう、株でもやってみたら、少しは、心配ごとが出来るかもしれない」

「株式投資」

「1000万くらい元手に、ネットで株投資してみたら」

「儲かるかしら」

「儲かることもある、損する時もある。だから、人によっては、凄く心配ごとになる場合もあるから……」

「犬を飼うのはどうかな」

「犬、好きなの」

「特に、好きでも嫌いでもないかな」

「だったら、面倒なだけじゃないの、結構うるさくまとわりつくよ」

「猫なら違うかな」

「種類によっては、人を馬鹿にしているような猫もいるようだけど」

「それじゃあ、置物と同じでしょう」

「たしかに」

「変な話だけど、心配ごとのない時間って、色んな欲望のようなものを吸いとってしまうみたいなの……」

「たしかに、性欲もなくなっているみたいだし、軽い鬱症状なのかもしれないね」

「それって、病気だよね」

「まぁ、病気だけど、本当に鬱って話じゃないから」

そんな話をしながら、それでも、挨拶のように、二人は身体を重ねたが、例によって、盛り上がりのない終わりを告げ、二人はまどろんでいた。

つづく






プロフィール

鮎川かりん

Author:鮎川かりん
小説家志望、28歳の女子です。現在は都内でOLしています。出来ることなら、34歳までに小説家になりたい!可能性が目茶少ないの分ってっているのですけど、挑戦してみます。もう、社内では、プチお局と呼ばれていますけど…。売れっ子作家になりたい(笑)半分冗談、半分本気です。
初めての官能小説への挑戦ですけど、頑張ってみます。是非応援よろしくお願いします。

最新記事
rankig
応援してくださいね!

FC2 Blog Ranking

目次

cover-1.jpg

人妻のからだ 』(中編)

終着駅 』(長編連載中)

リンク

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。